借金体質

スーパーで半額ばかり買ってしまい賞味期限切れで食品を腐らせてしまう



一人暮らしを始めてから、スーパーで野菜を買うようになりました。しかし、野菜を切ったりすることが億劫なので、冷蔵庫で痛んでしまい食べれないまま捨ててしまうことがよくあります。

スポンサーリンク

野菜を腐らせてしまう原因は何なのか考えてみると、半額の食品を買ってしまい、優先して食べるので、半額以外の食品は、後でいいと考えてしまうことです。

半額シールを貼っている食べ物を優先しすぎて、半額シールを貼っていない食品を腐らせてしまうどうしようもない買い物を繰り返している

スーパーに行くと、いつも半額シールを貼っているかどうかチェックしてしまいます。半額シールを貼っている惣菜や弁当、お寿司を見ると、食べたくなくても買ってしまいます。

 

スーパーに行くと、よく買うのが、冷凍野菜、冷蔵野菜です。半額でよく買うのは、ヨーグルト、牛乳、惣菜、お寿司、弁当の半額です。半額を買ってばかりいるので、半額の食品を消化することを優先してしまい、冷凍庫は冷凍野菜で満タンになってしまい入らなくなりました。

 

冷蔵している野菜は、冷蔵庫で、黒くなってしまったり、ズクズクになってしまったりして、腐らせてしまい、食べずに捨ててしまうことが多いです。

 

ヨーグルトや牛乳などの乳製品の半額を買うと翌日が賞味期限切れになっていることが多いです。半額を買ってもすぐに食べないので、賞味期限が過ぎて4~5日くらいしてから食べることが多いです。惣菜も、当日に賞味期限切れが多いですが、同じく4~5日くらい過ぎてから食べることが多いです。

 

このように、半額シールを貼っている食べ物は、食べたいのではなく、半額シールを貼っているから買っているだけです。

スーパーマーケットの言いなり、半額シールの奴隷になってしまっていると感じること

まるで、半額シールに踊らさせている自分ではないかと感じるようになりました。もしも、半額シールを貼っていなかったら、絶対に買っていない食品ばかりです。むしろ、半額シールを貼っていないけど、食べたい物を買わずに、食べたくないけど、半額シールを貼っているから買っていると言う感じです。

 

半額シールを貼っている食品を買うのは、どうしてもお得だと感じてしまうからだと思いました。半額シールを貼っている食品をレジで通して半額になっている瞬間を見るのが好きなだけかも知れません。

 

レジが通り過ぎた後に、食品をレジ袋に詰めて、アパートに持ち帰って、冷蔵庫に入れるあたりから、すでにどうでもよくなっている自分がいたりしています。半額シールが貼っているから買っただけであって、食べたいと思うわけではない・・・。

 

これは、スーパーマーケット側の都合に合わせて、自分の意思を後回しにしているように感じました。

半額シールを貼っている食べたいと思わない食べ物ばかりを食べる日々

借金1000万円以上あり、自己破産をすることになり、お金を見ること、出すこと自体がストレスになってしまっています。半額シールを貼っている食品を見ると、ついつい手を出してしまいます。なぜか、半額シールを貼っている食品であれば安心して買ってしまうのです。

スポンサーリンク

 

半額シールを貼っていない食品は高いので、ストレスになってしまうのです。半額シールを貼っていないけど、食べたい食品は買わずに、半額シールを貼っていて、食べたくない食品を、渋々食べている毎日を過ごしています。

 

お金に不自由するようになってから、自分の意思を後回しにしたり、本来の自分を気持ちを無視するようになりました。食べたい物はありますが、半額シールを貼っていないので食べることができません。

 

食べたくない物はたくさんありますが、半額シールを貼っているので、渋々食べることができます。食べたくない物ばかりを食べているから、生きていることがツラいと感じる原因の一つになっているように感じました。

 

また、心理的なストレスが長く続いたり、葛藤が解決されないままでいたりすると、心身症として他の体のいろいろな症状とともに現れてくることもあります。

 

ほかに統合失調症や、アルコール・薬物依存、認知症などの精神疾患(こころの病気)でもこのような症状がみられることがあります。

 

摂食障害でも食事が進まない症状がみられますが、摂食障害の場合、たとえば少しでも体重が増えることに恐怖を感じて食べることができないなど、単に食欲がない状態とは異なる症状です。

 

引用元:食欲不振 ~食事が進まない~|こんな症状ありませんか?|みんなのメンタルヘルス総合サイト - 厚生労働省

半額シールの奴隷から解放される方法は、半額シールを貼っている食品を買わない努力をすること

スーパーで半額シールを貼っている店員の周りには、半額シールを貼るのを待っているお客さんを何回も見たことがあります。店員が半額シールを貼ると、サッと取り出したり、次々に買い物カゴに半額シールを貼った食品を入れていきます。また、半額シールの近くに置いてある食品を取り出して、店員に半額シールを貼るように要求する人も何度もみたことがあります。

 

こういった姿を見て、半額シールを貼っている食品を買う人たちって、本当に食べたいと思って買っているのだろうか・・・?

私のように、本当は食べたいと思っていなくても、半額を貼っているから、仕方なく買っているのではないか・・・?

半額シールを貼っている食品を次々に買い物カゴに入れている人々を客観的に見て、半額だから、買っているだけだよな・・・って感じました。

 

食べたい物を食べて、食べたくない物を食べないようにする方法は、半額シールの貼っている食品を買わない努力をすることだと感じました。食べたい食品を食べることで自分の健康状態もよくなるように感じました。

 

うつ病、神経痛、関節痛、など、心身の健康状態に悩み続けている日々ですが、食べたくない半額シールの食品ばかりを食べて続けている不健康な食事が健康状態を悪くしているようにも感じました。

 

これからは、半額シールを貼っている食べたいと思わない食品より、食べたいと思える食品を買うように、自分の気持ちに正直になれるように、1つだけでも、食べたい食品を買って、半額シールの貼っている食べ物は、減らすように変えていこうと感じました。

スポンサーリンク


コメントを書く

名前(匿名でもOKです) 

URL (空白でもOKです)

コメントを入力してください。

カテゴリー
人気記事
最近のコメント