うつ病

うつ病になってから、死の恐怖に怯えることが増えてしまった


最初に、死の恐怖に怯えたことは、うつ病になって、3ヶ月くらいしてからでした。今でも鮮明に覚えています。横になってクラシック音楽を聴いている最中に、急激な動悸に襲われてしまい、心臓がバクバク、ドキドキして、息苦しくなってきました。

スポンサーリンク

そして、「もう、死ぬ!今日、死ぬ!」って、人生で初めて、この世から自分が消えてしまうと感じてしまいました。

 

死の恐怖に襲われてしまい、道路でうずくまってしまう

死に勝る不安なんてない

 

前略

 

僕にとって一番恐れるものは「死」だ。これほどまでに恐怖を感じさせるものはない。死は太古の時代から人間にとっての永遠のテーマであり、恐れられてきた。死を考えることは、あらゆる物事の根源なのだ。
僕の中には死というものが深く根付いていて、死の恐怖を克服することこそが、僕が生きていくうえでの最大のテーマになっている。

 

中略

 

今でも死の怖さがまったくないとは言わないが、できるだけ考えないような仕組みは見つけることができた。それは、単純なことのように思えるかもしれないが、死を考えない習慣づけをしていくことである。そのためには、忙しくすることが一番の解決策で、とにかく死のことを考える余裕を作らないのだ。
暇だから、不安という余計なことを考えてしまう。そんな無駄なことを考える余裕を自分に対して与えないために、僕はのんびりすることなんて、基本的にはない。常に前だけを見て突き進んでいる。

 

中略

 

仕事でも勉強でも人と会うことでもいい。とにかくいろいろと詰め込んで、忙しく頭を使う。
それが不安に対する一番の解決策だ。何かに没頭して取り組むことで、不安なんて考えずに済むし、取り組んだことは必ず自分の成長となって表れてくるはずだ。

 

引用元:堀江 貴文. 夢を叶える「打ち出の小槌」. 青志社, 2019, 232P

 

このままだと本当に、あの世に行きそうな感覚になったので、とにかく外に出て、深呼吸を繰り返しました。しかし、動悸は収まりませんでした。

 

「もう、死ぬ・・・、死ぬのが恐い・・・。もう、この世に必要なくなったのか・・・。」

 

夜の空を見て、自分の意識が身体から抜けていくような感覚をしてしまって、このまま意識が遠のいてしまうのではないかと、感じてしまいました。あまりにも、部屋から急いで、出ていく時に、玄関で

 

「死んでしまう!!」

 

と、叫びながら、出ていったので、同居していた母親は心配してか、道路でうずくまっているのを見て、

 

「どうしたの??」

「なにがあったの??」

 

と、声を掛けられました。

母親を抱きしめたのは、いったい何年振りだろうか・・・

いても経ってもいられず、とにかく、母親を抱きしめて、

 

「死ぬ・・・、死ぬ・・・、死にそう・・・、動悸がして、もう、しんどい・・・、今日、死にそう、今日、死にたくない・・・」

 

と、必死になって母親を抱きしめながら、死に怯えながら、母親に言い続けました。母親は、とにかく慌てたのか、背中をさすり続けてくれました。そして、

スポンサーリンク

 

「救急車を呼んでほしい!」

「もう、耐えられない!」

「このままだと死にそう!」

 

と、必死になって、意識が遠のく中、動悸に襲われて、母親に言い続けました。しばらく、道路で母親を抱きしめながら、時には、うずくまって、必死になって

 

 

「生きたい!」

「生き続けたい!」

「死にたくない!」

 

 

と、必死になって自分に言い聞かせました。しばらく、うずくまっていると、だんだん、少しだけ動悸がおさまってきて、だんだん死の恐怖が、遠のいていきました。

死の恐怖から、大量の汗、手足の痙攣に襲われてしまい、水分をひたすら飲んだ

ところが、その日の夜、手足が痙攣してしまい、上半身から汗がびっしょりにかいてしまい、また、死の恐怖を感じるようになりました。精神内科から処方された睡眠薬を飲んでも、あまり効かず、眠れませんでした。

 

睡眠薬を飲んだのに、1時間くらいしか、眠れませんでした。そのあと、深夜の2時、3時、4時、5時と、全身の汗が止まらず、手足が痙攣して、

 

「これは、死の前兆なのか・・・」

 

と、布団の中で死の恐怖に怯え続けました。

 

早朝になって、母親が起きてきて、

 

「コンビニでも、どこでもいいから、スポーツドリンクとウィダーインゼリーを出来るだけ、たくさん買ってきてほしい」

 

とお願いしました。

 

そして、母親は、スポーツドリンクの2リットルを二本、ウィダーインゼリー3個くらい購入して帰ってきました。

 

とにかく一心不乱でスポーツドリンクを大量に飲んで、ウィダーインゼリー3個、全部消化しました。すると、しばらくしてから、だんだんと収まってきました。夜中に何度も救急車を呼ぼうと思い続けましたが、その心配がだんだんと遠のいていきました。

 

そして、死の恐怖がだんだんと、遠のいていくような感覚になり、生きることができると、感じることができました。

記事を書き続けているのは、死の恐怖からの回避のため?

その後も、うつ病の薬を飲み忘れた時は、しばらくすると、手足がしびれてきて、死の恐怖に怯えるようになってしまう体質になってしまいました。精神内科から処方される、うつ病の薬が欠かせなくなりました。

 

堀江貴文さんは「今でも死の怖さがまったくないとは言わないが、できるだけ考えないような仕組みは見つけることができた。それは、単純なことのように思えるかもしれないが、死を考えない習慣づけをしていくことである。そのためには、忙しくすることが一番の解決策で、とにかく死のことを考える余裕を作らないのだ。」と書いてくれています。

 

うつ病になってから、自宅待機状態になって、ほとんど引きこもりになりました。今まで、借金を返済するために、必死になって働き続けてきました。自宅でも仕事のマニュアルを作ったりして、暇な時間は、ほとんどありませんでした。

 

今は、記事を書いている時間が、物事に没頭している時間となって、死の恐怖から遠のくようになりました。そういったこともあって、記事を書き続けていることをしているのかも知れません。借金の暗いことを書いてばかりの記事が多いですが、生き続けるためにも、これからも、続けることが可能な限り、記事を書き続けていきたいです。

スポンサーリンク

コメントを書く

お名前(ニックネーム可です) 

コメントを入力してください。

アクセスランキング(過去7日間)
プロフィール

大福天喜

慢性的な借金体質です。1000万円以上の借金を背負い続けて、うつ病と診断されてしまいました。40代で自己破産してしまった体験談ブログを書いています。

最近の記事
カテゴリー