節約術

捨てることでお金が貯まる方法について「金持ちになる人の財布」を読んだ


Pocket

捨てることでお金が貯まると言うことが何となくわかる気がします。羽根田 修さん著書の「金持ちになる人の財布、貧乏になる人の財布」の「お金が貯まる環境をつくる」を読んで、


スポンサーリンク

捨てることの大切さを改めて感じる機会があったので、書き留めてみることにしました。

捨てるのは、もったいないけど、誰かに手放す方法は、いくらでもある

お金が貯まる環境をつくる

 

「見られている」と片づけられる

 

前略

 

私はこれまで進学や就職などの理由で、6回引っ越しています。引っ越す前に、使うモノ、必要なモノだけにしておかないと、ムダな作業やお金がかかります。だから、強制的に一つひとつのモノと向き合ってきました。
特に、捨てる作業は苦痛をともないます。つい「もったいない」「まだ使えるかも」と思ってしまう。でも、そう思って残したモノは、引っ越し後もほとんど使わなかったですし、なくてもどうにかなりました。
6度の引っ越しによって、私はモノを減らす機会に恵まれ、捨てる経験値がアップしたのです。

 

引用元:羽根田 修. 金持ちになる人の財布、貧乏になる人の財布. 中経出版, 2012, 255P

 

僕は、引っ越しする前にモノを捨てたことはありません。引っ越し前に捨てるかどうか、考える余裕が出て来ないからです。

 

引っ越しした後に、モノを捨ててきました。捨てる方法は、単純に燃えるゴミとか、燃えないゴミに出したことはありません。

 

ゴミに出すのは、何だか抵抗があって、どうしても、捨てることができないのです。捨てるより誰かに使われる方がいいと言う考えをしているので、今まで、友達に売ってきたり、出張買取、宅配買取、リサイクルショップへ持ち込み、ジモティーで0円で譲ってきたりしました。

 

捨てるとなると抵抗が生まれて手放すことはできないのですが、誰かに使ってもらえるなら、手放すことができる感じです。

出張買取

出張買取は、査定する人が買取するか、買取してくれないか、買取価格を提示してくれるシステムです。

 

僕は、過去に出張買取を利用したことがありましたが、買い取ってもらった事は一度もありませんでした・・・。っと、言っても、出張買取は一度しか利用したことがありません。

 

出張買取は値段がつかなかったら、持って帰ってもらうことができないので、呼び出した時間が損みたいな感じの部分を感じました。

 

出張買取の会社側としても、買取できなかったら、出張した時間が損してしまうので、絶対に買取してもらえるようなモノを提示しないとお互いに無駄な時間を過ごしてしまうことを身を持って感じました。

宅配買取

今まで、よくお世話になってきた買取方法です。宅配買取の会社に依頼したら、指定のダンボールが送られてきます。そのダンボールに不要品をひたすら詰め込んで、宅急便に着払いすると言う感じです。

 

ただ、買取値は相当低いです。宅配買取業者の指定のダンボールを送ってくる料金、荷物を着払いする料金がおそらく差し引かれた上で、査定されていると考えられます。

 

着払い料金が高いと、それだけ多くの査定料金が差し引かれているような感じはします。何度か利用してきましたが、ダンボール一杯に、モノを詰め込んだのに、「50円」とか「10円」とかでした。もしくは、「400円」の買取に対して振込金額「400円」を差し引いて「0円」になるので引き取りになりますと言う結果もありました。

 

宅配買取でお金のリターンを望むなら、トレンドになっている貴金属とかブランドモノとか、レアなトレーディングカードなど、市場価格が高額なモノであれば、満足した金額で買取してもらえる可能性があると感じました。


スポンサーリンク

リサイクルショップへ持ち込み

今まで、一番多く利用してきた買取方法です。ゲーム機本体とかソフト、衣類など、何でも持っていった事がありました。ただ、値段がつかないと持って帰らないといけない可能性もあるので、重い物だったり、買取してもらえるか微妙なモノは持ちこまない方が無難です。

