無職

無職なのに借り入れ返済のための新規の借り入れを繰り返させられた


持ち家を購入したのが、多重債務を背負うことになる始まりでした。賃貸マンションに住んでいた頃は、借金はありませんでした。

スポンサーリンク

住宅ローンを借り入れして持ち家を購入した半年後に正社員を退職してしまいました。正社員を退職した翌日から無職になりました。

役所から財産差し押さえの督促状が届いた

正社員雇用の就職活動を続けましたが、ずっと不採用でした。求人サイトから履歴書を送ったり、職安からの紹介で履歴書を送ったりしました。しかし、50社以上に応募しても、ほとんど書類選考で不採用でした。就職活動を続けながら、派遣社員、アルバイト、無職を転々としていました。

 

正社員時代の年収の1/5くらいになりました。賃貸マンションの時は家賃だけで済んでいましたが、持ち家になってから住宅ローン、固定資産税が大きな負担でした。

 

収入が不安定になってから、次第に、固定資産税の納付が後回しになってきました。すると、催促の封書が届くようになりました。それでも、納付せずにいると財産差し押さえの督促状が届くようになりました。役所に行くことになり、相談すると滞納している税金を分納することで何とか話がつきました。

クレジットカードのリボ払い、カードローンを多用するようになった

その後、滞納していた税金の分納を続けてきましたが、分納している金額が少なかったので、どんどん税金の滞納額が増えていきました。だんだん電気代、ガス代、携帯電話代の支払も負担になってきました。そこで、電気代、ガス代、携帯電話代は、クレジットカードをリボ払いに設定して決済する方法に変えました。

 

住宅ローンの借り入れ審査が通過した時と比べて、年収が1/5になった状態で過ごしているので、とてつもなく、住宅ローンの借り入れ返済が苦痛で溜まりませんでした。

 

返済に困ったときは、クレジットカードのリボ払いを使ったり、カードローンでお金を借り入れして住宅ローンの借り入れ返済をしたりと、どんどん借り入れ残高が増えてしまい、どうしようもない状況になっていきました。

 

母親に毎月の支払が困難で苦痛でどうしようもないことを言い続けてきましたが、聞く耳を持ってくれませんでした。

リボ払い、カードローンの利息が元金の半分~5倍請求されることに

知り合いに思い切って借金によって苦しんでいることを相談すると弁護士に相談することをすすめられました。知り合いに紹介された弁護士に相談すると

 

早く自己破産か個人再生をした方がいい

 

と提案されました。借金の苦しみから解放されるならと、弁護士に依頼しようとしましたが、持ち家に同居している母親からは

 

余計なことはしないで、働いて返したらいいでしょ

 

と、猛反対されました。結局、借金の苦しみから解放されることなく、それどころか、だんだん借り入れ残高が増えていく一方でした。

スポンサーリンク

 

ようやく正社員の雇用が決まったものの、毎月の借り入れ返済の金額は、正社員の給与の70~80%%くらいの支払いでした。クレジットカードのリボ払いによる利息が元金の5倍くらいにふくれ上がっていたので、支払額が大きくなっていたのでした。カードローンの返済額の内訳をみると利息が半分くらい取られている状態でした。

長年の借金の苦しみで、精神病になって会社を退職してしまうことに

借り入れ返済の利息の為だけに働いている状態が続いていったある日、会社の産業医からストレス濃度が通常より高いことを指導されて面談されることになりました。面談されて精神内科の受診をするように指導されました。精神内科に通院するようになり、うつ病と診断されました。

 

うつ病と診断されてから、会社と相談して、しばらく休むように指示されて、会社を休職することになりました。会社を休職して、よく睡眠を取る時期を過ごしましたが、精神的にだんだんおかしくなってきました。

 

今まで溜め込んでいたストレスが噴出するかのように、ひどく混乱してしまい、生きる事が苦痛になってきて嫌になって、死ぬことを強く望んだり意識してしまうようになりました。精神の異常だけではなく、身体の異常も出てきました。

 

動悸、息切れ、めまい、関節痛、神経痛、ところどころ、身体が痛くて、不安になったり恐怖におびえたりしてしまうようになりました。

 

数ヶ月後に会社と復帰できるかどうか話し合った結果、会社を退職することになりました。

毎月の借り入れ返済をするために、新しい借り入れを繰り返す借金地獄の無限ループ

会社を退職するまでに傷病手当金が支給されていました。傷病手当金で住宅ローン、クレジットカード、カードローンの借り入れ返済を続けていました。しかし、傷病手当金の支給期限が過ぎてからは、無収入となりました。

 

無収入になってから、住宅ローン、クレジットカード、カードローンの借り入れ返済をするために、カードローンでお金を借りて住宅ローン、クレジットカード、カードローンの返済をすると言う、どうしようもない状態に陥りました。

 

そのようなことを数ヶ月続けた結果、カードローンの借り入れ上限額に達してしまい、とうとう住宅ローン、クレジットカード、カードローンの借り入れ返済ができなくなってしまい、滞納するようになりました。滞納するようになってから、毎日のように、借り入れ先の銀行、カード会社からたくさんの電話がかかるようになりました。ポストを見ると催促の封書が届くようになりました。

 

知り合いの弁護士に改めて債務整理の相談をすると、

 

自己破産しかないです。

 

 

と言われました。うつ病、無職、無収入でどうしようもないのに、母親に自己破産を反対されて債務整理できずに苦しむ日々を送ることになりました。

 

いつ、競売手続きだったり、裁判所からの訴状が届くかビクビクしながら、カーテンを閉めて、自室に引きこもって、動悸、息切れ、神経痛、関節痛に苦しみながら時を過ごすようになってしまいました。

 

無職になって借り入れを続けてきましたが、何の解決にもなりませんでした。むしろ、借金が増えてしまうと言う悪循環を悪化させる結果となりました。

スポンサーリンク

関連情報

コメントを書く

ニックネーム可です 

URL (空白可です)

コメントを入力してください。