借金体質

40代で無職で借金を背負ってきました


Pocket

40代、無職、借金はツラいです。10代や20代の時と違って困難に立ち向かうパワーが全然違うからです。しかも、うつ病になってしまい、一気にネガティブになってしまい、自分に向き合うことしかできなくなってしまいました。


スポンサーリンク

サービス精神が死んでしまったような感じになりました。

年収がガタ落ちしてしまい固定資産税が滞納

20代で持ち家を購入しました。住宅ローンを借り入れました。持ち家を購入してから社内でパワハラに遭うようになりました。

 

パワハラに遭うようになって半年後に正社員を退職してしまいました。退職してからは、無職になりました。正社員雇用の就職活動をしましたが、決めることができませんでした。派遣社員、アルバイト、無職を転々とするようになりました。正社員時代の時と比べて年収が一気にガタ落ちになりました。

 

 

その頃から固定資産税が滞納するようになってしまい財産差し押さえの通知が来るようになりました。役所と相談して固定資産税が滞納した分と、今後の請求分を分納してもらうようになりました。

再び正社員を退職して無収入

それでも、生活費が足りずクレジットカード、銀行カードローンに手を出すようになりました。クレジットカードはリボ払いに設定していました。

 

数年後にはリボ払いの利息は元金の5倍以上になっていました。銀行カードローンも元金の半分ほどが利息となっていました。そういった状況の中、アルバイトから正社員雇用がようやく決まりました。

 

今度こそ、借金を完済する思いで必死になって働き続けました。しかし、数年後に、会社の産業医から精神内科を受診するように言われました。言われるがままに会社近くの精神内科を通院するようになりました。


スポンサーリンク

 

 

そして、うつ病と診断されてしまいました。うつ病と診断されてから、会社と相談して休職するように言われました。

 

自宅療養をしながら薬物療法で休職しながら治療を続けました。しかし、精神状態がますますひどくなってきてしまいました。そして、正社員を退職するようになってしまいました。

自己破産、破産開始して、競売になって、いつ終了するか不明

正社員を退職するようになってから、40代にして無職、借金を背負うだけの人間になってしまいました。その後、住宅ローン、クレジットカードのリボ払い、銀行カードローン、固定資産税、すべての借金が滞納するようになりました。

 

その後、弁護士に自己破産の手続きを依頼するようになりまして、破産開始となってしまいました。持ち家から出ていき世帯分離して40代にして人生初の一人暮らしをすることになりました。

 

 

40代、うつ病、無職、借金で自己破産してしまった状態での一人暮らしは精神的に非常に苦しい、ツラい、怖い、そのような状態を過ごしています。40代で無職で借金を背負ってしまうとどうしようもない状況にまで人生が転落してしまうことを身を持って感じました。

 

今もなお、精神内科を通院しながら、法律事務所で弁護士と面談する日々が続いています。

 

いつ、出口が見えるか、まったくの不明です。生き続けることができるかどうか、不安で仕方ありません。しかし、自己破産をしたからには、何としても生き続けるしかないと感じました。


スポンサーリンク
Pocket




コメントを書く

お名前(ニックネーム可です) 

コメントを入力してください。

人気記事
プロフィール

大福天喜

慢性的な借金体質です。1000万円以上の借金を背負い続けて、うつ病と診断されてしまいました。40代で自己破産してしまった体験談ブログを書いています。

カテゴリー