債務整理で電話相談した話

東京ロータス法律事務所に債務整理の件で電話相談した


10年以上、住宅ローン、カードローン、クレジットカードの借り入れ返済を続けてきましたが、無収入になってしまい、返済ができなくなり、滞納するようになりました。家族からは、債務整理をすることを反対されています。持ち家から出ていくようになってしまうことに不満だからです。

スポンサーリンク
病気になって、働けないのに、働いて返済を続けて、持ち家に住めるように、言われ続けてきました。家族が納得するような、債務整理の方法があるかどうか、いろいろ相談してみたいと考えて、無料相談メールを送信することにしました。

弁護士法人東京ロータス法律事務所のメールお問い合わせ項目

 

無料相談お申込みフォームは、以下のようになっていました。

 

    • 氏名(匿名可能)【必須】
    • 年齢
    • メールアドレス
    • TEL【必須】
    • 地域
    • 借入総額
    • 借入件数
    • 平均借入年数
    • ご相談内容

 

氏名は、匿名、電話番号だけ入力したら、無料相談できると言う手軽さがいいです。相談しにくい人たちのハードルを徹底的に下げている無料相談を申込みできる形式だと感じました。僕は、すべての項目を入力しました。

 

借り入れ総額、借り入れ件数、平均借り入れ年数など、他の法律事務所や司法書士事務所に聞かれる共通項目だからです。これらを最初のメール問い合わせの時点で入力していると、電話相談の時に、口頭で説明しなくていいようになります。

電話相談した内容

スタッフの方は、最初に、こちらから送信した無料相談のメール申込みの内容を確認しながら、質問を考えている様子でした。

スポンサーリンク

住宅ローンの詳細を教えてください。

 

借り入れ総額は〇万円。借り入れ年数は〇年くらいです。

 

どれくらい、返済が延滞していますか?

 

○ヶ月です。

 

滞納している理由は、なんですか?

 

返済できるお金がないからです。

 

仕事はしていますか?

 

していません。

 

出来ることは、限られますね。

 

弁護士に依頼しての債務整理は、いろいろあります。

 

任意整理は、話し合いで決めます。月々の返済を落として、利息なしで返済していきます。

 

住宅を残すのであれば、個人民事再生になります。ほとんどの債務を免除して、住宅だけを残す方法です。これは、安定収入があることが条件にはなります

 

収入がないのであれば、払っていけないので、自己破産になります。

 

自己破産の場合、破産なので、家は処分になります。

 

今の生活自体はどうしていますか?

 

生活保護を受けるようになりました。

 

そうすると、弁護士への支払ができませんね。

 

お住まいは、どちらですか?

 

都道府県○○

 

法テラスに、生活保護を受けている状態だと、弁護士費用が全額免除になる可能性があります。

 

生活保護を受けている人は、法テラスです。

 

生活保護費で弁護士費用は、払ってはいけないことになっています。

 

生活保護を受けている人は、法テラスを利用するしか方法がありません。

 

東京でも、生活保護の人は、法テラスを案内しています。

 

受給証明とか出すと免除になります。

 

法テラスを利用してみては、いかがでしょうか?

 

わかりました。

電話相談した感想

事前に借り入れ状況を詳しく送信していたせいか、話がスムーズにできました。

 

債務整理の方法に、任意整理、個人再生、自己破産の方法を教えてくれました。ただ、安定収入があって、返済に回せるお金が毎月、手に入らないと個人再生や任意整理は選択不可能という事を教えてくれました。

 

家族が反対している自己破産しか方法がないという事を知ることが出来ました。話が早くて、結論も早くてよかったです。

スポンサーリンク

関連情報

コメントを書く

ニックネーム可です 

URL (空白可です)

コメントを入力してください。

運営者

僕は、借金の体験談を書いている、大福天喜と申します。

借金総額 約1,400万円

滞納内訳
住宅ローン借り入れ残高 約700万円
銀行カードローン借り入れ残高 約300万円
クレジットカード借り入れ残高 約300万円
管理費等滞納 約50万円
税金滞納額 約90万円(分納)

運営者情報の詳細

カテゴリー