住宅ローン滞納

クレジットカードの持ちすぎで家が買えなくなることもあるとは知らなかった


すでに自己破産の手続をしてしまったので、僕名義である持ち家を失う身です。クレジットカードの持ちすぎによって、家が買えないなどと、今になって知ってしまったわけですが・・・。

スポンサーリンク

今後の人生で自己破産したことによる反省を活かす意味でも、書いておきたいと考えました。カードを持ちすぎると家が買えないとは、どういうことか、感想を交えて書いていきます。

住宅ローンを完済するつもりで借りたのに自己破産してしまうことになった運命

カードを持ちすぎると家が買えなくなる!?

 

もっと深刻な問題になるのが家を買うとき。銀行が住宅ローンを融資するときの基本スタンスは、返済利率を収入の35%に抑えることです。
たとえば、毎月の手取り給料が30万円の人なら、月々の返済額が10万5000円を超えないようにするわけです。ただし、これには注意書きがあります。

 

ほかの借り入れと合わせたトータルが35%なのです。

 

ほかに借り入れがなければ35%まるまる借りられますが、仮にクレジットカードでリボ払い、分割払いなどで月々3万円の返済をしているとすると、先ほどの例で言えば、10万5000円-(マイナス)3万円で、銀行は月々の住宅ローンの返済額が7万5000円までしか貸してくれません。
要するに、住宅ローンで借りられる額が少なくなってしまうのです。こうして、収入的には十分返済可能な金額なのに、住宅ローンの審査で落とされる結果になってしまいます。

クレジットカードをたくさん持っていると、もっと最悪なことも起こります。あなたが気づかないうちに、あなたの信用がなくなっているかもしれないのです。
クレジットカードで買い物をしたとします。そして、その支払いを忘れていたとなると、それは"入金遅れ"と金融機関の信用情報に記録されます。
それが1回や2回であれば大した問題ではありませんが、何回もあると、「この人は信用できない人だ」と見なされ、住宅ローンの融資を断られることがあります。銀行は、当然ながら、貸したお金が返ってこないことをもっとも嫌います。

 

中略

 

ですから、クレジットカードは2枚にしぼり、決済口座はともに給料振込の口座にすべきです。まだ家を買う予定がない人も、いずれ住宅ローンと向き合う時期がやってきます。そのときに慌てても、もう遅いのです。

 

引用元:菅井敏之. お金が貯まるのは、どっち!?. アスコム, 2014, 223P

 

住宅ローンを借り入れるとき、不動産屋さんから収入の3割くらいまで借りれることは聞いたことがあります。ただ、「ほかの借り入れと合わせたトータル3割」とは知りませんでした。その時、たまたま奨学金以外の借金をしていない状態でした。

 

正社員として5年以上の勤務をしていて事務職で役職も付いていましたので、不動産屋さんからしたら、連帯保証人もいらないと言われたことを覚えています。

 

まさか、この時、未来に自己破産をして、持ち家を手放してしまうことになるとは夢にも思わなかったです。住宅ローンを借り入れたとき、35年の固定金利で借り入れした住宅ローンを完済するつもりでした。住宅ローン以外の借金が増えてしまったのは、その半年後くらいからでした。

スポンサーリンク

クレジットカードは2枚どころではなかった

住宅ローンを借り入れた直後から会社の人間関係がこじれていき、パワハラを受けるようになりました。そのパワハラに耐え続けることが出来ず、住宅ローンを借り入れて半年後に正社員を退職してしまいました。

 

退職した翌日から無職になりました。無職になってから、正社員の就職活動をしましたが、全然採用されませんでした。収入を確保するために、派遣会社に何社も登録したりして、派遣社員、アルバイト、無職を繰り返す人生になりました。

 

正社員時代と比べて年収が1/5くらいになってしまい、住宅ローン、管理費、固定資産税を支払うことが困難になっていきました。そして、とうとう銀行のキャッシングに手を出してしまい、カードローン、クレジットカードを多用するようになりました。クレジットカードは2枚どころか、4枚以上のカードを分散して決済していたような感じでした。

慢性的な借金に、自分にも借金にも勝つことができなかった

数年後には、元金の返済額より利息の返済額を上回るようになってしまい、その事に気づきながらも、繰り越し返済など出来ず、ただ、生活を続けていくために、カードローン、クレジットカードを使い続けるしかありませんでした。

 

ようやく正社員の雇用が決まったころには、かなり借金に苦しんでいる状況でした。借金を完済するために、インセンティブの高い営業職を選んで、営業成績を上げて、上げて、上げまくって、お金を稼いで行こうと思っていました。

 

そこそこ、インセンティブがいただける月も出てきたりして、借金の返済を続けることは出来ましたが、繰り越し返済までは、なかなかできませんでした。そうして、慢性的な借金に付き合い続けて、営業職と言う、過酷な世界に飛び込んだストレスや睡眠不足など、様々な疲れが蓄積されてしまったのか、会社の産業医から精神内科を受診するように指導されてしまいました。

 

そして、会社近くの精神内科に通院するようになりました。通院を続けていき、うつ病と診断されてしまい、会社を休職したのちに、退職することになってしまいました。

借金の中に隠れていた地雷を踏んでしまった感覚

そして、のちに無収入となってしまい、借金が滞納してしまい、うつ病で、精神状態もどうしようもなくなく、働く気力もなくなってしまっていて、弁護士にお願いして自己破産となりました。慢性的な借金によって倒されてしまいました。

 

銀行カードローンやクレジットカードの利息が多すぎて、元金がまったく減りませんでした。お金のストレスが大きなウエイトを占めていたかも知れません。信用情報はブラックになってしまって、家を買う機会は、当面失うことになるので、住宅ローンを借り入れたり、銀行のキャッシング、クレジットカードを使うことはできなくなりました。

 

キャッシュレスの時代に現金しか使えない信用のなさに自分が情けない気持ちになったり、虚しく、悲しくなってしまうこともあります。ですが、現実的に現金のみで生きていくしかなくなりましたので、仕方ありません。

 

借金の中に隠れていた地雷を踏んで爆発してしまったのが自己破産のような感覚でした。ただ、もう二度と債務整理するような、借金を積み重ねるような行為はしたくないと感じました。

スポンサーリンク

コメントを書く

お名前(ニックネーム可です) 

コメントを入力してください。

アクセスランキング(過去7日間)
プロフィール

大福天喜

慢性的な借金体質です。1000万円以上の借金を背負い続けて、うつ病と診断されてしまいました。40代で自己破産してしまった体験談ブログを書いています。

最近の記事
カテゴリー