自己啓発

Google流 疲れない働き方から快適な休み方について読んでみた


Pocket

僕は、うつ病で、寝る時間以外、目が覚めたまま、休めているのか、休んでいるのか、わからないような日々を過ごしています。基本的には、アパートで自宅療養をしています。一人暮らしなので、誰とも会話しないで、一日が終わることが多いです。会話するのは、2週間に一度の精神内科の先生との診察時間だけです。


スポンサーリンク

それ以外は、基本的にお話しません。自己破産中なので、たまに、弁護士さんから質問で通話することがあります。あとは、買い物の時にレジでお金のやり取りをする時に、「どうも・・・」と、言うくらいです。それ以外、声を出さないです。

 

テレビもリサイクルショップで買取してもらいましたし、スマホも必要以外にあまり使わないです。アパートに本は結構あるので、たまに目を通すくらいです。けど、声を出すこともありません。

 

うつ病なので、常に疲れているような状態です。布団で休んでいても、首、肩、背中が痛い状態で寝ています。うつ病の薬と神経痛の薬も飲んでいますが、痛みは変わりません。痛いままです。

 

このような毎日であり、心身の状態で、Google流 疲れない働き方を本屋さんで見かけて、思わず手を出してしまいました。そして、購入して読んでみることにしました。

聞きやすい音楽を聞いていると、気分が変わる

音楽で「環境」をつくる

 

簡単に自分だけの環境をつくるのにもってこいなのが、音楽です。
今はイヤホンで音楽を聞きながら、仕事をしている人も多いかもしれません。
作業によっては、音楽を聞きながら仕事をすると効率がよくなることが近年実証されつつあるようです。
僕も音楽をうまく使うとインスピレーションが湧きやすくなるので、よく使っています。僕のIPhemeのメモリの8割くらいは音楽で埋まっています。
個人的な感覚でいうと、

 

・自分の好きな曲 元気になる曲
・繰り返しの多い曲

 

がいいのだろうと思います。
自分の好きな曲であれば、やる気が出ますし、繰り返しが多い曲はトランス状態に近い形で、作業に没頭できる気がします。

 

中略

 

逆に、単に疲れた、様々なトラブルがあって疲れたという時は、
ちょっと落ち着いた音楽などを聞いてリラックスします。日本語の歌だったら、僕が今好きなのは「上を向いて歩こう」です。

 

引用元:ピョートル・フェリークス・グジバチ. Google流 疲れない働き方. SBクリエイティブ, 2018, 240P

 

音楽はアパートで、たまに、音楽を微量にして聞いているか、記事を書く時にしか聞いていません。聞いている音楽は、ディズニー系です。

 

アラジン、アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック -デラックス・エディション、リロ・アンド・スティッチ・オリジナル・サウンドトラック、モアナと伝説の海 オリジナル・サウンドトラック <日本語版>、アーロと少年、ディズニー・ウェディング・アルバム~ハッピー・エヴァー・アフターなど、他にもたくさんあります。

 

これらをランダムにしてリピートして流しっぱなしにしています。ディズニー映画自体は見ないのですが、音楽は聞きやすくて、リラックスしやすいです。

 

今まで、クラシックも聞いてきましたが、うつ病になってからクラシックを聴くと、なぜか、楽器の音によって、動悸がしてしまうことがあるので、ちょっとくらいの、クラシックでしたら、いいですが、ガッツリしたクラシック音楽は聞けなくなりました。邦楽は・・・、特に聞きたい音楽がまるでない・・・感じです。

 

ピョートル・フェリークス・グジバチさんは「自分の好きな曲であれば、やる気が出ますし、繰り返しが多い曲はトランス状態に近い形で、作業に没頭できる気がします。」と書かれています。

 

僕は、ディズニー系の音楽を聞きながら、記事を書いていると書きやすいです。ディズニー系の音楽を流していないと、借金体験談なので、苦しくて単純に書けない・・・感じになってしまうので、なるべく、楽しくて、聞きやすい音楽の環境を作ってから、書くようにしています。アパートでは、ほとんど聞かないです。近くに川が流れているので、窓を開けて川の流れている音を聞くようにしています。特に、夜になると、川の音が聞こえやすいので、リラックスしやすいです。

90分以上仕事を続けていました・・・

90分仕事をしたら休む

 

90分集中して仕事をしたら、しっかり休憩をとりましょう。定期的に休憩をとらないと、疲れてしまいます。
私たちには体内リズムがあります。有名な24時間周期の体内リズムである「サーカディアンリズム」のほかに90分刻みの「ウルトらディアンスリズム」というものがあります。
この90分を超えて集中し続けようとするのは、体内時計に反するので難しいですが、逆にいえば、90分であれば、集中も続けられるということです。
したがって、それに合わせて集中・休憩をとることで、自分のエネルギーを効率的に使っていくことができます。90分集中して仕事をしたら、10分ないし15分くらいの休憩をとることを意識してみてください。

 

引用元:ピョートル・フェリークス・グジバチ. Google流 疲れない働き方. SBクリエイティブ, 2018, 240P


スポンサーリンク

 

僕は、営業職で働いていた頃は、50分に10分の休憩があるところがあったのですが、「10分間も給料が発生している。ただ、休憩を与えているのではないぞ!!」みたいな感じで、脅されるように言われてきたので、休憩時間であっても、何だか気持ちよく休むことができませんでした。

