自己破産

破産管財人に転送されていた郵便物の内容を見てみると


Pocket

破産開始して官報に掲載されたからか、全然知らない会社からのダイレクト郵便物が多かったです。


スポンサーリンク

競売の取り下げをしますと書いている会社からの、ゆうメールが多かったです。

破産管財人である弁護士から転送郵便物の受け取りにきて欲しいとメールの受信があった

楽天で購入した書籍が届かないと思っていたら、ゆうメールで送られてきたので、破産管財人に書籍が届いていました。

 

年賀状も破産管財人に転送されていました。

 

ゆうメールの封筒は、すべて開封された状態でした。

 

破産管財人に転送郵便されることを知っている業者さんは、宅配便を使ってダイレクトメールを送ってこられたこともありました。

 

破産管財人から、何度か郵便物を取りに来て欲しいとメールの着信があったので取りに行きました。


スポンサーリンク

転送郵便物を受け取って、なんだかテンション下がった

すると、破産管財人である弁護士は不在でした。

 

事務を担当している方から破産管財人に転送されていた郵便物を一式受け取りました。

 

破産管財人の法律事務所に行くのは緊張しましたが、転送されていた郵便物を受け取るだけでしたので、3分くらいで帰りました。

 

競売を取り下げて持ち家を守りましょうと書いているダイレクトメールの内容を見て、

「もう、とっくに持ち家は空き家だけど・・・。」
「手遅れだけど・・・。」
「もう、持ち家を購入するのは、もう嫌だ・・・。」

 

と、ダイレクトメールを見て持ち家に対する感情を蒸し返されました。

 

なんだか転送郵便物を受け取って、少しだけ、ガッカリして帰りました。


スポンサーリンク
Pocket




コメントを書く

お名前(ニックネーム可です) 

コメントを入力してください。

人気記事
プロフィール

大福天喜

慢性的な借金体質です。1000万円以上の借金を背負い続けて、うつ病と診断されてしまいました。40代で自己破産してしまった体験談ブログを書いています。

カテゴリー