住宅ローン滞納

住宅ローンを借り入れて苦しいですし後悔しています


Pocket

両親が離婚して、社会人になってから、母親名義の住宅ローンを強制的に支払させられていました。母親と二人の同居でしたが、給料が振込される銀行口座、キャッシュカードを取り上げられました。


スポンサーリンク

働いたお金は母親名義の住宅ローンの支払に充てられていました。数年後、母親名義の持ち家を売却することができました。賃貸マンションに引っ越ししました。

固定資産税が滞納して財産差し押さえ通知を受け取ることに

住宅ローンの支払から解放されましたが、家賃の支払いは給料口座からの引き落としをされていました。ところが、母親が賃貸マンションだと落ち着かない、嫌だと言いだして、不動産屋さんと一緒に持ち家を探すことになりました。

 

そして、母親が気に入った分譲マンションを僕名義で住宅ローンを借り入れて購入することになりました。分譲マンションを購入してからパワハラに遭うようになってしまいました。住宅ローンを借り入れてから半年後に会社を退職してしまいました。

 

 

会社を退職してから無職になりました。無職になってから住宅ローンの支払が一気に苦しくなりました。正社員雇用が決まらず、派遣社員、アルバイト、無職を転々とするようになりました。

 

固定資産税が滞納するようになってしまいまして、財産差し押さえ通知が来るようになりました。役所と相談して固定遺産税を分納するようになりました。

住宅ローンの支払に苦しむようになり後悔・・・。散々な目に遭う

しかし、年収が一気に急降下してしまったので、住宅ローンの支払が苦しくなってしまい、ついに、クレジットカードのリボ払い、銀行カードローンに手を出してしまうようになりました。そして、生活費で足りない分を借金するようになりました。

 

数年後には、クレジットカードのリボ払いの利息が元金の5倍になってしまいました。銀行カードローンも元金より利息が多く差し引かれるようになっていきました。分譲マンションなので、住宅ローンの支払に加えて、管理費、修繕費、母親の所有している駐車場代、固定資産税の分納を続けていました。


スポンサーリンク

 

 

母親は援助してくれることもありませんでしたし、母親は援助するお金すらありませんでした。このような状態だったので、住宅ローンを借り入れて苦しいですし後悔するようになってきてしまいました。

 

親孝行のつもりで、母親が気に入った分譲マンションを購入しましたが、結果的に住宅ローンの支払に苦しむようになり後悔するようになってしまい散々な目にあってしまいました。

うつ病と診断された

再び正社員雇用が決まったころには、住宅ローン、クレジットカード、銀行カードローン、固定資産税の借金が大きくのしかかっていて、月々の返済金額が生活費を大きく圧迫するようになってしまっていました。もう、会社の給料だけでは生きていくことが到底不可能な経済状態でした。

 

 

銀行カードローンでお金を借りないと住宅ローン、クレジットカード、銀行カードローン、固定資産税の分納の返済ができない有り様でした。

 

そのような慢性的な借金を続けていった挙句に、会社の産業医から精神内科を受診するように指導されてしまいました。そして、会社近くの精神内科に通院するようになって、うつ病だと診断されてしまいました。

精神崩壊・・・もう二度と借金したくない・・・

うつ病と診断されて、会社と相談して休職したのち、数ヶ月後に会社を退職することになりました。そして、のちに無職、無収入になってしまいました。

 

 

そして、すべての借金が滞納するようになってしまい、自己破産に至りました。住宅ローンを借り入れて苦しい目にあって借り入れたことに非常に後悔しか残りませんでした。

 

今では、弁護士との面談のために、法律事務所へ行ったり、精神内科医に通院する日々を送るようになりました。働けなくなってしまい、無気力、無関心状態が続くようになってしまいました。

 

住宅ローンを借り入れて苦しんで後悔して精神崩壊しました。もう、二度と借金したくないと心に深く誓いました。


スポンサーリンク
Pocket




コメントを書く

お名前(ニックネーム可です) 

コメントを入力してください。

人気記事
プロフィール

大福天喜

慢性的な借金体質です。1000万円以上の借金を背負い続けて、うつ病と診断されてしまいました。40代で自己破産してしまった体験談ブログを書いています。

カテゴリー