自己破産

債権者集会に初めて参加してきました


人生初の地方裁判所に行きました。ドキドキ緊張状態です・・・。なんで僕はこのような場所に来ないといけないのか・・・。何を裁かれてしまうのか・・・。みたいな自分で自分を罪人扱いしてしまうほどに一人、勝手に緊張してしまっていました。

スポンサーリンク

地方裁判所の1Fで弁護士さんと待ち合わせしていました。債権者集会の5分前くらいに弁護士さんが来られました。いよいよ・・・、債権者集会・・・。どうなる・・・。

初めての債権者集会の模様

債権者集会の専用の部屋の前に、破産管財人さんが待機されていました。よろしくお願いしますと挨拶しました。そして、債権者集会の部屋に通されました。破産管財人さんは裁判官の隣に座りました。裁判官の隣は書記官さんでした。弁護士さんと僕は向かい合わせで座りました。

 

裁判する部屋みたいな本格的な雰囲気の部屋ではなく、小さい小部屋と言うか・・・、なんだか小さいスペースの会議室って感じの部屋に通されました。会社で言えば、会議室みたいな感じの部屋です。

 

破産管財人さんから、裁判官に説明されました。

 

破産管財人「ご本人さん、特に、浪費はありません。」

 

裁判官「そうなんですね・・・」

 

破産管財人「ご本人さん、財産もありません。」

 

裁判官「そうなんですね・・・」

 

破産管財人「あとは、持ち家が売れるかどうか・・・」

 

裁判官「そうなんですね・・・」

スポンサーリンク

 

破産管財人「売る方法はいくらでもありますけど、できるだけいい価格で売れないとですね・・・」

 

裁判官「そうですね・・・」

 

このようなやり取りを破産管財人さんと裁判官の二人でされていました。僕は、ただ、お二人のやり取りを呆然と見ているだけでした。

 

そういえば、債権者集会なのに、債権者さんは一人も出席されていませんでした・・・。

 

裁判官さん、書記官さんもですが、債務者である、僕の姿・・・、ほとんど見ておられないような感じでした。視線をまったく感じませんでした。

 

そして、次の債権者集会の日程を破産管財人さんから提案されました。どうも、自己破産は終了してもいい状態だけれども、持ち家が処分できないと自己破産が終了できないと告げられました・・・。

初めての債権者集会を終えた感想

とにかく、緊張しました。破産管財人さんの隣に裁判官さん、書記官さんが座られているのを見ているだけで緊張でした・・・。ただ、債権者さんが一人も来られなかったので、約10分以内に終了しました。

 

それでは、これにて終了みたいな、破産管財人さんか、裁判官さんが終了の合図を送られて終えた感じでした。裁判官さんが参加していたのは、おそらく5分も経過したか、していないか・・・。くらいの感じでした。

 

なんだか、とっても拍子抜けしてしまいましたが、債権者集会は一つの儀式みたいな感じのように思えました。

 

次の・・・、第二回目の債権者集会までに、持ち家・・・。売れてほしいです・・・。

スポンサーリンク



コメントは4件です

  1. まろん より:

    大福さん、昨日はお疲れ様でした。
    やはり、持ち家がネックなんですねぇ…1日でも早く解決されれば良いですが。

    私の方も市役所に行ってきました。女性の職員さんはとても優しく事情を聞いてくれました。担当の男性職員は相変わらず厳しく、淡々とした感じでしたね…本当、仕事と割りきっているから滞納者と向き合えるんでしょうね…

    何であれ、自分が悪いのですが。もう、行く事も辛くて、女性職員さんに優しく話かけられた瞬間に涙が出ました。
    もう、市役所の方で確定していたのか、毎月給料から天引きしてもらうことになりました。電話の際に自分から言った事を今更ながら後悔していますが。払い忘れもなくなるので、安心かと。ただ、金額が金額なので、しばらく今の仕事は続ける他ないですけどね…
    職場も経営の方が雲行きが怪しくて、コロナとは関係なく、経営者がだらしないので仕事もどうなるか…という不安でいっぱいです。
    その時はその時で考えるしかないですけど。

    今回は大福さんのブログ読ませていただいて、大福さんも不安の中、債権者集会に行かれた事に私も勇気付けられました。不安なのは私だけではないと、おかげさまできちんと役所に行けました。ありがとうございます。感謝しています。

    • 大福 天喜 より:

      まろんさんもおつかれ様でした。

      無事に市役所に行かれてよかったですね。

      市役所の窓口の方の人間性で随分と対応が違うのですね・・・。
      男性の方は淡々とした感じ・・・。なんだか心が締め付けられそうですね・・・。

      女性の方がお優しい方でよかったですね。
      優しい言葉をかけられたら、安心できますよね。

      僕の方も無事に地方裁判所に行くことができました。
      たしかに、持ち家だけって感じでしたね・・・。もう、弁護士さん、破産管財人さん、裁判官さんたち、自己破産に関わっていただいている方々を信用して進んでいくしかないと感じました。

      お互いに、難局がある中、無事に行くべき所に行くことができたことがよかったと思います。まろんさん、いつも励みになるメッセージありがとうございます^^

  2. もひゅ より:

    大福さん、こんにちは、もひゅです。
    お久し振りでご無沙汰していました。
    まずは最近身体のお調子が不安定な中債権者集会お疲れさまでした。
    集会自体は10分位で無事に終わって良かったですね。
    どちらかというと集会よりも事前の準備や心の気持ちなどで心労だたのかなと思いました。
    あとは持ち家が売れて無事自己破産が完了すれば万々歳なのですが。
    けれどとにかく無事に債権者集会が終わって良かったです、一歩前進ですね。

    お身体のお調子は如何でしょうか?
    背中が辛くてなかなか思うようにならないみたいですが…。
    私事ですが自分も最近病院に行ったら目の前が暗くなるような病名診断をされてしまいかなり精神的に参っているところです。
    ようやく最近になって「なるようにしかならないしなるようはにはなる」と踏ん切りをつけて生きていこうとしています。
    大福さんのブログを読んで元気を分けてもらい前進していきたいです。
    大福もお身体ご自愛して無理なさらずに、ありがとうございます。

    • 大福 天喜 より:

      もひゅさん、こんばんは。
      お久しぶりです^^

      債権者集会、何とか無事に終えました。また、2回目、数か月後にあるとのことですが・・・^^;

      たしかに、事前の心の準備がかなり神経質になっていました。地方裁判所に30分前から待機して、とにかく場に慣れようと思って、ずっと待っていました。

      身体は、背中が痛くて、最近は、胸も痛くなってきたので、先生に相談したら薬、変わりました。まだ、飲み始めなので、これからって感じです。

      もひゅさん、、、辛い、、、診断だったのですね・・・。病名が参ってしまうってことは、辛いですよね・・・。

      たしかに、考えてばかりいても、結局は、なるようにしかならないですね。前向きに考えられて素晴らしいと感じました。

      辛い病名の中にあって、励みのメッセージいただき、ありがとうございます。

コメントを書く

お名前(ニックネーム可です) 

コメントを入力してください。

アクセスランキング(過去7日間)
プロフィール

大福天喜

慢性的な借金体質です。1000万円以上の借金を背負い続けて、うつ病と診断されてしまいました。40代で自己破産してしまった体験談ブログを書いています。

最近の記事
人気記事
カテゴリー