本を読んで気づいたこと

宝くじの当る確率、還元率を見たら、投資としてOKなのか


宝くじを買った事はありません。周りの友だちも宝くじを買っているとか聞いたことがありません。また、当ったとも聞いたことがありません。

スポンサーリンク

宝くじは、もっとも、当りにくいと聞いたことがありましたので、買ったことがありません。菅井敏之さんの「お金が貯まるのは、どっち!?」を読んでいて、宝くじに書いていることがありましたので、共有の意味で書いてみます。

宝くじの当る確率と宝くじに価値があるのか・・・?

「お金持ちになりたい!」と願う人がついつい手を出してしまうものがあります。

 

「宝くじ」です。

 

年に1度だけ「夢を買いたい!」という気持ちもわからないではありません。
しかし、宝くじほど還元率が低いものはありません。還元率とは、集まった総額のうち、何%を購入者にバックするかをあらわします。
ギャンブルの還元率を見ていくと、パチンコは約95%(店によって多少異なる)、競馬や競輪は75%。これに比べて、宝くじは45%しかありません。
つまり、宝くじは残りの55%が、経費や税金に支払われているのです。これは、たとえば1000万円で投資信託を購入したとき、55万円を手数料で取られるようなものです。
こんな還元率の低い金融商品を買ってはいけません。当たるわけがないのですから。

スポンサーリンク

 

引用元:菅井敏之. お金が貯まるのは、どっち!?. アスコム, 2014, 223P

 

菅井敏之さんも「こんな還元率の低い金融商品を買ってはいけません。当たるわけがないのですから。」と書かれています

し、そう感じます。宝くじを買う店のコツみたいな風水みたいなテレビ番組などを見たことがありますが、微妙だと感じました。

 

それだったら、普通に仕事をしてお金を稼いだ方が確実にお金が入ってくると感じました。菅井敏之さんも書かれている通り、夢をお金で買うことは難しいようですね。今回、このような見出しを読むことになったので、今後も宝くじに頼る事はないでしょう・・・。

 

還元率で見ても、ギャンブル、パチンコ、競輪、競馬と比べても宝くじは低いと書かれています。宝くじの行列を良く見かけますが、並ぶのも面倒だし、当たる確率も非常に低そうだし、夢と言ってもお金の塊がもらえるだけなので、夢を買うと言う発想がよく理解できないなって感じました。夢を買うってお金をもらうってこと・・・?

スポンサーリンク

コメントを書く

お名前(ニックネーム可です) 

コメントを入力してください。

アクセスランキング(過去7日間)
プロフィール

大福天喜

慢性的な借金体質です。1000万円以上の借金を背負い続けて、うつ病と診断されてしまいました。40代で自己破産してしまった体験談ブログを書いています。

最近の記事
カテゴリー