借金体質

給料もらっても嬉しくない理由



社会人になってから、20年以上経過します。振り返ってみますと、今まで会社で働いて稼いだお金をもらって嬉しいと思ったことが一度もありませんでした。どうも、給料もらっても嬉しくないのです。

スポンサーリンク

社会人になってから、同居している母親から通帳とキャッシュカードを取り上げられたからです。給料日が楽しみでなくなった時から、少しずつ働き甲斐を失い始めてきました。

給料が手元に入ってこない状態での働き甲斐、働く意欲

給料日前になると、「あー、早く給料日にならないかなー」という声を耳にすることがありましたが、ちょっと複雑な気持ちでした。もちろんお金が入ってくるのはうれしいのですが、「その日にやらなくてはならないことがある」と思うと気分が重たかったのです。

 

引用元:買い物依存症OLの借金返済・貯蓄実践ノート 感想 西村 優里 - 読書メーター

 

給料日前になると、職場の人たちは、

 

「明日は、給料日だから、ひさしぶりに飲みに行くか!」

 

とか

 

「明日は、給料日!早く明日がきてほしい!」

 

など、周りの人たちの楽しみな声を聞くたびに

 

「別に・・・」

 

みたいな反応をしていました。

 

母親から通帳とキャッシュカードを取り上げられてから、自由にお金を使うことができなくなってしまったからです。自分のお金を自由に使えなくなってから、お金に対してネガティブになってきました。

 

給料日になっても、母親から支給される現金5000円を使うことしかできませんでした。給料の使い道は、母親名義である住宅ローンの返済と食費、ガス代、電気代、固定電話代、携帯電話代、固定資産税等です。住宅ローンは僕の借金ではないのに、僕の給料を使って母親は借金を返済していたのです。

 

父が借金苦で失踪したけど、家族が支払わなくてはいけないの?
親子であっても借金は他人。保証人になっていなければ、ビタ一文払う必要なし!

 

父親が事業に失敗したとか、ギャンブルで借金を重ねた末に行方知れずになってしまったと言う話をよく聞きます。しかし親の借金を、おとなしく払う必要なんかありません。これまで幾度となく述べているように、借金返済の義務を負うのはお金を借りた本人と保証人だけです。

 

引用元:人生を再スタートするための借金整理Q&A100 佐々木 唯次 - 読書メーター

 

父親は、持ち家を住宅ローンを借り入れて購入しました。住宅ローンを借り入れて、わずか5年後くらいに、母親と離婚して、持ち家から出ていきました。

スポンサーリンク

 

住宅ローンの名義は父親から母親名義に変わりました。その両親が作った借金を支払うため、保証人でもない僕の給料を母親に使われてきました。

 

毎月、給料日になるたびに楽しみではなく苦痛でしかありませんでした。どうせ、自分の手元にはお金が来ないのだから、いくら働いても一緒だと思い込むようになってしまいました。

 

いくら働いても手元にお金が入ってこないので、働き甲斐だったり、働く意欲がだんだんなくなってしまいました。働き甲斐、働く意欲が無い状態で働き続けてきました。

給料が手元に入らないことによる抱えていたコンプレックス

会社に行く日は母親の手作り弁当を持って行っていました。昼休憩になると、自分の机で母親の手作り弁当を出して食べていました。

 

周りの人たちから、いつも、

 

「すごいね!自分で作ったの!?」

 

と聞かれることが多かったです。

 

それに対して、

 

「いえ・・・、母親が作りました。」

 

と、答えますと、

 

「あ・・・そうなの・・・」

 

みたいな、反応です。

 

この会話のやり取りが毎回、苦痛でした・・・。

 

どこの会社に転職しても、いつも母親の手作り弁当を持参していました。いくら稼いでも、手元に給料が、お金が、手に入らないので、母親の手作り弁当を食べるしか方法がありませんでした。

 

周りの人たちは、外食で食べてきたり、コンビニで買ってきたり、楽しそうな時間を過ごしています。僕は、一人で母親の手作り弁当を食べ続けてきました。

 

