リボ払い

無職なのにお金を借りる返済するを繰り返して借金が余計に増えてしまった



無職になってお金を稼ぐことができず、借金を返済することができず、お金を借りる・・・返済する・・・を繰り返してしまい借金がますます増えていった体験談です。

スポンサーリンク
無職の時ほど、お金を借りるととてもありがたく感じてしまう一方で、お金を借りる依存症から抜け出せなくなる危険性も感じました。

住宅ローンの借り入れが借金地獄の始まりだった

正社員で働いている時に、賃貸マンションから分譲マンションに引っ越ししました。分譲マンションは住宅ローンを借り入れて購入しました。

 

賃貸マンションの支払は家賃と母親が所有している自動車を停める駐車場代だけでした。分譲マンションになってからの支払は住宅ローン、管理費、積立金、駐車場代、固定資産税と項目も増えて、支払金額も3倍くらいに増えました。

 

僕は住まいを所有するという事に抵抗があったので、賃貸マンションのままでよかったのですが、同居している母親は持ち家がいいと言うのでした。持ち家を購入してから、半年後に正社員を退職することになりました。

 

原因はパワハラでした。正社員を退職した翌日から無職になりました。正社員雇用の就職活動を続けましたが、まったく採用されませんでした。アルバイト、派遣社員、無職を繰り返していくうちに、正社員時代に稼いでいたお金も底を尽いてきてしまいました。

リボ払いの利息は元金の5倍 カードローンの利息は元金の半分以上請求されていた

お金が足りなくなったらクレジットカードを利用するようになりました。何枚かのクレジットカードの利用を続けているうちに、借り入れ限度額に達してしまいました。借り入れ残高を一本にまとめるために、カードローンの契約をしました。

 

複数枚のクレジットカードの借り入れ残高を清算するために、カードローン専用口座からお金を借りてクレジットカードの借り入れを完済できました。その後もクレジットカードのリボ払いに加えて、カードローンでお金を借りるようになりました。

 

再び正社員雇用された時には、住宅ローンの返済に加えて、クレジットカードのリボ払いを使ってきたので、毎月の請求額はかなりの高額でした。リボ払いの利息が元金の5倍でした。カードローンの毎月の利息も元金の半分以上でした。

スポンサーリンク

 

住宅ローンも固定金利だったので、元金より利息の方が高い状態でした。アルバイト、派遣社員の時代と比べて正社員になって収入が増えても、借金の利息の返済のために、お金を稼いでいるような日々を過ごすようになりました。

再び正社員雇用が決まった矢先に襲われた意外な病気

いつもどおり働いていたある日、会社の産業医の面談がありました。精神内科を受診するように指導されました。精神内科に通院を続けていくうちに、うつ病と診断されてしまいました。

 

会社と話合って会社を休職することになりました。会社から傷病手当金の申請をするように指示されました。給与の代わりに傷病手当金を受け取りながら生活することになりました。

 

しかし、会社を休職しているのに、精神状態がますますひどくなってきました。初めて死んでしまう、もう死んでしまいたいと言う意識に襲われるようになりました。頭痛、身体も手足の関節痛、全身の至る部位の神経痛に襲われるようになってきました。

 

働いていた時よりひどくなってきました。数ヶ月後、会社と話し合った末に退職することになりました。その後も傷病手当金が支給されていましたが、期限が決まっていました。

返済が滞納してしまい複数の銀行、カード会社から毎日、取り立ての電話がかかってくるようになった

支給期限が過ぎてからは、無収入になりました。無職で無収入になってしまってから、カードローンでたくさんのお金を借りるようになりました。

 

生活費に加えて、住宅ローン、クレジットカード、カードローンの借り入れ返済をするために、カードローンでお金を借りると言う最悪の展開に突入しました。数ヶ月後、カードローンの借り入れ限度額が上限に達してしまいお金を借りることができなくなりました。

 

とうとう、住宅ローン、クレジットカード、カードローンの借り入れ返済ができなくなってしまい、滞納するようになりました。滞納してから、複数の銀行、カード会社から毎日、取り立ての電話がひっきりなしにくるようになりました。無職になってから、お金を借りる状態になってしまい、どうしようもない日々を過ごすようになりました。

スポンサーリンク


コメントは2件です

  1. まろん より:

