借金体質

フェルミ研究所の自己肯定感が低いとどうなるのか?を見て自分事に見えた


Youtubeでいつも見ているチャンネルがあります。それは「フェルミ研究所」です。なんだか自分に当てはまっていることが多く気付きも多いチャンネルなので、見る機会が増えました。

スポンサーリンク

今回は、「【漫画】自己肯定感が低いとどうなるのか?【マンガ動画】」を見て自分は自己肯定感が低いことに気づきました。また、自己肯定感が低い理由もわかった気がしました。

 

Step1.自己肯定感が低いと「自信がない・行動できない」

小学生の頃から、勉強をする気がありませんでした。いつも、授業を聞いているだけで、黒板に書いている文字をただ、ノートに写す作業をしているだけでした。

 

成績は良いに丸はありませんでした。悪いに丸ばかりが並んでいました。勉強の仕方がわからず、ずっとノートに書き写すだけで、何も知識は頭に入りませんでした。

 

先生の言っていることの意味が理解できませんでした。友だちにも成績が悪いことをからかわれることが多くて、バカにされたり、アホ扱いされたりして、学校がとても苦痛でした。

 

勉強ができなかったので、自信がない、行動しているつもりで、行動できない、そんな学生生活を送っていました。

Step2.自己肯定感が低いと「人の目が気になる・疲れる」

うつ病、発達障害、ADHDになってからか、帽子を深くかぶって、メガネをかけるようになりました。マスクまでは付けませんが、人の目が気になって仕方ありません。

 

別にみられているわけでもないのは、わかるのですが、帽子、メガネをかけて自分を隠さないと不安になってしまうのです。また、首、肩、背中が毎日、痛くて、肩には何かに常に取り付けられているような感じがして重たいのです。

 

重たいものを背負い続けているからかわかりませんが、首、肩、背中に負担がかかってしまっています。今まで、整形外科、マッサージ治療院、整骨院、整体院、鍼灸院に通院をしてきましたが、首、肩、背中の痛みは消えないままです。

 

MRI、CTを撮影しても異常なしで、繊維筋痛症の可能性があると医師に言われているだけです。自己肯定感が低いから、いつまで経っても首、肩、背中が痛いままなのかなって感じました。

Step3.他人の評価=自分の価値になる/親の影響もある

他人の行動に合わせることばかりに気を取られて自分のやりたいことなど、他人に合わせてきました。学校でも職場でも嫌いな人であっても自分を押し殺して人に合わせてきました。

 

いろんな人から「自分がない」とよく言われました。飲み会の席でも言いたい事が言えないので、周りの人たちのビールつぎだけしているだけです。

スポンサーリンク

 

そして、周りから言われる言葉にただ、合わせるだけで、争いごとが起こらないように無難に物事を終わらせるだけで、異論を唱えたり、論議したりすることはまったくしません。

 

どうしても、人に何か嫌なことを言われるのが恐くて仕方ないからです。また、自分が否定されてしまうのが恐くてどうしても人に合わせてしまう自分がいるのです。

Step4.自己肯定感が低いとネガティブな声が聞こえる

人から言われたこと、見ていること、今の状況、すべてネガティブに感じてしまっています。うつ病、発達障害、ADHD、借金を返せず自己破産、友だちがいない、一人暮らしで、引きこもり状態、誰とも会話していない、ような状況です。

 

人と会話するとしたら、精神内科の先生、弁護士、発達障害の職員との面談の時だけです。それ以外、会話することがありません。自己破産する前までは、母親と二人で同居し続けてきましたが、自己破産をきっかけに別居することになりました。

 

お互い人生初の一人暮らしをすることになって、僕は、うつ病、発達障害、ADHD、自己破産を抱えながら、首、肩、背中の痛みに耐えながら毎日を過ごしているだけです。

Step5.「好きで得意なこと」をやると自己肯定感が育つ

好きで得意なことが見つかりません。学生時代からテレビゲームばかりしていました。小学生の時に両親が離婚したことで大きなショックを受けたことが自己肯定感が低くなった原因かもしれません。

 

過去の成績表を見てみると、父親がいているときの成績は良いの丸ばかりで、悪いが一つもありませんでした。両親が離婚してから、良いの丸がなくなり、悪いの丸ばかりが並んでいる状態でした。

 

父親は離婚した翌年に浮気相手と再婚しました。さらに、僕は浮気相手を紹介されたこともありました。浮気相手の女性は母親とはタイプが違いました。僕の母親は神経質で人を寄せ付けない、自分の事を言いたくないタイプです。

 

父親の再婚相手は神経質でなく、自分の事を隠さず、食堂のおばちゃんって感じの安心できるタイプの女性でした。父親が浮気相手を選んだ理由がなんとなくわかった気がしました。

 

ただ、僕としては、両親が離婚したことで過去に自己肯定感が低くなったまま、今日まで来てしまいました。フェルミ研究所の、「【漫画】自己肯定感が低いとどうなるのか?【マンガ動画】」を見て、好きなこと、得意なことをやらないと自己肯定感が育たないことを知りました。

 

借金体験談を書いている間は、自己肯定感が低いとか高いとか何も感じない状態と言うか、ただ、嫌な時間から解放されるために書いているような感覚で書いているような気がします。

 

本当の好きで得意なことを見つけて自己肯定感を育てていきたいと感じました。

スポンサーリンク

コメントを書く

お名前(ニックネーム可です) 

コメントを入力してください。

ここ一週間よく読まれている記事
プロフィール

大福天喜

慢性的な借金体質です。1000万円以上の借金を背負い続けて、うつ病と診断されてしまいました。40代で自己破産してしまった体験談ブログを書いています。

カテゴリー