借金体質

借金を自力で返済し続けた末路


Pocket

借金を自力で返済し続けました。正社員の時に住宅ローンを借り入れて分譲マンションを購入しました。分譲マンションを購入してからパワハラに遭うようになりました。


スポンサーリンク

パワハラに遭うようになって半年後に正社員を退職してしまいました。そこからが、借金地獄の始まりでした。

固定資産税が滞納するようになった

 

 

正社員を退職してから無職になりました。退職金、貯金は数ヶ月後に底を尽きかけました。正社員雇用をあきらめて派遣社員、アルバイト、無職を転々とするようになりました。

 

年収、月収が一気に下がってしまいました。分譲マンションだったので住宅ローン、管理費、修繕費、母親が所有していた自動車の駐車場代、固定資産税を支払い続けました。

 

固定資産税が滞納するようになってから数ヶ月後に財産差し押さえ通告されるようになりました。役所に相談に行くと固定資産税を分納するように言われました。

うつ病と診断されて休職するようになった

 

 

固定資産税の分納だけでは生活を続けることが困難な状況でした。クレジットカードで公共料金や食費、銀行カードローンでキャッシングしながらしのいでいきました。

 

母親は借金について無関心の状態でした。このようにして借金は自力で返済を続けました。しかし、クレジットカードはリボ払いにしていたので、元金は全然減らず・・・。

 

銀行カードローンも元金を返済しても全然減る様子はありませんでした。アルバイトから正社員にようやく転職できてから、今度こそ借金を完済する思いで必死で働き続けました。

 

しかし、数年後に会社の産業医から精神内科を受診するように言われました。精神内科を通院するようになってから、うつ病と診断されてしまいました。

 

うつ病と診断されてから会社からは、しばらく休職するように言われました。


スポンサーリンク

傷病手当金が1年半年後に支給満了になってしまった

 

 

精神内科に通院しながら薬物療養をして自宅待機をしていました。会社からは傷病手当金の申請をするように言われて健康保険組合からお金が支給されるようになりました。

 

その代わりに、会社を休職している状況だったので社会保険料の支払いを会社にしていました。借金は傷病手当金を使って返済を続けていました。

 

傷病手当金だけでは返済が困難だったので銀行カードローンでキャッシングをしながら借金を自力で返済を続けていました。うつ病が治らず、働いている時より精神状態がひどくなってきました。

 

動悸、息切れ、死ぬことを意識するようになりました。数ヶ月後、会社に相談して会社を退職することになりました。会社を退職するようになってから、無職になってしまいました。

 

無職になってからも傷病手当金は健康保険組合から支給されていましたが、1年半年後に支給満了になりました。こうして無職、無収入、うつ病となってしまい、借金が滞納するようになりました。

借金を自力で返済を続けた末路とは、うつ病、生活保護、自己破産・・・

 

 

借金が滞納するようになってから、銀行やカード会社から矢のような催促の電話が来るようになりました。弁護士に相談すると法テラスの弁護士に相談するように言われました。

 

法テラスの弁護士に相談すると生活の心配をされて生活保護を受けることをアドバイスされました。生活保護の窓口に行くようになって世帯分離して持ち家から出ていって人義暮らしをしてから生活保護を申請するようにアドバイスされました。

 

こうして、持ち家から出ていって賃貸アパートを借りて一人暮らしをして生活保護を申請するようになりました。生活保護で借金を返済することはできないので、法テラスの弁護士に相談すると自己破産手続きをするように言われました。

 

そして、借金を自力で返済を続けた末路は、うつ病になってしまい、生活保護を受けて、自己破産してしまうと言う苦しい、悲しい、虚しい結末となりました。今もなお、うつ病に苦しみ続けながら、自己破産ために弁護士の面談を続けています。


スポンサーリンク
Pocket




コメントを書く

お名前(ニックネーム可です) 

コメントを入力してください。

人気記事
プロフィール

大福天喜

慢性的な借金体質です。1000万円以上の借金を背負い続けて、うつ病と診断されてしまいました。40代で自己破産してしまった体験談ブログを書いています。

カテゴリー