    お返事ありがとうございました。

    全ての記事をまだ全部読めていませんが、お金の心配って本当に辛いですね。私の場合は自分が原因の借金ですが、人並みに生活する事って本当に大変だと思います。

    社会から離れて、色々お金の事とか、仕事の事を1人で抱え込んでいたら、病気も悪化してしまったのかも知れませんね。
    今は体調はいかがですか?大丈夫ですか?
    私もうつ病を患った事があります。家の中の事で色々あって、私の場合、軽症だったんだとは思いますが、頭痛と喉の異物感がありました。どうしようもなくて死にたいとか、そんな事ばかり考えて、何にも手につかなかった日々でした。主治医に相談しても、何となく事務的で、ただ話を聞いてもらって薬をもらうだけ、その薬代もバカにならないと思って通院をやめてしまいました。本当はダメらしいですけど。
    今は通院しなくても平気になり、5年経ちました。時々どうしようもなく辛い時は市販の漢方薬を飲む様にしています。

    自炊記事、良いと思いますよ。小学校以来とはいえ、きちんと栄養バランスを考えて作っていらっしゃるのですから。毎日料理していてもなかなかそうも行きません。手抜きばかりで、見習わないといけないなと思いました。
    これからも楽しみにしてます。

    • 大福 天喜 より:

      読んでいただいてありがとうございます。
      読んでいただいていることを教えてくれただけで、読んでくれている人がいた! って、記事を書いてきたことが救われた気分になりました^^

      体調は・・・、正直、しんどいですね^^;

      頭とか、胸とか、お腹あたりが、ぐぐっと、締め付けられるような感覚になって、生きること、存在していることが、ツラいと言うか・・・。

      日によりますが、空いている電車であっても、電車に乗るのが、しんどい時は、歩いたり、自転車を使って移動しています。電車より何倍も時間がかかっても、電車に乗って、人と触れるのが、なんだか怖くなったりしてしまうことがあるので、生きづらいですね。

      食事も、最近、朝、夕と野菜ジュースだけで済ますことが多くなって、食べる意欲があまりない感じですね。昼ご飯は、一応普通に食べれてます。

      心配いただいて、ありがとうございます。

      まろんさんも、うつ病だったのですね。どうしようもなくて死にたくなってしまうの、よくわかります。僕も、毎日、死んだら、苦しいので、死にたいと言うより、二度と意識が目覚めないでほしいと願ってしまいます。特に、美味しい物を食べたいとか、旅行したいとか、豪華な物が欲しいとか、幸せになりたいとか、そういった欲求が枯れているので、意識があるのが、苦しいですね。

      主治医の先生って、事務的ですよね^^;
      ただ、話を聞いて、薬を調整して、様子を見てみるみたいな感じで^^;

      薬が合わなかったら、動悸とか息切れ、関節痛とか神経痛が激しくなって、死にかけたことがありましたが、先生は副作用ではないと言われ続けているので、うつ病の薬って、自分に合う合わないのアレルギーは、飲まないとわからないので、いつも、薬が変わると不安になってしまいますね。

      通院しなくても、平気になってよかったですね! うつ病の薬より漢方薬の方が身体の負担が少ないイメージなので、漢方薬でいけるなら、それでいいと思います^^

      自炊記事、読んでいただいてありがとうございます。

      一人暮らしを始めたころは、朝、昼、夜と、レトルトカレーばかり食べていました。それがよくなかったのか、健康診断で、血糖値だったり、尿酸がよくなかったしてから、ネットで調べると、野菜中心がいいという事を知って、冷凍野菜を買うようになりました。

      栄養バランスがいいかどうか、自分の感覚ではわからない感じでありますが、とりあえず、野菜を摂れば何とかなるかなって、感じになって、冷凍野菜だったり、野菜ジュースを中心に摂るようになった感じです。

      毎日料理って、どうしても面倒になってしまったり、食べるのが億劫になってしまったり、空腹であっても、気分の落ち込みが強いと、空腹がどうでもよくなってきたりして、まあいろいろありますが^^;

      自炊記事、借金テーマとあまり関連性が薄いからどうかなって思っていたところでしたが、せっかく読んでいただいていることを聞かせていただいたので、何らかの形で続けてみようと思いました。

      貴重なコメントありがとうございます!

コメントする

名前(ニックネームOKです) 

URL (空白OKです)

コメントを入力してください。

自己紹介と運営者情報

僕は、大福天喜といいます。

約1400万の借り入れ返済できず滞納して自己破産することになった40代の独身未婚の草食系男子が借金の体験談を書いています。

自己紹介と運営者情報の詳細

ここ一週間よく読まれた記事