債務整理で電話相談した話

債務整理の件で複数の法律事務所等に電話相談していろいろわかったこと


今まで、知り合いに紹介された法律事務所の弁護士に数回、司法書士、法テラスの弁護士に債務整理の相談をしてきました。住宅ローン、クレジットカードのショッピング枠、カードローンの借り入れ返済がとても負担だった頃、知り合いに相談して、弁護士に相談するようにアドバイスを受けてから、弁護士に相談するようになりました。

スポンサーリンク

今までの弁護士や司法書士からは、自己破産した方がいいとのアドバイスでした。しかし、家族の反対があって、なかなか債務整理を依頼することができませんでした。もっと、色んな法律事務所に債務整理の相談をしてみたら、反対している家族が納得してくれるようなアドバイスをしていただけるかも知れないと感じて、もっといろんな法律事務所に相談してみようと思いました。

住宅ローン、キャッシング、リボ払いが滞納するまで

僕は、家族が欲しいと言う持ち家を購入するために、住宅ローンの借り入れをしました。そして、毎月返済していましたが、住宅ローンの借り入れをしてから、職場の人間関係がだんだん下り坂になってしまいました。住宅ローンを借り入れしてから、半年後に正社員を退職してしまいました。

 

正社員を退職してからは、アルバイト、派遣社員、無職を転々とするようになりました。正社員雇用ではなくなってから、正社員時代の年収の1/5になっていきました。持ち家にかかる住宅ローンの借り入れ返済、管理費、積立金、駐車場代の支払、固定資産税の納付もありましたので、毎月の給与の手取りに対して、半分くらいが持ち家にかかる支払をしてきました。

 

無職の期間で失業手当もなく、貯金もない状態を過ごしていた時期もあったりして、だんだんクレジットカードのリボ払い、カードローンを利用していくようになりました。数年後には、リボ払いの利息が元金の5倍くらいになっていました。カードローンの返済も利息が元金の半分くらいだったので、元金より利息の支払いが多い状態で毎月の請求金額を支払い続けてきました。

 

そのような状況を過ごす中正社員の雇用が決まりましたが、給与に対して毎月の返済額が給与の半分以上になっていましたので、どうしようもない状況でした。その後、うつ病になってしまい、無職になってしまい、無収入になってしまい、住宅ローン、カードローン、リボ払いの返済が滞納するようになり、生活保護されるようになりました。

 

借り入れ返済ができなくなってしまい、住宅ローン、クレジットカード、カードローンを借りている銀行やカード会社からは、毎日、催促の電話、催促の郵送物が届いている状況です。

複数の法律事務所、司法書士事務所等に電話相談して体験したこと感じたこと

今まで、相談してきた弁護士や司法書士以外の法律事務所に債務整理の件で、お問い合わせから、債務整理の相談をしたいこと、借り入れ状況を司法書士事務所や法律事務所等に送りました。法律事務所や司法書士事務所のお問い合わせ欄は、アンケート形式になっているところが多かったです。翌日から、法律事務所からメール返信が来たり、いきなり電話が来たりと、返信される方法は様々でした。

 

 

 

僕は、すでに生活保護を受給しているためか、収入を聞かれて、生活保護を受けていることを伝えると、法テラスの利用を案内されるばかりでした。生活保護を受けるようになって、それ以外の収入がない状態だと法テラスしか利用できなくなるとは知りませんでした。法テラスは、知り合いに紹介された弁護士から、一度、相談に行ってみるように言われて、一度相談にいった事はあります。その時は、債務整理の依頼をするか、しないかとかの話にはなりませんでした。

 

複数の法律事務所、司法書士事務所等の対応も様々でした。最初は、丁寧な対応だったのが、生活保護で収入がないことがわかると、「だったら、法テラスに電話してください」と、急に冷たい態度に変わったりする事務所の窓口もありました。なかには、法テラスの利用方法や連絡先など、受付の態度が終始変わらず親切な対応をしてくれる事務所もありました。電話相談の次の段階である、弁護士や司法書士との面談まで進むには、「債務整理にかかる費用を支払える見込みがあるかどうか」が、面談するかしないかの分岐点になるようでした。

 

同じ人間なので、自分のお客様にならない対象外の人であれば、これ以上、関わっても仕方ないと感じて、ついつい態度に出て、それが伝わってしまうのは、仕方ないとは思います。ですが、やはり、お客様にならない対象外の問い合わせであっても、終始、丁寧で親切な対応をする事務所には、安心して依頼したいと感じたりはしました。「受付は会社の顔である」と、社会人で何度も聞いてきたように、事務所全体の雰囲気が受付の態度に表れているものだと感じました。

 

対応される態度や流れは、様々でしたが、最終的に、どこの法律事務所、司法書士事務所等に債務整理を依頼しても最終着地点は、ほとんど変わらないことを知りました。

法テラスを利用する、利用しないの違い

とある法律事務所の電話相談で、法テラスも弊所に依頼しても、どこの法律事務所に依頼しても、最終着地は変わらないことを教えてもらいました。法テラスだから、ダメとか、法テラス以外だからいいとかは、ないみたいです。債務整理にかかる費用を分割でも支払うことができる状態である人は、法テラスではなく、事務所を選ぶことはできます。法テラスに依頼すると、事務所を選べなかったり、弁護士を選べなかったりするみたいです。

 

ですが、最終的な着地点は一緒とのことです。債務整理にかかる費用が他の事務所より、高いとか安いとか、あるみたいですが、一番、重要な決め手は、弁護士や司法書士との相性が合うかどうかみたいです。いくら最終着地点が一緒といっても、それまでの過程で性格の合う合わないで、関わっていく気持ちが大きく違うと思います。

 

債務整理を考えるなら、支払う費用が高い、安いより、人柄がよかったり、性格が合う、自分と相性がいい弁護士や司法書士を探すために、いろいろな法律事務所や司法書士事務所を問い合わせて、電話相談や面談を重ねて、債務整理を一緒にがんばっていけそうな弁護士や司法書士を探すことが大切かなと感じました。

スポンサーリンク

関連情報

コメントを書く

ニックネーム可です 

URL (空白可です)

コメントを入力してください。

人気の投稿
カテゴリー
運営者

僕は、借金の体験談を書いている、大福天喜と申します。

借金総額 約1,400万円

滞納内訳
住宅ローン借り入れ残高 約700万円
銀行カードローン借り入れ残高 約300万円
クレジットカード借り入れ残高 約300万円
管理費等滞納 約50万円
税金滞納額 約90万円(分納)

運営者情報の詳細