自己破産

自己破産の家計収支表作成.VS.大量の菓子パンとマックフライポテトL


家計収支表の提出、前日の朝、目覚ましをかけて、早朝に置きました。何としても家計収支表を仕上げないといけないと言うプレッシャーを感じつつ、眠い体を無理に起こして、レシートの住所を見ながら、交通費を調べると言う過酷な作業をしていました。

一応、病院とかの通院日はメモしていたので、わかるのですが、買い物とか、電車を使っていた時など、いちいち、降りた駅と運賃を調べないといけないと言う非常に面倒な作業と向き合っている段階です。

 

前日までに、終えていてもおかしくない作業ですが、家計収支表、レシート、領収書から逃げて、逃げて、逃げまくってきた結果、弁護士との打ち合わせの前日まで、未完成と言う状況に追い詰められました。

家計収支表と向き合うのがストレス

普段から自宅療養をしているので、こういった作業に慣れていなくて、しかも自己破産の家計収支表と言うお金に関する事なので、朝からストレスMAXです。前日に買っておいた、何種類かの菓子パンとお菓子を、朝っぱらから全部食べてしまいました。

全部食べないとやっていられないって言う感じでした。

 

菓子パンが切れると、買い込んでいた、カット野菜、鶏の胸肉、玄米にバターを入れて、しょうゆをまぶして食べました。

 

朝からこれだけ、食べるのは、珍しいです。お腹が空いて、食欲を満たすためではなく、家計収支表と向き合うためのストレスを発散させるために、食べたくなってしまうと言う過食症のような症状での食べ方でした。

 

夜になっても、家計収支表のレシートと、にらめっこして、交通費を調べる作業を黙々とこなし続けていました。

 

昼間は、もう、眠くて眠くて仕方ありませんでした。もう、意識朦朧状態がずっと続いて、意識があるのか、ないのか、現実なのか、夢なのか、その区別がつくようなつかないような、フラフラした状態に陥ってしまいました。もう、完全なるストレスMAXにやられてしまったようです。

スポンサーリンク

 

横になって寝ないと、ストレスで精神崩壊しような勢いだったので、意識朦朧の中、寝間着に着替えて、布団にくるまって・・・、そのまま、夢の世界へ直行してしまいました。そして、数時間経過してしまっていて、気がついてたら、夕方になっていました。

 

夕方になって、少しだけ、意識がマシになってきたので、再び、家計収支表と向き合うことにしました。その前に、うつ病の薬などを飲むために、夕ご飯を食べることにしました。

夕ご飯は、朝ご飯とまったく同じだった・・・

夕ご飯は、朝ご飯と一緒です。

 

菓子パン、カット野菜、鶏の胸肉、玄米にバターを入れて、しょうゆをまぶして食べました。

 

それプラス、マクドナルドに行って、、マックフライポテトL(クーポン番号を店員に見せて)を注文しました。マックフライポテトLを一気に平らげて、ホットコーヒーを注文して、目を覚ますため、そして、明日の弁護士との申立てに必要な家計収支表を何としてでも提出するため、徹夜覚悟で臨むつもりです。

 

そのための戦闘準備、8月末に夏休みの宿題に追われている学生のような、どうしようもない40代のおじさんの行動です。

家計収支表作成 VS 菓子パン、マックフライポテトL

今夜は、家計収支表作成 VS マックフライポテトL、ホットコーヒー、追加で菓子パンを買ってきて、夜を家計収支表のために掛けます。

 

一人孤独なので、行動は自由ですが、精神的に自分に負けてしまいそうになる場面が、何度も襲ってくるので、そのたびに、菓子パンを食べたり、お菓子を食べたりして、やる気がなくなる心を追い出すために、菓子パンをかじり続けます。今日のカロリー摂取量は、いつもの5倍以上かもしれません。あくまで推定ですが・・・。それほど、今日は、菓子パンをたくさん食べました。

 

自己破産をするため、何としても家計収支表の完成をさせないといけない、通過しないといけない、過酷な試練を乗り越えるために、菓子パンをかじりながら、必死に家計収支表にかじりつき続けます。

スポンサーリンク

関連情報

コメントを書く

ニックネーム可です 

URL (空白可です)

コメントを入力してください。

カテゴリー
人気の記事
運営者

僕は、借金の体験談を書いている、大福天喜と申します。

借金総額 約1,400万円

滞納内訳
住宅ローン借り入れ残高 約700万円
銀行カードローン借り入れ残高 約300万円
クレジットカード借り入れ残高 約300万円
管理費等滞納 約50万円
税金滞納額 約90万円(分納)

運営者情報の詳細