自己破産

破産管財人と面談の前日の夜に考えていること心境など


Pocket

自己破産手続をして、家計収支表を書き続けてきて、弁護士と何度も面談して、一つの山場となる破産管財人との面談が明日にあります。


スポンサーリンク

弁護士から言われて用意するものは、すべて用意しました。あとは、寝坊せずに遅刻せずに、破産管財人が在籍している法律事務所に弁護士と一緒に行くだけです。

正々堂々と破産管財人と面談しようと思っていますが・・・

自己破産のマニュアル本を読んだのですが、破産管財人の性格によって厳しい尋問を享けたりすると書いてありました。弁護士から事前に破産管財人が誰かを教えてもらうことができました。

 

ホームページの写真を見ると真面目な方の印象を受けました。しっかりしてそうな雰囲気で厳しい尋問をたくさんされてしまうのではないだろうかと想像しています。

 

ただ、やましいこと、隠し事、小細工するようなこともないので、正々堂々と破産管財人と面談しようと考えています。

破産管財人対応するマニュアルとか読むべきだったのだろうか・・・

どのようなことを言われても仕方ないと思っています。自己破産してしまった自分が悪いと自覚しています。反省しています。反省しても反省しても反省しきれません。

 

債権者に借金を返さずに自己破産をしてしまうのですから、自己破産した経緯など、どんな質問をされても、どんな厳しいことを聞かれても仕方ないと思っています。


スポンサーリンク

 

破産管財人との面談は当然ながら経験したことはありません。また弁護士から破産管財人の面談対策は、一切何も言われていません。破産管財人対応マニュアルのような本も読んでいません。

 

何も知らない方がいいのか、勉強しておくべきなのか、それすらわかりません。弁護士が同席してくれるので、横で弁護してくれるのか、してくれないのか、何もわかりません。

もう二度と借金はしたくない、お金と健康に向き合える自分になりたい

僕は、うつ病、発達障害、ADHDなのですが、病気のせいにして、どうこうするつもりもありません。ありのままを語り、ありのままを受け入れて、ありのままの自分で破産管財人との面談に臨みたいと考えています。

 

今は、ちょっと緊張していて、ちょっと冷静でなくて、ちょっと、ついにここまで自己破産が進んでいるのかって、噛みしめています。

 

首、肩、背中は、相変わらず痛くて、うつ病の薬を飲まなかったら、胸が苦しくなってしまうので、絶対に、うつ病の薬をかかすことができません。

 

朝、昼、夜と、うつ病の薬が出ています。それと、リウマチの薬も一緒に呑んでいます。うつ病、リウマチの薬漬けになっています。

 

心身共に非常にツラいです。ツラいですが、明日と言う日を避けることはできません。緊張してきました。

 

明日、自分はどうなってしまうのか・・・。明日の破産管財人との面談の数ヶ月後には、債権者集会もありますので、これからの人生で借金しないために、お金との向き合い方を考えていきたいと思います。


スポンサーリンク
Pocket




コメントを書く

お名前(ニックネーム可です) 

コメントを入力してください。

人気記事
プロフィール

大福天喜

慢性的な借金体質です。1000万円以上の借金を背負い続けて、うつ病と診断されてしまいました。40代で自己破産してしまった体験談ブログを書いています。

カテゴリー