自己破産

自己破産に必要な家計収支表のレシートの仕分け作業には苦労しました


弁護士との申立の打ち合わせまでに、指定された月の家計収支表の作成に追われています。気持ちが乗らない中での作業、孤独な作業、何となくツラい・・・。毎日、家計収支表の事は頭にあるのですが、どうしても、心身が動かない・・・。

スポンサーリンク

動いてほしいのに動いてくれない。弁護士からの宿題である家計収支表から逃げて、逃げて、逃げまくってしまいます。ですが、もう、弁護士との打ち合わせの期限が近くなってきたこともあって、がけっぷちに立たされた思いになって、ようやく山積みになったレシートに手を付けるようになりました。

レシート、領収書の仕分けした方法

レシートや領収書は、まず、山積みになっていて、月がグチャグチャになっていました。

そこで、まず、月ごとに仕分けしました。

 

次に、次の前半、後半に分けました。前半は1日~15日 後半は16日~月末までにしました。

 

その作業をするのに、3日以上かかりました。

 

その間に、何回も菓子パンやお菓子を食べながら、気を紛らわせながら仕分けしました。

弁護士に指定された月の家計収支表を作成するように言われたのは20日以上前だった

弁護士からは、結構な猶予をいただいたのに、なかなかできなかったのは、ストレスではありますけど、まるで、8月末のギリギリになってから、夏休みの宿題に取り掛かる学生のような気分でした。

スポンサーリンク

 

学生時代、勉強が大嫌いだったので、夏休みの宿題は、8月末だったり、時間をまたいで9月1日の夜中まで、宿題をして、徹夜で仕上げてばかりいました。

 

9月1日は、寝不足過ぎて、いつも部活を休んでいました。それほど、勉強が嫌いでストレスでしたし、学校自体が苦痛な場所でした。

 

徹底的に追い詰められてから、初めて必死になって、行動すると言う、無計画な人間です。お尻に火がつかないと行動できない人間だと改めて感じました。

 

自己破産のストレス、家計収支表のストレス、レシートを仕分けするストレス、と、ストレスだらけの作業を何とか完成させることができました。最後に、交通費の計算があります。レシートを見ながら、電車を使ったか、バスを使ったか、何の目的で行ってきたのかを洗い出さないといけません。

 

まだまだ、家計収支表が終わりそうもないのですが、弁護士との打ち合わせ、明後日・・・です・・・。

 

カクテルXYZ・・・もう後がない・・・。

 

もう、なりふり構わず、行動あるのみです・・・。完成できるかどうか、ではなく、何としてでも、完成させないといけない。たとえ、学生時代の夏休みの宿題に追われていたいたような、徹夜の経験を活かしてでも・・・。

スポンサーリンク

関連情報

コメントを書く

ニックネーム可です 

URL (空白可です)

コメントを入力してください。

カテゴリー
人気の記事
運営者

僕は、借金の体験談を書いている、大福天喜と申します。

借金総額 約1,400万円

滞納内訳
住宅ローン借り入れ残高 約700万円
銀行カードローン借り入れ残高 約300万円
クレジットカード借り入れ残高 約300万円
管理費等滞納 約50万円
税金滞納額 約90万円(分納)

運営者情報の詳細