住宅ローン滞納

派遣社員で住宅ローンを返済していた


正社員の時に住宅ローンを借り入れして、分譲マンションを購入しました。半年後、正社員を退職してしまいました。正社員を退職した翌日から無職になりました。

スポンサーリンク

正社員だったので、幸いにも退職金、財形貯蓄がありました。ただ、そんなに多くありませんでした。わずか2~3ヶ月くらいでお金がなくなりました。

正社員雇用が決まらず派遣社員と無職を繰り返すことに

職安、求人サイト、求人チラシ、求人フリーペーパー、転職エージェントなどを使って、正社員雇用の求人に応募をしましたが、書類選考すらほとんど通過できませんでした。正社員から正社員への転職でしたらともかく、無職から正社員となると転職と比べてハードルがとても高い感触でした。

 

退職金、財形貯蓄がなくなってきた頃、正社員雇用から派遣社員の雇用に妥協するようになりました。とにかくお金がなくなってしまうと、住宅ローンの返済ができなくなってしまうからです。

 

同居していた母親からは、援助は一切してくれることはありませんでした。

 

派遣社員の登録をすると、何社か派遣先を紹介されましたが、それでもなかなか受け入れてくれる派遣先がありませんでした。ようやく決まった派遣先は3ヶ月の期間限定だったり、誰でも出来るような仕事内容が流れ作業のような仕事をしながら住宅ローンの支払を続けてきました。

住宅ローンの返済を続けることができたが、固定資産税が滞納するようになった

派遣先の派遣期間が満了になると、再び、派遣先に紹介先を依頼して、新たに2日だけの期間限定派遣が決まったり、派遣社員と無職を繰り返しながら、住宅ローンを支払っていました。分譲マンションだったので、住宅ローン以外に、管理費、積立金、母親が所有している駐車場代、固定資産税の支払がありました。

スポンサーリンク

 

住宅ローンの審査が通過したのは正社員の年収や勤務年数が基準だったので、派遣社員と無職を繰り返すような収入が不安定な状態だと毎月の住宅ローンの支払いが不安定になっていき、お金のストレスがとてつもなく高くてどうしようもありませんでした。

 

分譲マンションを不動産会社に売りに出すことを何度も考えて、母親に売りに出すことを相談しましたが、母親に猛反対され続けました。

 

正社員を退職して派遣社員と無職を繰り返した年は、正社員時代の1/5くらいの年収でした。住宅ローンや管理費、積立金、駐車場代は何とか支払えていましたが、さすがに固定資産税は支払うことが出来なくなってしまい税金を滞納するようになりました。

 

派遣社員と無職を繰り返すような状態では住宅ローンの返済は不可能に近かった

固定資産税の支払を滞納するようになってから、役所からは財産差し押さえ通知が来るようになりました。役所に相談に行くと、ひとまず滞納している固定資産税の分納(分割)して返していくように提案されました。

 

ただ、分納のお金も滞納してしまうようになると、財産差し押さえしますと通告されてしまいました。分納されるようになってから、何とか滞納している固定資産税の滞納を少しずつ返していくことができました。

 

しかし、分納しているだけだったので、新たに発生する固定資産税が増えていったので、分納を続けていても、税金の借金が毎月増えていく状態になりました。派遣社員と無職を繰り返す状態では住宅ローンを返済したり固定資産税を支払っていくのは、とてつもなく困難でした。

 

数年後、結果的に住宅ローンを滞納するようになってしまったのですから・・・

スポンサーリンク

関連情報

コメントを書く

ニックネーム可です 

URL (空白可です)

コメントを入力してください。

人気の投稿
カテゴリー
運営者

僕は、借金の体験談を書いている、大福天喜と申します。

借金総額 約1,400万円

滞納内訳
住宅ローン借り入れ残高 約700万円
銀行カードローン借り入れ残高 約300万円
クレジットカード借り入れ残高 約300万円
管理費等滞納 約50万円
税金滞納額 約90万円(分納)

運営者情報の詳細