自己破産

年賀状も破産管財人に転送郵便物としてされているみたい・・・


Pocket

1月を迎えましたが、一向に年賀状の一通も届きません・・・。以前まで、ちょこちょこセールスの年賀状も届いていましたが、今年は一通も届きません。


スポンサーリンク

よくよく思い出してみると、破産管財人との面談で「郵便物はすべて破産管財人に転送される」と破産管財人の弁護士から説明があったことを思い出しました。

宅急便やメール便は届きますが・・・

 

破産管財人の面談をしてから、しばらくしてから郵便物が一切届かなくなりました。ただ、宅急便は届きました。amazonや楽天での宅急便は問題なく届いていました。

 

競売になる持ち家のポストを見ると、「住宅を守る方法」が書いた封筒が届いていました。おそらく官報の情報を見て送りつけてきたと思われます。そういった状況を味わっていると、

 

「ああ・・・もう、自己破産が始まっているんだな・・・」

 

って、改めて感じました。


スポンサーリンク

 

ポストには何も入らないですが、宅急便やメール便は届くので、郵便物だけ転送することに意味があるのか・・・。と感じました。

破産管座人に転送された郵便物の内容を聞くのは可能・・・しかし・・・

 

1月になってちょっとだけ不便を感じたのは年賀状だけでした。もし、友達や知人から年賀状が届いていたら、いつもお返ししているので、破産管財人に年賀状が届くと言う現象が起こっています。

 

それ以外、今のところ、特に不便は感じていません。破産管財人に問い合わせたら、どのような郵便物が転送されているか教えてくれるそうです。

 

ただ、うつ病なので破産管財人に電話をして聞く気力がないと言うか・・・。

 

聞くための電話をするのが、なんだか怖いと言うか・・・。そっとしておこうと思います。


スポンサーリンク
Pocket




コメントを書く

お名前(ニックネーム可です) 

コメントを入力してください。

人気記事
プロフィール

大福天喜

慢性的な借金体質です。1000万円以上の借金を背負い続けて、うつ病と診断されてしまいました。40代で自己破産してしまった体験談ブログを書いています。

カテゴリー