 

1円でも買取してもらえる可能性のあるものでしたら、持ち込みしてもいいと思いますが、明らかに、誰も使ってくれないであろう汚れまくっているモノとかは、持ち込みを控えた方がいいかも知れません。

 

汚れていても、市場価値があるものでしたり、画面が割れたスマホでしたら、リサイクルショップ側の判断で買取してもらえるかも知れません。

ジモティー

結構、お世話になったシステムです。僕は0円で出品して譲ることしかしたことがありません。

 

主に、洋服ダンスとか、ベッドとか、机とか、重いモノ、部屋から持ち運びが難しい物を出品することが多いです。値段はつかなくていいので、誰かに使ってほしい。あるいは、無料で処分したい場合はジモティーは結構、使えます。

 

ただ、出品に値段を付けてしまうと譲ることが出来ない可能性もありますので、あまり欲を出さない、誰かに使ってほしい、とにかく無料で処分できればいいと言う場合に有効な手段だと感じました。

ネットオークション

レアモノの商品を出品すると、思わぬ高額な値段がつくことがあります。僕は、プレミアム価格がついていて、使わないものは、ネットオークションで1円からスタートさせて、値段をぐんぐん上がっていく様子を眺めるのが好きです。

 

たまに、ゲームソフトでプレミアム価格がついたり、マンガ本だったり、ちょっと希少価値が高い物は、写真を撮影する手間だったり、文章を書く手間、相手とやり取りする手間、送付する手間を惜しまず、取引します。

 

リサイクルショップでは、買取してもらうと、安く買い取られそうだと感じるモノは、ネットオークションを利用してみた方がいいでしょう。

 

ネットオークションは何度か使いましたが、結構いい落札価格で買い取りしてもらって何度か満足した取引が出来た経験がありました。

友だちに買取してもらう

友だちに買取してもらう場合は、事前に市場価格を調べておく必要があります。市場価格より安い価格を提示すると、大概買取してもらえました。

 

間違っても市場価格より高い価格で買取してもらうと、あとで友達に市場価格を知られたら、友達関係が悪くなったり絶縁されてしまう可能性があるので、くれぐれも、友達を騙す行為は控えた方がいいでしょう。

 

僕は、学生時代にゲーム機本体、ゲームソフト、音楽CD、衣類など、市場価格より安い金額を提示して買取してもらってきたので、友達関係が悪くなったことは一度もありません。

 

市場価格より安い値段をきちんと説明して買取してもらうと、お互いに有益ですし、信頼関係も高まるので、友達に買取してもらうのも有効な方法の一つだと感じました。

不要だと感じたモノを、捨てること、手放すことで、お金持ちの境地に近づくことができる可能性がある

ただ単に、ゴミにするより、出張買取、宅配買取、リサイクルショップ、ジモティー、ネットオークション、友達に買取してもらうなど、誰かに使ってもらえる方法、無料で譲る方法は、結構存在します。

 

そうすることによって、モノを手放しやすくなります。モノを手放すと部屋の環境が変わりますし、心境も変わります。

 

羽根田 修さん著書の「金持ちになる人の財布、貧乏になる人の財布」の「お金が貯まる環境をつくる」を読んで、必要ないモノは、どんどん捨ててしまって、どんどん手放していくことで、お金が貯まる、お金持ちに近づくことができることを知ることができましたので、これからも、必要ないと感じたモノは積極的に手放していきたいと感じることができました。


スポンサーリンク
Pocket




コメントを書く

お名前(ニックネーム可です) 

コメントを入力してください。

人気記事
プロフィール

大福天喜

慢性的な借金体質です。1000万円以上の借金を背負い続けて、うつ病と診断されてしまいました。40代で自己破産してしまった体験談ブログを書いています。

カテゴリー