リボ払い滞納

リボ払いを繰り返して借金地獄に転落していった


住宅ローンを借り入れて持ち家を購入した半年後に正社員を退職しました。正社員を退職した翌日から無職になり無収入となりました。退職金は支給されましたが、銀行口座は母親が持っていたので、わずか2ヶ月でなくなりました。その後、派遣社員、アルバイトを転々とするようになりました。

スポンサーリンク

正社員時代の年収の1/5くらいに落ち込みましたた。その頃から、クレジットカードを使うようになりました。その時は、リボ払いの借金地獄を見ることを知る由もありませんでした。

正社員退職後の経済状況

正社員時代の年収の1/5になってから、いろいろ支払が大変だったのが税金でした。住民税が高くて、持ち家となると固定資産税もありました。分譲マンションだったので、住宅ローンの借り入れ返済に加えて、管理費、母親が所有していた駐車場代も支払っていました。

 

派遣社員、アルバイトを転々としながら、毎月の請求金額に不安を抱えながら働いてきました。分譲マンションにかかる費用は、住宅ローン、管理費、駐車場代、固定資産税でした。派遣社員やアルバイトの月収の半分以上が分譲マンションの支払に吸収されていました。

 

分譲マンションの支払を最優先にして、残りのお金で電気代、ガス代、通信費、食費などを支払っていました。本当なら、この時点で分譲マンションを売却して、安い賃貸物件に引っ越しすればいいのですが、同居している母親は、引っ越すことに大反対でした。

 

大反対されても、分譲マンションの名義、住宅ローンの名義は僕になっているので、勝手にすればいい話かも知れませんが、どうしても母親の考え方に逆らうことができませんでした。引っ越しして母親を悲しませてしまうと、親不孝者になってしまうように感じてしまっていたからです。

クレジットカードのリボ払いを提案される

ひたすら、我慢しながら、分譲マンションにかかる費用を毎月、支払続けてきました。だんだん、毎月の支払が苦しくなってきたころに、買い物にクレジットカードを使うようになってきました。クレジットカードを使ってばかりいましたので、月の請求額が高額になっていたことがありました。驚いてクレジットカード会社に電話をして、

今月支払う高額の請求を何とか分割にできませんか?

と、お願いしましたら、クレジットカード会社のオペレーターの女性が

リボ払いに設定したら、今月から今回の支払分が分割にすることができます

と案内されて、リボ払いに応じることにしました。

 

この時、クレジットカード会社にリボ払いの提案を受けた時が、リボ払い借金地獄の始まりでした。リボ払いに設定して、高額だった請求金額が1/10くらいに圧縮されて、とても安心しました。

毎月、これくらいの返済金額だったら、支払っていける!

 

と、感じて、クレジットカードを積極的に利用するようになりました。

リボ払いを続けていった結果・・・

毎月の請求金額は、月ごとに徐々に増えていきました。新規の借り入れが、毎月、50,000円ずつ増えていきました。利用するクレジットカードも、いつの間にか1枚から2枚、3枚と増えていきました。限度額に達する頃には、毎月の請求金額が、いつの間にか高額になっていました。

スポンサーリンク

 

借り入れ残高を見てみると、3枚合わせて2,000,000円近くになっていました。リボ払いの借金地獄を目の当たりにして非常に困惑しました。

何とか返済しないと、どうしようもなくなる・・・

 

と感じて、借金を借り換えすることにしました。銀行口座を持っている銀行に借金の借り換えを相談しました。銀行のオペレーターから

今回、融資目的を受けられる目的はなんですか?

 

と、聞かれたので、

 

複数枚のクレジットカードの借り入れ残高を一本にしたいです

と伝えました。審査してもらった結果、3枚合わせて2,000,000円近くの借り入れ残高をすべてカバーできるくらいの融資が受けれるようになりました。

 

融資を受けて即日にATMでお金を引き出して、借り入れ残高があるクレジットカード会社に電話をして、すべての借り入れを完済しました。代わりに、銀行のカードローン借り入れ残高に借金が移動しました。クレジットカードの借金がなくなったので、非常にスッキリしました。

リボ払いの借金地獄がだんだんひどくなる

しかし、クレジットカードの借金がなくなっても、毎月の収入が増えたわけでもなかったので、結局、クレジットカードを使わざるを得ませんでした。そして、再びクレジットカードのリボ払いを使うようになりました。

 

毎月の請求金額が苦しくなると、銀行カードローンを使って現金を引き出して、住宅ローンの返済やクレジットカードの返済に充てていました。クレジットカードのお金を返すために、カードローンからお金を引き出して返済すると言う、完全なる悪循環に陥りました。

 

借金を返済するために借金すると言う借金地獄から抜け出せなくなったのでした。その後、正社員雇用が決まりましたが、住宅ローンの借り入れ、クレジットカードのリボ払いによる借り入れ、銀行のカードローンの借り入れと借金項目と借り入れ残高がだんだん増えていきました。

 

結局、借金一本化しても、収入が増えないと結局、借金地獄から抜け出すことはできませんでした。リボ払いを続けて、毎月の請求金額の内訳をみると、利息は元金の5倍くらいになっていました。

 

銀行カードローンの返済の内訳をみると、元金の半分が利息の支払になっていました。もはや、利息を払うために会社で働いて返済すると言う、どうしようもない借金地獄に陥りました。

リボ払いの借金地獄が終わらない

その後、うつ病になってしまい、正社員を退職してしまい、無収入になってしまい、住宅ローンの借り入れ、クレジットカードのリボ払いによる借り入れ、銀行のカードローンの借り入れの返済が不可能となってしまいました。

 

そして、借り入れ返済ができなくなり滞納してしまい、複数のクレジットカード会社や銀行から催促の電話が毎日来るようになり、催促の郵便が届くようになり、ますます精神的ストレスが強くなり、うつ病もひどくなり、生きていることが困難になり、失意の人生を送ることになりました。

 

収入が不安定なのに、支払が苦しいからリボ払いをしてしまうと、借金地獄に転落してしまい、ますます苦しみが増してしまい、生きる事自体、苦しくなってしまいました。

スポンサーリンク

関連情報

コメントを書く

ニックネーム可です 

URL (空白可です)

コメントを入力してください。