自己破産

自己破産するお金もないけど弁護士に債務整理を依頼できた


弁護士に自己破産を依頼しました。持ち家があるので自己破産とのことでした。同時廃止ではなく管財事件になるから破産管財人の調査や、持ち家の処分があるので、自己破産が終わるまで1年以上は見ておいた方がいいと言われました。

スポンサーリンク

自己破産するお金もない状態がずっと続いていたのですが、結果的に自己破産する流れになりました。

家族から自己破産を反対されて借金が溜まり続ける中、働けない状態になった

借金の返済に苦しんでいてどうしようもない状態が続いていた頃、知り合いに相談すると、弁護士に相談してみるように言われました。知り合いに紹介してもらった弁護士に相談すると

 

自己破産か個人再生だけど、自己破産した方がいい

 

とアドバイスされました。もう、自己破産しかないのかも知れないと感じたので、同居している家族に自己破産することを相談すると、

 

持ち家から出ていきたくない

 

ことと、

 

働いて返済していくように

 

と言う理由で反対されました。

 

自己破産を選択できず、正社員として働き続けている最中、会社の産業医から、精神内科を受診するように指導されるようになりました。精神内科に通院するようになって、うつ病と診断されました。うつ病と診断されて会社に相談すると、休職するように指示されました。

 

休職期間、会社の総務部から

 

給与は支給できないので、傷病手当金の申請をするように

 

との事でした。傷病手当金を受け取りながら、自宅療養でうつ病の治療を続けてきましたが、働いている時より、精神状態、身体の状態までひどくなってきました。不安感が強くなってきて、胸が異常に苦しくなってきて、締め付けられるようになってきたり、動悸、息切れ状態に悩むようになりました。

 

神経痛、関節痛が出てきたりして、もがき苦しむような毎日を送るようになってしまいました。会社と改めて相談する時期になった時に、休職期間の状態を話して、話し合った結果、会社を退職する方向になりました。

うつ病となってしまい障害者となってしまった

会社を退職してからも傷病手当金が支給されていましたが、期限が切れてから支給されなくなりました。精神状態が不安定で、健康な状態の時のようにはなりませんでした。無収入になってしまい、精神状態が壊れていても、どうにかしてでも働いてお金を得ないといけないと感じて、ハローワークに行きました。

 

ハローワークの職員に今までの経緯を説明すると、障害者雇用で働くことを提案されました。障害者雇用だと健常者と違って、持病に合わせて職場環境を対応してくれるように配慮してくれるとのことでした。ただ、障害者雇用で働くには障害者手帳が必要とのことでした。

 

精神内科の先生に相談すると、障害者手帳の申請に関する診断書を書いてくれることになりました。障害者手帳の申請をして数ヶ月後に障害者手帳を交付されることになりました。障害者として認定されてしまうことになるとは、まったく考えていなかったので、ショックでしたが、障害者求人を紹介されるようになるためには仕方ないかも知れないと感じました。

スポンサーリンク

法テラスの弁護士に相談するように弁護士からアドバイスされる

傷病手当金の支給が切れてしまってから、住宅ローン、銀行カードローン、クレジットカードの支払ができなくなってしまったこともあり、再び知り合いに紹介してもらった法律事務所に相談してみることにしました。

 

すると、弁護士からは、

お金がないと自己破産の依頼を受けることができないので、現金を貯めましょう

 

と言われました。

 

精神状態がひどくなって、無職になって無収入になって障害者求人で働こうとして障害者手帳を持つことになってこれから働こうと考えていることを話しました。

 

すると、弁護士から

 

地元の法テラスにも相談してみましょう

 

と言われました。法テラスに電話すると、法律事務所を紹介されたので相談することになりました。すると、

 

債務整理より、これから生きていく収入を確保することが先です。

 

だと言われました。よくよく考えたら、借金を返済することしか頭になく、生きていくための収入が必要だと言うことを忘れてしまっていました。

 

話を聞いていると、障害者雇用で働き続けることができるかどうか不安ななので、生活保護の話を聞きに行ってみてください

 

とアドバイスされました。

 

役所に生活保護の話を聞きに行くことになり、数ヶ月後、生活保護を受けることになりました。そして、法テラスに紹介してもらった弁護士に生活保護を受けるようになったことを報告するために再び相談することにしました。すると、

 

生活保護を受けられているので、法テラスが自己破産に必要な費用を立て替えてくれますから、お金がなくても自己破産できます

 

と言われました。法テラスの弁護士から、アドバイスされた数ヶ月後、弁護士に自己破産の依頼をすることになりました。自己破産するお金もない状態がずっと続き、暗いトンネルの中を手探り状態でさ迷い続けてきました。ようやくお金もない状態で自己破産することになりました。

 

自己破産を依頼した数日後から、夜中に動悸が激しくなって眠れなくなることが増えてきました。眠れない夜中のある日、暗闇の中を一人で散歩して立ち止まっている時、

 

結局、働いて返し続けることができなかった・・・

 

と、今まで、働いて返して行こうと抵抗を続けてきましたが、白旗を上げた自分に情けない気持ち、悔しい気持ちがこみ上げてきてしまい、夜中の暗闇の外で一人で空を眺めながら、涙が込みあげてきてしまいました。

 

自己破産を弁護士に依頼して、管財事件として破産管財人の調査、持ち家の処分があり、借金が本当になくなるのか、想像できませんが、暗闇の中のトンネルを歩く人生は、まだまだ続きそうです。

スポンサーリンク

関連情報

コメントを書く

ニックネーム可です 

URL (空白可です)

コメントを入力してください。

カテゴリー
人気の記事
運営者

僕は、借金の体験談を書いている、大福天喜と申します。

借金総額 約1,400万円

滞納内訳
住宅ローン借り入れ残高 約700万円
銀行カードローン借り入れ残高 約300万円
クレジットカード借り入れ残高 約300万円
管理費等滞納 約50万円
税金滞納額 約90万円(分納)

運営者情報の詳細