 

事務職の時も、特にお昼休み以外、休憩時間がなかったので、ピョートル・フェリークス・グジバチの「90分集中して仕事をしたら、しっかり休憩をとりましょう。定期的に休憩をとらないと、疲れてしまいます。」は、まったくしたことはありませんでした。常に動きっぱなしでした。

 

「したがって、それに合わせて集中・休憩をとることで、自分のエネルギーを効率的に使っていくことができます。90分集中して仕事をしたら、10分ないし15分くらいの休憩をとることを意識してみてください。」と書かれています。

 

自己破産が終了して、うつ病になりながらでも、働いてもいいと担当医から言われるようになったら、「90分集中して仕事をしたら、10分ないし15分くらいの休憩をとることを意識してみてください。」をして仕事ができるようにしたいです。会社の社風によるから、急に実践するのは難しいかも知れませんが・・・。

仮眠以上取っていました・・・

仮眠はパフォーマンスアップに効果的

 

スペインなどでは長めの昼休み、シエスタをとることが一般的で、この時間帯を昼寝にあてる人も多いです。昼寝を聞くと、「仕事中になんてのんきな!」と憤慨する人もいますが、実はとても合理的なのです。
人間は、もともと昼寝をする動物です。

 

中略

 

どれくらい仮眠をとるのがベスト化についてはいろいろな説がありますが、最近の調査では10~20分くらいが効果的と言われています。僕はだいたい20分くらいです。
仮眠を30分以上とると深い睡眠状態に入ってしまい、そこで起きるとダルさが残るため、パフォーマンスアップには逆効果です。

 

中略

 

気持ちよく仮眠をとるためにも、居心地のよい場所を見つけておくのはお勧めです。グーグルには仮眠室がありましたが、仮眠室がなければ、人気のない会議室やミーティング席なども候補になるでしょう。
昼食をとったあと、天気のよい日なら公園のベンチで仮眠をとると気分がとてもすっきりします。

仮眠をとっている余裕がないというのであれば、椅子に座って深呼吸しましょう。そして、じっと目を閉じて、雨音や川のせせらぎを10分ぐらい聞いて心を落ち着けるだけでも、ずいぶん効果があります。瞑想と仮眠の中間くらいの休息です。

 

引用元:ピョートル・フェリークス・グジバチ. Google流 疲れない働き方. SBクリエイティブ, 2018, 240P

 

昼休憩時間は、いつも会社近くの公園に行っていました。そして、その時は、クラシック音楽を聞きながら、公園の椅子にもたれかかって、爆睡していました。20分どことか、30分、40分と寝ていました・・・。もう、寝ても、寝ても、あまりスッキリしないのです。ですが、寝ないと、もっと昼休憩後が眠くて仕方なくなるので、寝るようにしていました。

 

雨の日は近くのコンビニで100円のコーヒーを注文してから、フードコートで爆睡していました。店員さんがいるレジから見ようと思ったら、見える場所にフードコートがあったので、余裕で見られるような場所でしたが、相当疲れているように見えていたのか、迷惑な客だな・・・って思われていたかわかりませんが、とにかく、フードコートで机に伏せて寝ていました。起きてから、コーヒーを一気飲みしてから、仕事場に戻っていました。営業職の時は、そのようなことをずっと繰り返してきました。

 

事務職の時は、母親から弁当を持っていくように言われていたので、会社で電話番をしながら、机に伏せって寝ていました。20分以上は余裕で寝ていたと思います。起きた後は、いつもフラフラでした・・・。

 

ピョートル・フェリークス・グジバチのように「どれくらい仮眠をとるのがベスト化についてはいろいろな説がありますが、最近の調査では10~20分くらいが効果的と言われています。僕はだいたい20分くらいです。仮眠を30分以上とると深い睡眠状態にってしまい、そこで起きるとダルさが残るため、パフォーマンスアップには逆効果です。」と書かれています。

 

仕事のパフォーマンスダウンのまま、いつも仕事をしていたことを今さらになって知ることができました。今は、うつ病で、アパート待機を続けていますが、昼ご飯を食べた後は異常に眠くなります。布団の中で、2時間、3時間くらい寝てしまいます。それでも、首、肩、背中は痛いままだし、ボーっとするし、疲れがとれないし、なんだか、生きているのがツラいな・・・、みたいな感じで、何時間も寝ているのに、全然、気分転換にすらなれていません。

 

ピョートル・フェリークス・グジバチが書かれているように「仮眠をとっている余裕がないというのであれば、椅子に座って深呼吸しましょう。そして、じっと目を閉じて、雨音や川のせせらぎを10分ぐらい聞いて心を落ち着けるだけでも、ずいぶん効果があります。瞑想と仮眠の中間くらいの休息です。」毎日、仕事をしているわけではないので、昼ごはん後、ぐっすり寝るのではなく、瞑想と仮眠の中間くらいの休息にとどめてみようと考えました。


スポンサーリンク
Pocket




コメントを書く

お名前(ニックネーム可です) 

コメントを入力してください。

人気記事
プロフィール

大福天喜

慢性的な借金体質です。1000万円以上の借金を背負い続けて、うつ病と診断されてしまいました。40代で自己破産してしまった体験談ブログを書いています。

カテゴリー