借金体質

借金返済が滞納して苦しんでいる状態で見た数々の不思議な夢


正社員で働きながら、住宅ローン、クレジットカード、カードローンの返済と税金の分納を続けてきましたが、うつ病になってしまいました。うつ病になってから、会社を休職したのちに退職することになりました。

今は、うつ病、無職、金融機関に借り入れしている住宅ローン、クレジットカード、カードローンの返済ができなくなり、借金の滞納が続いています。

借金が慢性化して、うつ病になってから、よく見るようになった奇妙な夢の内容

金融機関からの催促、督促から逃げるような日々なので、毎日、夜中によく夢を見てしまいます。

 

夢の内容

誰かにメッタ刺しに刃物で刺されて血を吐いて死ぬような夢。

 

エレベーターの指定した階に止まらず、突然、乗っているエレベーターが高速で落下し続けてしまう夢。

 

果てしなく広いトイレに汚い便器がいくつも並んでいて、便器で用を足そうてして便器を開けると、他人の排泄物が残っていたり、周りも排泄物で汚れている夢。

 

夜中の海岸でピンク色のような色のイルカが泳いでいる夢。

 

夜中の海岸で小さい舟に乗っていて、目的地がないような、さ迷っている感じ。周りが暗いので奇妙で怖い雰囲気の夢。

 

借り入れが滞納する前から、このような同じ夢を、毎日ではないですが、よく見てしまうようになりました。そして、いつも飛び起きるように目が覚めてしまいます。

スポンサーリンク

 

就寝してから、よく寝たような気がしても、時計を見たら、まだ2時間くらいしか経過しておらず、二度寝してしまうと、また奇妙な夢を見てしまうそうで、怖くて眠れなくなることが、時々あります。

 

働いて借り入れをなんとか返済をしているときは、普通に寝ていましたし、奇妙な夢を見る機会は、ほとんどありませんでした。無職になり、うつ病になり、借り入れを返済できなくなってから、奇妙な夢に悩まされる日が増えました。

住宅ローン、クレジットカード、カードローンの借金が慢性化したことによる心身の状態

身体は、毎日、左胸が締め付けられるように、緊張している状態になってしまい、時々、電流が走ったように痛くなります。頭痛と眼球が痛くて、手足の指の関節が痛くて、時々、歩行すると足の関節が痛くなり、歩きにくくなったりします。

 

誰とも会話していない毎日が当たり前の日々になってしまい、人目を避けてしまうようになりました。外出するときは、いつの間にか帽子、メガネ、マスクが当たり前になってしまっていました。

 

いつも、無気力に襲われてしまい、目が開いていても電源が切れたように動かなくなってしまうこともあります。

 

住宅ローン、クレジットカード、カードローンなどの借り入れが滞納が続いていますと、心身にとても不健康だと感じます。僕の場合、借金が慢性化しているから、肩こり、首こり、胸こりが慢性化してしまっているように感じています。

 

整体院、鍼灸院へ通院すると、若いのに、固くてひどいコリだと、よく言われます。こんな状態で、そもそも生き続けることができるのか、命を保つことが、心細くなったりしている日々です。

スポンサーリンク

関連情報

コメントを書く

ニックネーム可です 

URL (空白可です)

コメントを入力してください。

カテゴリー
人気の記事
運営者

僕は、借金の体験談を書いている、大福天喜と申します。

借金総額 約1,400万円

滞納内訳
住宅ローン借り入れ残高 約700万円
銀行カードローン借り入れ残高 約300万円
クレジットカード借り入れ残高 約300万円
管理費等滞納 約50万円
税金滞納額 約90万円(分納)

運営者情報の詳細