借金体質

40代で貯金なしで借金があります


今までの人生を振り返ったら、社会人になってから借金を背負うようになりました。

 

親名義の住宅ローンの支払を僕の稼いだ給料で支払うように母親に強制されるようになりました。

スポンサーリンク

学生時代は高校生からアルバイトをしていましたが、借金の支払を強制されることはありませんでした。

 

40代で貯金なし、借金1000万円以上あります。

10代で貯金あり、借金なしでした。

 

学生時代の10代の方が40代の今より金持ちでした。そう考えると、なんだかミジメな気持ちになります。

 

40代で貯金なし、借金1000万円以上ある人は社会的に信用がないと感じます。

 

10代で貯金があって借金がない社会人未経験よりも信用がないことがとても悲しいです。

 

10代の時より40代の今の方が体力的にも精神的にも衰えてしまったことを実感しています。

 

10代より社会的信用もない貯金なし、借金ありの人間に何が残っているのか・・・。

 

10代よりも勝っているのは、何なのか考えてみると時間とともに得てきた「経験」だと感じました。

 

貯金できなかった経験、借金1000万円以上してきた経験。

 

ポジティブに考えてみると、10代の時には、まったく理解できなかったことが経験していることに、何かしらの意味があるのではないかと感じます。

 

40代になって貯金なし、借金1000万円以上の経験が吉と出るか凶で終わるのかは、信用の返し方次第だと感じました。

スポンサーリンク

関連情報

コメントを書く

ニックネーム可です 

URL (空白可です)

コメントを入力してください。

人気の投稿
カテゴリー
運営者

僕は、借金の体験談を書いている、大福天喜と申します。

借金総額 約1,400万円

滞納内訳
住宅ローン借り入れ残高 約700万円
銀行カードローン借り入れ残高 約300万円
クレジットカード借り入れ残高 約300万円
管理費等滞納 約50万円
税金滞納額 約90万円(分納)

運営者情報の詳細