借金体質

40代で無職で貯金なしです


Pocket

40代で無職で貯金なしで将来が不安な状況です。20代の正社員の時に住宅ローンを借り入れて分譲マンションを購入しました。


スポンサーリンク

住宅ローンを借り入れてから、職場の方々からパワハラに遭うようになってしまいました。パワハラに耐えることができず、住宅ローンを借り入れて半年後に正社員を退職しました。

固定資産税が支払えなくなってしまい、役所から財産差し押さえ通告される

 

 

退職してから無職になりました。

 

退職金、財形貯蓄が振り込まれましたが、無職で収入なしの状況だったので、生活費にすべて充てることになってしまいました。そして、20代にして貯金もない状況でした。

 

20代、30代、40代と派遣社員、アルバイト、無職を繰り返してきました。その間に貯金ができたことは一度もありませんでした。むしろ、借金が積み重なる有り様でした。分譲マンションだったので、住宅ローンの支払の他に管理費、修繕費、母親が所有している駐車場代、固定資産税がありました。

 

固定資産税が払えなくなってしまい、役所から財産差し押さえの通告が来るようになってしまいました。

住宅ローンの他にクレジットカード、銀行カードローンの借金が出来てしまう

 

 

役所に相談して固定資産税を分納するようになりましたが、派遣社員から無職・・・。アルバイトから無職・・・。と、20代、30代、40代と無職の期間が長い状態になりました。

 

住宅ローンの支払以外にガス代、電気代、通信費、食費など、必要最低限のお金を確保することが非常に困難でした。そして、とうとうクレジットカードのリボ払い、銀行カードローンに手を出すようになりました。

 

クレジットカードのリボ払いでガス代、電気代、通信費の支払いをして、銀行カードローンを使って、住宅ローン、クレジットカード、固定資産税の分納をしていました。そのようにして借金がどんどん積み重なりました。


スポンサーリンク

 

アルバイトから正社員に転職できたころには住宅ローンを含めた借金が1000万円を余裕で超えていました。

正社員雇用されるも、うつ病になってしまう

 

 

正社員雇用されたので、今度こそ、借金の完済に向けて必死で働き続けました。しかし、数年後、会社の産業医から精神内科を受診するように言われました。

 

精神内科を通院するようになって、うつ病と診断されてしまいました。うつ病と診断されてから、会社を一時的に休職したのちに退職することになってしまいました。

 

うつ病と診断されて薬物療法を繰り返していく中で精神状態がますますひどくなってきてしまいました。とても、働ける状態にはなれませんでした。

 

無気力、無関心状態になってしまい、死ぬことを意識するようにまでなっていきました。

うつ病に苦しみ続けて、精神が不安定な状況

 

 

40代、無職、貯金なし、借金1000万円以上で、どうしようもない状況になってしまい、とうとう弁護士に自己破産の手続をするようになりました。そして、持ち家から出ていき賃貸アパートに引っ越すことになりました。

 

持ち家はその後、競売開始となりました。40代、無職、貯金なしは非常に苦しい、ツラい、悲しい、情けない、虚しい、死にたい、など、負、ネガティブな思考に塗り替えられてしまい、どうしようもない状況になってしまいました。

 

今もなお、うつ病に苦しみ続けて、借金がどうなるかわからなくて、競売になった持ち家がどうなるかわからない、すべての物事が宙づり状態で、精神状態が不安定になったまま過ごすことになりました。


スポンサーリンク
Pocket




コメントを書く

お名前(ニックネーム可です) 

コメントを入力してください。

人気記事
プロフィール

大福天喜

慢性的な借金体質です。1000万円以上の借金を背負い続けて、うつ病と診断されてしまいました。40代で自己破産してしまった体験談ブログを書いています。

カテゴリー