住宅ローン滞納

住宅ローン払えない体験をしてしまった末路


Pocket

住宅ローンを借り入れて分譲マンションを購入しました。まさか、未来で住宅ローン払えない体験をすることになるとは、借り入れた当時、夢にも思っていませんでした。


スポンサーリンク

20代で母親が気に入った分譲マンションを買うことによって住宅ローンを払えない体験をしてしまいました。

固定資産税が支払えなくなって分納することになってしまった

 

 

20代で分譲マンションを住宅ローンで購入してから、社内でパワハラに遭うようになりました。パワハラに遭うようになって半年間、耐えれなくなって会社を退職しました。

 

正社員だったので待遇はよかったのですが、退職してしまって無職になってしまいました。無職になってから退職金が支給されましたが生活費で貯金と共に、アッと言う間に蓄えは消えていきました。

 

正社員雇用の就職活動をしましたが、決まることはありませんでした。そして、派遣社員、アルバイト、無職を繰り返すようになりました。

 

正社員を退職したことは、今でも後悔していますし、今でも時々、パワハラに遭った夢を見たりしてしまいます。正社員を退職してから年収、月収共に一気に激減してしまいました。

 

分譲マンションを購入したので住宅ローンの他に管理費、修繕費、母親が所有していた自動車の駐車場代、固定資産税の支払もありました。とても固定資産税まで支払いすることができなくなってしまい滞納するようになりました。

 

固定資産税を滞納するようになってから、数ヶ月後に財産差し押さえの通告をされるようになりました。役所に相談すると固定資産税を分納することになりました。

慢性的な借金の疲れて不眠症、無気力、無関心状態が続き、うつ病と診断されてしまった

 

 

また、このころから公共料金、食費などの生活費の支払も困難になってきてしまいました。そして、クレジットカードでリボ払い、銀行カードローンでキャッシングするようになりました。

 

こうして住宅ローンの支払を銀行カードローンのキャッシングを頼りながら生活を続けることになりました。数年後、リボ払いの利息は元金の5倍くらいになっていました。

 

銀行カードローンの支払も元金の半分くらいになっていました。こうして、住宅ローンの負担以外にもリボ払い、キャッシングの返済ものしかかるようになってしまいました。

 

そのような頃にアルバイトから正社員に転職できるようになりました。今度こそ、住宅ローンを含めたクレジットカード、銀行カードローンの借金完済を目指す思いで必死に働きました。

 

ところが数年後、会社の産業医から精神内科を受診するように言われてしまいました。そして、精神内科の通院を続けるとうつ病と診断されてしまいました。

 

たしかに、無気力、無関心状態が続いていて、不眠症になっていて、借金や仕事のストレスまみれになっていて、仕事をするだけの人間になっていたので、生きる楽しみも何もない状態でした。そんな中での、うつ病と診断されてしまいました。


スポンサーリンク

住宅ローン、クレジットカード、銀行カードローンを滞納するようになった

 

 

会社と相談するとしばらく休職するように言われました。休職するようになってから、精神内科にもらった睡眠薬、抗うつ剤を毎日飲むようになりました。

 

また、会社からは傷病手当金の申請をするように言われました。傷病手当金は給料の6割か7割ほど支給されていました。こうして、傷病手当金で住宅ローン、クレジットカード、銀行カードローンを返しながら生活を続けました。

 

ただ、足りない分は銀行カードローンのキャッシングをしながら生活を続けました。ところが、精神内科に通院を続けても心身共に状態がひどくなってきました。

 

動悸、息切れ、死ぬことを深く意識するようになったり、寝る度に悪夢を見るようになりました。殺される夢を見るようになってしまったりして、寝るのが恐くなってきてしまいました。

 

数ヶ月後、会社と相談した結果、働くことが困難であると判断されて会社を退職することになってしまいました。会社を退職するようになってからも傷病手当金は健康保険組合から支給され続けていました。

 

しかし、1年数ヶ月後に傷病手当金の支給が満了を迎えてしまいました。こうして、うつ病、無職、無収入となってしまいました。そして、住宅ローン、クレジットカード、銀行カードローンを滞納するようになってしまいました。

住宅ローンは払えない末路は、まさかの自己破産

 

 

滞納するようになってから、銀行やカード会社から矢のような催促を受けるようになりました。心身共に疲れ果てたころ、弁護士に相談すると地元の法テラスを利用するように言われました。

 

法テラスの弁護士に相談すると無収入だと生きていけないので生活保護を受けることを検討するように言われました。そして、役所に行き事情を説明すると世帯分離して持ち家から出ていってから生活保護を申請するようにアドバイスされました。

 

そして、母親を残して世帯分離して賃貸アパートに引っ越しすることになりました。その後、生活保護を申請しました。生活保護を申請してから法テラスの弁護士の元に再び面談に行きました。

 

すると、自己破産一択と説明を受けました。そして、弁護士に言われるがまま自己破産手続をしました。すると、矢のように催促されていた銀行やカード会社からの電話や封書が送られてこなくなりました。

 

こうして、自己破産することによって持ち家は競売開始になってしまい、母親も持ち家から出ていくことになりました。住宅ローン払えない体験は自己破産することによって幕を閉じることになりました。

 

結局、住宅ローンは払えない状態になってしまって苦しい、悲しい、虚しい、情けないような末路を送る体験をすることになってしまいました。


スポンサーリンク
Pocket




コメントを書く

お名前(ニックネーム可です) 

コメントを入力してください。

人気記事
プロフィール

大福天喜

慢性的な借金体質です。1000万円以上の借金を背負い続けて、うつ病と診断されてしまいました。40代で自己破産してしまった体験談ブログを書いています。

カテゴリー