リボ払い滞納

リボ払いの返済が困難になってしまい銀行に相談して融資を受けて完済した


正社員で働いている時に、住宅ローンを借り入れして分譲マンションを購入しました。35年の住宅ローンを借り入れ始めて、わずか半年後、正社員を退職してしまいました。

正社員を退職して翌日から無職になりました。無職になってから、就職活動をしましたが、不採用ばかりで正社員雇用を決めることができませんでした。正社員の就職活動を続けながら派遣会社を転々とするようになってしまい、正社員時代の年収の1/5くらいになりました。

リボ払いを続けた数年後、利息は元金の5倍くらいになってしまっていた

派遣会社を転々とするようになって、収入が一気に不安定になってしまい、住宅ローンの返済日の支払が遅れるようになってきました。住宅ローンを借りている銀行から催促のハガキが何度も届くようになりました。

 

分譲マンションなので、住宅ローン以外にも、管理費、積立金、駐車場代、固定資産税がありました。分譲マンションの支払いが苦しくなってきました。

 

支払がどうしようもなくなってきたので、所持しているクレジットカードを使うようになりました。電気代、ガス代、携帯電話代、食費など、分譲マンションの支払以外は、クレジットカードで支払するようになりました。

 

クレジットカードはリボ払いに設定して毎月の請求額が低くなるようにしました。ようやく現金が浮いてくるようになり、住宅ローンの返済ができるようになりました。

 

毎月、新規の借り入れが5万円くら増えていきました。月を重ねるごとにクレジットカード会社からの請求額が増えていきました。

 

請求書の内訳を見てみると、いつの間にか利息は元金の5倍くらいになっていました。リボ払いで毎月の請求額を低く設定していたので、新規の借り入れがどんどん増えてしまい、利息がふくれ上がってしまっていたのでした。

リボ払いの返済について住宅ローンを借り入れしている銀行に相談することに

だんだんクレジットカードの請求金額の支払が困難になってきて、元金が減らず利息を支払うために、働いているような状態になってきました。特に利息が元金の5倍くらいになっていることがとても気になりました。

 

このままだと将来的に滞納してしまうようになると不安になりました。考えたのが、住宅ローンを借り入れしている銀行から融資を受けて、そのお金でクレジットカードの残債を返済できるかどうか銀行に電話で相談してみようと思いました。

 

住宅ローンを借り入れしている銀行に電話して、オペレーターにクレジットカードの支払に困っていることを相談しました。すると、銀行のオペレーターから融資の審査に必要な書類とローン契約機について案内されました。

スポンサーリンク

 

審査に必要な書類を集めて銀行の無人契約機に行くことになりました。融資の目的を聞かれて、複数枚のクレジットカードの残債を完済する目的と正直に伝えました。

 

審査をした時は派遣社員でしたが、借金一本化を目的に銀行から融資を受けることができました。融資を受けたお金で複数枚あるクレジットカードの残債を完済することができました。

 

リボ払いの返済が困難だったので銀行に相談して融資してもらえるようになって、お金のストレスが随分減りました。リボ払いの利率借金がクレジットカード会社から銀行からの融資の借金に切り替わったので、利率も変わりました。

 

リボ払いに設定していた時の利率は14%くらいでしたが、銀行の融資の利息は7%くらいでした。利率も半分くらいになって借り入れ先が銀行だけになったので、借金一本化することで負担が軽くなりました。

リボ払いを止めることができないことに気付けず、リボ払いを続けてしまった結果

一時的に借金の返済が楽になったように感じましたが、現実はそうはいきませんでした。今まで、電気代、ガス代、携帯電話代、食費などをクレジットカードで支払ってきたから、住宅ローンを返済するための現金を用意することができていました。

 

結局、クレジットカードのリボ払いに頼らないと住宅ローンの支払だったり生活ができない状態になっていました。銀行からの融資でクレジットカードの残債を完済してからも、カードの利用を止めることはできませんでした。

 

カード会社と銀行の請求金額は、収入の8割くらいでした。残りの2割で生活しないといけない状態になりました。しかも、クレジットカードはリボ払いに設定しているので、リボ払いを解除したら高額の請求になってしまいます。

 

リボ払いを解除したくても解除できない手遅れの状態になってしまいました。そして、数年後、クレジットカードの借り入れが限度額に達してしまい、銀行からの融資の借り入れも限度額に達してしまいました。

 

クレジットカードが利用できなくなってしまい、銀行からの新たな融資も受けれなくなってしまい、支払不能になってしまい滞納するようになりました。リボ払いの返済が困難になった時に銀行に相談して融資を受けることが出来てクレジットカードの残債を完済しましたが、一時しのぎでしかありませんでした。

 

結局、リボ払いに頼らないと生きていけない経済状態を根本から解決しないと、借金地獄に転落してしまうと言うことを身をもって味わうこととなってしまったのでした。

スポンサーリンク

関連情報

コメントを書く

ニックネーム可です 

URL (空白可です)

コメントを入力してください。

カテゴリー
人気の記事
運営者

僕は、借金の体験談を書いている、大福天喜と申します。

借金総額 約1,400万円

滞納内訳
住宅ローン借り入れ残高 約700万円
銀行カードローン借り入れ残高 約300万円
クレジットカード借り入れ残高 約300万円
管理費等滞納 約50万円
税金滞納額 約90万円(分納)

運営者情報の詳細