自己破産

自己破産による家計収支表のレシートの仕訳作業が過去半年分溜まって大変


レシートを見ながら、エクセルに購入日、購入品目、購入した店の名前を、1ヶ月以上かけて、ひたすら入力してきました。交通費は、まだ計算していないので、これからです。もう、この記事を書きながら、気が滅入っています。

スポンサーリンク

レシートの山積み状態を見て、誰かに仕訳作業w手伝ってほしいけど、誰も手伝ってくれる人はいない・・・、だから一人でせざるを得ない・・・これが今の現実・・・

毎日、入力していたわけではありません。入力していない日がほとんどです。

 

入力しようとしても、何だか気が乗らない・・・、

 

眠い・・・、

疲れた・・・、

また、明日・・・

 

みたいな感じで、なかなか家計収支表と向き合うことができませんでした。

 

もう、弁護士との打ち合わせの時には、ひとまず三ヶ月分の家計収支表を提出しないといけないのに、残り1週間もないのに、ダラダラしたり、眠気が襲ってきて、布団で寝込んでしまったり・・・。

 

食べては寝て、起きてから食べては寝て、の繰り返し・・・。

気がついたら、夕方とか・・・。

 

家計集票のレシート、山積み状態・・・

 

はぁ・・・・

って感じです。

 

山積みになったレシートを月ごとにわける仕訳作業をしました。集中してやれば、1時間くらいですみそうな気がしたので、もう数日しかないので、思い切って、家計収支表のレシートや領収書の仕訳作業をしました。

 

何とか、仕訳はできあがりました。次は月ごとに、日にちを順番にしないといけません。月ごとに振り分けただけなので、日にちはバラバラです。

スポンサーリンク

それを見て、エクセルと照らし合わせて、合っているかどうかの確認もあります。

 

また、交通費は一切のレシートや領収書がないので、レシートの住所を見たり、病院に通院した日などを見て、この駅からこの駅まで電車を利用した日と運賃を調べないといけません。

 

とても、途方に暮れる作業です。

 

正直、こういった記事を書いている時間を使って、さっさと家計収支表に取り掛かればいいのに、それが、なかなかできないので、こういった誰にも頼れないし、苦しい、心の声を記事に書いています。

家計収支表と向き合うための唯一の食べ物

今日は、家計収支表の入力作業、レシート、領収書の仕分け作業、といつも以上に、結構、時間をかけました。ストレスまみれだったので、お菓子1つと同じ種類の菓子パンを二つ食べながら、家計収支表に立ち向かっていました。

 

お菓子や菓子パンを食べながらだと、ちょっとだけストレスが軽くなって、家計収支表と向き合うことができます。お菓子や菓子パンがないと、家計収支表に向き合えないことが、わかりました。

 

菓子パンやお菓子は、体によろしくないことはわかっていますが、家計収支表を完成させるのに、必要な投資と割り切って、お菓子や菓子パンを食べながら、弁護士との打ち合わせ当日までに、家計収支表の完成に向けて、お菓子、菓子パンと共にがんばっていきます。

スポンサーリンク

関連情報

コメントを書く

ニックネーム可です 

URL (空白可です)

コメントを入力してください。