借金体質

40代で借金まみれの末路


Pocket

40代で借金まみれになってしまいました。借金まみれになってしまった末路はうつ病になってしまい、自己破産でした。


スポンサーリンク

法律事務所へ行き弁護士との面談、精神内科へ通院している日々です。そんな40代で借金まみれになってしまった末路を書いていきます。

派遣社員、アルバイト、無職を繰り返すようになった

正社員時代に住宅ローンを借り入れて分譲マンションを購入しました。分譲マンションを購入して半年後に正社員を退職してしまいました。

 

分譲マンションを購入した直後からパワハラに遭うようになってしまいました。半年間、耐えることができずに退職へと追い込まれました。退職してから無職になりました。

 

 

正社員雇用が決まらず、固定資産税が滞納するようになってしまいました。役所からは財産差し押さえの通知が来るようになりました。

 

役所と相談して固定資産税を分納することになりました。それでも正社員を退職した傷あとは思った以上に深い状態でした。正社員雇用が決まりませんでした。派遣社員、アルバイト、無職を繰り返すようになってしまいました。

クレジットカードのリボ払い、銀行カードローンのキャッシングに依存しないと生きていけない状態になってしまった

年収が一気に急降下してしまいました。クレジットカードのリボ払い、銀行カードローンのキャッシングに手を出すようになってしまいました。

 

月々の生活費をクレジットカードのリボ払い、銀行カードローンのキャッシングに依存するようになりました。後あとのことを考えているような余裕はありませんでした。

 

 

数年後になってクレジットカードの明細を見てみると、元金が利息の5倍くらい請求されていることを知りました。また、クレジットカードのリボ払いを繰り返して残債が100万円を超えていました。銀行カードローンも100万円を超えるようになりました。

 

100万円を超えているのに、まだ借りざるを得ない状況だったので、別のクレジットカードに切り替えてリボ払いを繰り返しました。正社員が決まらず、派遣社員、アルバイト、無職を転々とするようになった代償は思った以上に大きく深手を負うことになりました。


スポンサーリンク

 

ようやくアルバイトから正社員に転職できたころには、住宅ローン、クレジットカード、銀行カードローンの借金が1000万円を超えていました。もはや40代にして借金まみれの状態でした。

とうとう借金滞納

正社員の給料でも毎月の住宅ローン、クレジットカード、銀行カードローンの返済に精一杯で貯金をする余裕すらありませんでした。

 

正社員で働いて数年後、産業医から精神内科を受診するように指導されてしまいました。そして、会社近くの精神内科を通院を続けると、うつ病と診断されてしまいました。うつ病と診断されたことを会社に伝えると休職するように命じられました。

 

 

自宅療養をしながら、うつ病の治療に専念しました。しかし、働いていた頃より精神状態がますますひどくなっていきました。数ヶ月後、改めて会社に相談した結果、正社員を退職することになりました。

 

正社員を退職してから無職になりました。そして、無収入になりました。40代で借金まみれ、うつ病、無職、無収入になってしまい、住宅ローン、クレジットカード、銀行カードローン、固定資産税の分納の借金を滞納するようになってしまいました。

40代になってから人生初の一人暮らし。衣食住が困難な精神障害者として

そして、数ヶ月後、弁護士に相談してとうとう自己破産することになってしまいました。持ち家から出ていくようになって、世帯分離して一人暮らしをすることになりました。

 

同居していた家族とは別居することになりました。精神崩壊した状態での一人暮らしは非常に困難を極めました。なんせ一人暮らしが40代にして人生初なので、無気力、無関心状態で、うつ病です。

 

 

食事、掃除、洗濯、すべてをするにしても、億劫で何もできません。着替えすらする気力がない状態、下着を変えることもせずに数日過ごしてしまうことが当たり前の状態になってしまいました。

 

40代で借金まみれの末路は、うつ病、自己破産、人生初の一人暮らしで衣食住が困難な精神障害者として生きることになってしまいました。


スポンサーリンク
Pocket




コメントを書く

お名前(ニックネーム可です) 

コメントを入力してください。

人気記事
プロフィール

大福天喜

慢性的な借金体質です。1000万円以上の借金を背負い続けて、うつ病と診断されてしまいました。40代で自己破産してしまった体験談ブログを書いています。

カテゴリー