うつ病

うつ病で借金が返せない状態になってしまった


Pocket

うつ病で借金が返せない状態になってしまい自己破産してしまうことになりました。20代の頃に住宅ローンを借り入れたのがそもそもの始まりでした。


スポンサーリンク

住宅ローンを借り入れてから職場でパワハラに遭うようになってしまい、分譲マンションを購入して半年後に会社を退職してしまいました。

役所から差し押さえ通告がくるようになった・・・

 

 

退職してから無職になりました。退職金、貯金は生活費に消えていきました。その間に正社員雇用の就職活動をしましたが、どこも採用してくれませんでした。

 

生活費の確保ができないので、派遣社員、アルバイト、無職を繰り返すようになりました。年収、月収が激減してしまいました。分譲マンションを購入しましたので、住宅ローンの他に管理費、修繕費、母親が所有している駐車場代、固定資産税の支払ができなくなりました。

 

固定資産税が滞納するようになりました。固定資産税を滞納するようになって数ヶ月後に財産差し押さえの通告が来るようになりました。

 

役所に相談すると固定資産税を分納するように言われました。こうして、財産差し押さえを免れることができました。

リボ払い、キャッシング、税金の延滞料

 

 

しかし、公共料金や食費の支払が困難になってきたころから、クレジットカードのリボ払いを利用するようになりました。また、銀行カードローンでキャッシングするようになりました。

 

こうして、派遣社員、アルバイト、無職を繰り返して年収、月収が激減してしまった穴埋めをクレジットカードのリボ払い、銀行カードローンを利用することによってなんとか生活を続けることができました。しかし、数年後になるとリボ払いの利息が元金の5倍くらいになってしまっていました。

 

また、銀行カードローンも元金の半分くらい引かれるようになりました。固定資産税の分納の明細書を見てみると延滞金がついていました。

 

税金の支払が延滞するとレンタルビデオ店みたいに延滞料を取られてしまうことを初めて知りました。

せっかく正社員になれたのに、うつ病と診断されてしまった

 

 

このような状況の中、アルバイトから正社員へ転職することができました。正社員に転職できたので、今度こそ借金完済を目指して必死になって働き続けました。

 

しかし、数年後、会社の産業医から精神内科を受診するように言われました。会社近くの精神内科を通院を続けると、うつ病と診断されてしまいました。

 

うつ病と診断されて会社と相談するとしばらく休職するように言われました。また、傷病手当金を受けとりながら生活を続けるように言われました。


スポンサーリンク

 

傷病手当金は給料の6割か7割くらいでした。精神内科に通院を続けて薬物療法をしながら自宅待機状態でした。

 

うつ病の症状がどんどんひどくなってきました。体中が痛くなったり、動悸、息切れ、死ぬことを意識するようになって生きました。精神状態がどんどんひどくなってきました。

 

会社を休職して数ヶ月後、会社と相談して退職することになってしまいました。

世帯分離して持ち家から出ていき生活保護を受けてから自己破産してしまった

 

 

会社を退職してからも傷病手当金が支給され続けました。しかし、1年数ヶ月後に傷病手当金の支払が満了になりました。こうして、うつ病になったまま無職になってしまい借金が返せない状態になってしまいました。

 

そして、とうとう借金を滞納するようになりました。借金を滞納してから矢のような催促が来るようになりました。知り合いに紹介された弁護士に相談しに行きました。

 

すると、お金がなくてどうしようもない状況なので、法テラスの弁護士に相談するように言われました。そして、法テラスの弁護士に相談すると生活費を確保するために生活保護を受けることを検討するように言われました。そして、役所にいって世帯分離して持ち家から出ていき、生活保護を受けることになりました。

 

生活保護を受けてから再び法テラスの弁護士の元へ行くと自己破産の手続きをすることになりました。

専門家たちの板挟みに苦しみ続ける日々

 

 

こうして、うつ病で借金が返せない状況を自己破産することによって銀行やカード会社からの請求が止まり弁護士が対応してくれるようになりました。

 

今もなお、うつ病の苦しみを味わいながら人生初の一人暮らしをすることになりました。食事、掃除、洗濯と一人暮らししたことがないので、このまま孤独死してしまうのではないかと感じた事は何度もありました。

 

今はうつ病と向き合いながら弁護士との面談を繰り返しながら生き続ける人生を歩むことになりました。うつ病で借金が返せない状態になってしまい社会的信用を失ってしまい、堂々と精神的に外を歩けなくなってしまいました。

 

生活保護の職員がいつ来るかビクビクしながら、引きこもり生活が続いています。

 

弁護士によって家計収支表を付けるように言われて、生活保護からはうつ病を治すようにせかされるようになったり、精神内科の先生からは、うつ病はじっくり治すように言われて、なんだか色んな専門家たちの板挟み状態になってさらに苦しみが続いています。


スポンサーリンク
Pocket




コメントを書く

お名前(ニックネーム可です) 

コメントを入力してください。

人気記事
プロフィール

大福天喜

慢性的な借金体質です。1000万円以上の借金を背負い続けて、うつ病と診断されてしまいました。40代で自己破産してしまった体験談ブログを書いています。

カテゴリー