アパート問題

借金、無職、うつ病なのに保証会社と審査なしで賃貸契約できた


正社員時代に弁護士から自己破産した方がいいと言われながらも、住宅ローン、カードローンの借金を返済しながら働いていた、ある日、無気力、無関心に襲われてしまいました。会社の産業医に相談すると、精神内科を受診するように指導されました。

 

精神内科での診断は、うつ病とのことで会社からの指示で休職することになりました。そして、無気力、無関心状態がだんだん強くなっていき、会社との話合いの結果、会社を退職することになりました。無職、無収入、精神内科に通院中のうつ病患者となってしまい、母親と同居していました。

スポンサーリンク

弁護士の無料相談の時に生活保護を提案されました。母親に相談すると、役所に収入を依存したくないとのことで生活保護の受給に反対でした。役所に生活保護の相談をしにいくと、同居している母親が生活保護を受ける気持ちがないなら、世帯分離して単身にならないと審査が厳しい見通しとのことでした。

 

無職、無収入、うつ病、生活保護の審査をしていない状態で、賃貸物件を探すためにCMで有名な知名度のある不動産屋さんに来店した結果

 

母親は、生活保護にも世帯分離にも反対だったので、親族、社会福祉、自立支援と家族以外の外部の専門家に相談しました。一度、不動産屋さんに行くように指導されて、CMで有名な不動産屋さんに来店しました。

 

無職、無収入、精神内科に通院中のうつ病患者で、住宅ローン、ガードローン借金苦、生活保護の申請を検討している為に、世帯分離をして単身になるために賃貸アパートを探していることを伝えました。すると、社員レベルでは判断できないとのことで、不動産屋さんの店長が対応してくれることになりました。

 

不動産屋さんの店長からは、

 

「うつ病患者と言うことだけで、アパート、マンションのオーナーである大家さんは、嫌がって貸してくれない。精神病の患者は普通の人(健常者)より近隣トラブルを起こしてしまう可能性が高いから、もしもの時を恐れて、誰も貸したがらないから、難しいです・・・」

 

とのことでした。

 

「ただ、中にはうつ病と分かって貸してくれるオーナーもいるから、一度探してみます。」

 

と言われて、四苦八苦しながら、探してくれました。うつ病でも受け入れてくれた事例のあるオーナーさんの所有するアパートに連絡を取ってくれました。しかし、不動産屋さんの店長から説明してくれましたが、アパートのオーナーに断られました。

 

理由は

 

「オーナーからは、うつ病で無収入で生活保護を受けていない段階でアパートを貸すことができないと断られました。もし、賃貸契約した後に、生活保護の審査をして落ちてしまったら、家賃を支払うことができなくなったら、どうしようもないから、断ることしかできないと言われました。」

 

とのことでした。非常にもっともな意見だと感じました。不動産屋さんの店長からは、

 

「生活保護の審査が通ってからだったら、今のオーナーにもう一度、交渉することはできます。ただ、保証会社の審査が通るかどうかの課題があるから、いずれにしても厳しいかも知れません。」

 

とのことで、CMで有名な知名度のある不動産屋さんに来店した結果、無職、無収入、生活保護受給されていない精神疾患である僕は断られました。生活保護すら受ける資格がないことにお先真っ暗の状態でした。

 

無職、無収入、うつ病、しかも生活保護の審査をしていない状態で、賃貸物件を探すために全国的な知名度のない社長一人の不動産屋さんに来店した結果

 

もう一度、専門家の方々に相談すると、以前、個人的にお世話になったことのある不動産屋さんに行ってみてはどうかと紹介していただきました。

スポンサーリンク

 

そこは、社長一人の不動産屋さんでした。一応オフィスですが、もう、誰も来ていないのではないだろうかと言うくらいに、社長の住まいのような感じで非常に散らかっているオフィスでした。でも、人柄がいい感じの社長で何とかしてくれそうな雰囲気でした。

 

CMで有名な知名度のある不動産屋さんに協力してもらったが、紹介してもらうことができなかったこと、無職、無収入、精神内科に通院中のうつ病患者で住宅ローン、ガードローン借金苦の為、債務整理を検討していて、生活保護の審査をしていない、世帯分離をして単身になるために、アパートを探していることを正直にお話しました。

 

社長からは、やっかいな相談を受けてしまったような、困った表情をされました。それでも、何件か当ってみましょうと言われて、社長から入居させてくれそうなアパートのオーナーに電話してくれることになりました。

 

1件目のアパートのオーナーからは「うつ病だから・・・」と言うことが原因で断られました。

 

2件目のオーナーは、うつ病、生活保護を受けていない状態であることなどを、不動産屋さんの社長が交渉した結果、保証会社なしの口頭でOKをいただくことができました。

 

2件目のアパートのオーナーは、

 

そんなかわいそうな人だからこそ、何とかして自立してほしい

 

との事で協力しますとの回答だったようです。

 

ただ、保証会社なしでOKでしたが、代わりに連帯保証人1人が必要な条件でした。

 

アパートのオーナーから、

 

無職、無収入、うつ病、生活保護も受けていない状態だと保証会社の審査が通らないだろうから(住宅ローン、ガードローン借金苦は審査の対象にならないかも知れないが・・・)連帯保証人を1人でいいです

とのことでした。

 

アパートのオーナー、不動産屋さんによって、賃貸契約が出来る、出来ないに大きな違いが出てくるものなんだと、この時に初めて知ることが出来ました。CMで有名な不動産屋さんに断られて、もうあきらめていましたが、親族、社会福祉、自立支援の方々の応援があったからこそ、導かれた道なのだと感じました。

 

賃貸契約の連帯保証人、仲介手数料、礼金の支払、その後

 

その後、連帯保証人の件、仲介手数料、礼金の支払、入居日、一人暮らしに必要な物、母親の事など、色々とモメ事や課題はありましたが、結果的に、2件目のアパートのオーナーの賃貸物件の賃貸契約を無事にすることができました。そして、賃貸契約をして入居して一通り一人暮らしに必要な生活用品の荷物を入れることができました。

 

僕は、人生初となる一人暮らしを始めることになりました。ですから、賃貸物件を探す目的で不動産屋さんに来店したことはありませんでした。

 

色々と分からないことが多い中、うつ病で無気力、無関心状態で、ネガティブな感覚が襲いかかる中、一人では到底、物事を進めることはできませんでした。無事にアパートの一人暮らしが実現できたことは、弁護士、社会福祉、自立支援と外部の専門家の協力、2件目のアパートオーナー、不動産屋さんの社長、親族、そして、渋々ながらも理解してくれた母親の協力があってこそ実現しました。

 

無職、無収入、うつ病患者と社会的には問題だらけの人間ですが、何とか生きていけるように、まずは一人暮らしに慣れるようにしたいと思います。

スポンサーリンク

関連情報

コメントを書く

ニックネーム可です 

URL (空白可です)

コメントを入力してください。