借金体質

自己破産中でキャッシュレス対象外で消費税10%を払い続けている僕の話


消費税10%になり、支払いをキャッシュレスにすることで、2%還元の旗が目につきます。

僕はキャッシュレスの恩恵を受ける前に自己破産の手続きをしました。現金しか使わないように、弁護士から厳しく指導されています。

キャッシュレスとは

 

現状、「キャッシュレス」については、必ずしも、広範に共通的に認識されている定義があるわけではありませんが、例えば、「キャッシュレス・ビジョン」では、「物理的な現金(紙幣・硬貨)を使用しなくても活動できる状態」を指すこととしています。

 

現在、多種多様なキャッシュレス手段が登場しています。例えば、「クレジットカード」、「電子マネー」、「デビットカード」、スマートフォンを使った「QRコード」などの種類があります。タッチ式の決済であればスピーディーな決済、QRコードであればアプリ上で購買履歴が参照できるといったメリットがそれぞれに存在しています。実際にお金を払うタイミングについても、例えば、予めお金を入金して使う、電子マネーに代表される「前払い」、買い物時に口座から引き落とされるデビットカードの「即時払い」、クレジットカードの「後払い」といった類型が存在します。

 

このようにキャッシュレス決済手段には多様なものが存在します。消費者自身が自らの消費行動や利用場面(例えば高額決済であれば高いセキュリティが確保されたサインや暗証方式、低額決済であればサイン不要のタッチ式)に応じて使い易い決済手段を使い分けることができます。

 

キャッシュレスの意義

 

キャッシュレスの推進は、消費者に利便性をもたらし、事業者の生産性向上につながる取組です。消費者には、消費履歴の情報のデータ化により、家計管理が簡易になる、大量に現金を持ち歩かずに買い物ができるなとのメリットがあります。事業者には、レジ締めや現金取り扱いの時間の短縮、キャッシュレス決済に慣れた外国人観光客の需要の取り込み、データ化された購買情報を活用した高度なマーケティングの実現などのメリットがあります。

 

経済産業省ではキャッシュレスの紹介・普及を目的として、消費者向け、事業者向けの動画を作成してます。以下の動画を御覧ください。

〇動画

 

ひろがるキャッシュレス(消費者向け動画)

 

引用元:キャッシュレス(METI/経済産業省)

スポンサーリンク

 

キャッシュレスが出来ず不便と感じたこと

電車はICカードを使っていました。何年も乗車券を買う事はありませんでした。いつも、電車に乗車する前に、切符売り場を探さないといけないようになったことに気づきました。

 

また、切符売り場で現金を投入しないと乗車切符が買えない現実を目の当たりにさした時に、もうクレジットカードが使えないんだと自覚するようになりました。

 

また、コンビニやスーパーマーケットでもクレジットカードを利用していました。借金しているときは、財布に現金がほとんどなかったからです。

 

タバコや缶コーヒーを飲んでいた時も自動販売機ではなく、クレジットカードが使えるコンビニまで行って、タバコや缶コーヒーを買っていた時期がありました。また、お腹が空いた時の、軽食を買う時もクレジットカードを利用さしていました。

 

自宅の食材を買う時もクレジットカードが対応しているスーパーマーケットを利用していました。現金決済になってから、持っている現金に対して食材が買えるかどうか計算するようになりました。クレジットカード決済していた時は、イチイチ計算していませんでした。

 

 
また、衣服を買う時もクレジットカードを利用していました。セール品の衣類ばかりを選んで定価の衣類は買いませんでした。セール品の衣類を選んでクレジットカードを利用してきました。今では、現金が足りないと衣類が買えない現実に直面してキャッシュレスできない不便さを感じました。
 

家電製品を買う時もクレジットカードを利用していました。家電製品も新製品の一つ前の型を選んで、出来るだけ安上がりになるように意識して買っていました。

 

キャッシュレスの文字や広告を見る度、みじめな気持ちが湧いてくる

クレジットカードを弁護士に預けるようになって、現金だけの扱いになると、常に財布の現金がいくらなのか、強く意識するようになりまさした。

 

自己破産によってキャッシュレスの恩恵を受けれず、まともに消費税10%を支払い続けています。

 

キャッシュレスの文字や広告を見るたびに、なんだかみじめな気持ちになってしまいます。

 

自己破産したことによって、還元も受けられず、財布から小銭を見てたりるかどうか、お札を出すかどうか、レジの前に来る度に「僕は破産者なんだ」と消費税10%を支払ながら感じてくるようになりました。

スポンサーリンク

関連情報

コメントを書く

ニックネーム可です 

URL (空白可です)

コメントを入力してください。

カテゴリー
人気の記事
運営者

僕は、借金の体験談を書いている、大福天喜と申します。

借金総額 約1,400万円

滞納内訳
住宅ローン借り入れ残高 約700万円
銀行カードローン借り入れ残高 約300万円
クレジットカード借り入れ残高 約300万円
管理費等滞納 約50万円
税金滞納額 約90万円(分納)

運営者情報の詳細