周りから、マザコンと思われているのが、強烈なコンプレックスでした。毎日、母親の手作り弁当を会社に持って行っていたので、職場の人たちから外食に誘われることもありませんでした。むしろ、気持ち悪いマザコンと思われているのではないかと自己嫌悪になってしまう日々を積み重ねてきてしまいました。

 

毎月5000円しか現金が支給されなかったので、母親の手作り弁当に頼らないと昼ご飯を食べれないと言う状態に縛られていました。

 

勝手に両親に離婚されて、勝手に借金である住宅ローンの支払いの為に給料を使われて、親の都合を徹底的に押し付けられて生きてきました。

 

給料もらっても嬉しくない理由は、母親に給料が振込される銀行口座とキャッシュカードを取り上げられて、勝手に両親の借金である住宅ローンの支払に使われたり、固定資産税や生活費に使われたりしてきたことでした。

 

今まで働いてきて給料日になって喜んだことがあったのは、学生時代のアルバイトだけでした。社会人になってから、無給で仕事に追われて仕事を続けてきたような気分でした。

スポンサーリンク


コメントは3件です

  1. まろん より:

    毎日暑いですね。体調は大丈夫ですか?
    頑張って働いたのにお小遣い5000円というのは酷すぎますね。
    社会人になれば会社の方とのお付き合いもあったでしょうに。周りの目というのは、他の人と少し違うだけでも色々言われるものですからね。一体、何が普通なのか、普通の基準って何なんだろうと時々考えます。
    先日亡くなっ

  2. まろん より:

    ごめんなさい。また途中で送信してしまいました(TT)
    友人の弟は統合失調症で、今は障害者として働いているらしく、どういう契約をしているのか、日給は牛丼一杯と聞きました。真相は分かりませんけど、頑張ったら頑張った分だけの見返りは欲しいものですね。
    独り暮らしを初めて給料をもらえることは嬉しいのですが、その後、家賃、光熱費、その他支払いなどをするとあまり手元にお金が残らないのが現状です。給料が発生していることで生活できているとは言え、何のために働いているんだろうと思う時もあります。手元に残るお金が少ないせいか、買い物することも出かける事も億劫になりました。
    でも、ずっとこの状態が続く訳でもないのだと自分に言い聞かせています。

    • 大福 天喜 より:

      本当に、毎日、暑いですよね^^;
      体調は、何とか、って感じです。

      お小遣い5000円時代は、本当に嫌な思いをしていました。人とのお付き合いができなかったことがツラかったです・・・

      > 友人の弟は統合失調症で、今は障害者として働いているらしく、
      > どういう契約をしているのか、日給は牛丼一杯と聞きました。
      > 真相は分かりませんけど、頑張ったら頑張った分だけの見返りは欲しいものですね。

      詳しくはわかりませんが、障害者雇用は、相当、日給が低い、全然、割に合わないって言う話を聞いたことがあります。

      あまりに、お金が少なすぎると、生きていること自体がツラくなりますよね・・
      これだけ働いているのに、周りの人は普通に過ごせているのに、障害者だからって、なんで、こんなに、手取りが低くて、生活に困らないといけないのか・・・って、悩みがだんだん重く深くなってきてしまいますよね・・・。

      > でも、ずっとこの状態が続く訳でもないのだと自分に言い聞かせています。

      どこかで、日給が上がるとか、仕事を続けると、いつか報われるようなシステムになっているのでしょうかね・・・。

      その中であって、努力を続けることは、素晴らしいことだと感じます。

      労力に見合わない給料であっても、それでも、ひたむきに社会貢献を続けることで、何らかのスキル、知識だったり、経験だったり、なんだかの見返りが、どこかで得られるかも知れませんね。

コメントする

名前(ニックネームOKです) 

URL (空白OKです)

コメントを入力してください。

自己紹介と運営者情報

僕は、大福天喜といいます。

約1400万の借り入れ返済できず滞納して自己破産することになった40代の独身未婚の草食系男子が借金の体験談を書いています。

自己紹介と運営者情報の詳細

ここ一週間よく読まれた記事