アパート問題

隣のアパート住人の複雑な住まい事情からいろいろ推測してみた


Pocket

隣のアパート住人は春夏秋冬、ずっとマスクをしている成人過ぎの男性、成人過ぎの女性、子供が数人います。成人過ぎの男性は、ずっと仕事をせずにしてます。


スポンサーリンク

成人過ぎの女性は週末になると、子供用の布団を抱えて、子供を連れて泊まり込みにきます。

子供たちに異常に厳しい成人過ぎの女性・・・

 

成人過ぎの女性は子供に対して、

 

「私をイライラさせるな!」

「早く入れ!」

「いつまで、寝ているんや!早く起きろや!」

 

と言うような罵声が壁を通り越して聞こえてくるのです。なんと素行のよろしくない女性なのだろう・・・。と感じてしまいます。虐待していないだろうな・・・。って、心配になってしまうほど、言葉遣いが荒々しいです。

 

それを聞くたびに僕までストレスを感じてしまいます。おまけに偶然、外を見ていると、成人過ぎの男性と女性は子供がいるのに、手をつなぎながら、イチャイチャしながら、外を歩いています。

 

子供の手をつながずに、自分たちだけ、楽しんでいるというか・・・。そんな姿でアパートに戻ってくるのを何度か見たことがありました。成人過ぎの女性は子供に罵声を浴びせ続けて、子供は将来グレてしまわないか心配・・・。

成人過ぎの男性と成人過ぎの女性は結婚指定なのではないか・・・

 

なぜ、成人過ぎの女性は子供たちと週末しか泊まりに来ないのか・・・。いろいろ考えていましたけど、自分なりの答えとしては、愛人ではないだろうかと感じました。

 

成人過ぎ男性の実の子どもたちではない可能性を感じました。成人過ぎの女性は子供たちと実家で暮らしているのではないかと感じました。っと、言うことは、成人過ぎの女性は離婚してシングルマザーで、週末になると子供と共に愛人に会いに行くということをしているのではないかと推測しました。

 

子供たちには、罵声を浴びせて、時々、子供を置いてきて、男女の営みに精を出す声が隣の住人側の壁から漏れ聞こえてきます。小さな子供たちなのに、成人過ぎの女性は再婚する気があるのでしょうか・・・。成人過ぎの女性は、成人過ぎの男には、とっても甘く、甘々ベタベタなのですが、子供たちにはヒステリックか・・・と言うほど、罵声を浴びせまくってとっても厳しい・・・。


スポンサーリンク

 

なんだか、隣のアパートの住人は複雑な事情を抱えているなぁ・・・。と、うつ病、自己破産中の僕にとっては、ストレスの原因の一つとして、隣の面倒な事情を推測してしまうのでした・・・。成人過ぎの男性、成人過ぎの女性共に、年中マスクをしていて、何度かアパート内ですれ違ったことはありますが、完全ガン無視です。

 

こちらから声をかけても、完全無視を決め込まれます。礼儀がまったくない人たち・・・。もう、関わらない方がいいだろう・・・。関わってほしくないから、年中マスクをして顔を隠しているのだろう・・・。と感じました。

週末になったら、ドンドンドンと騒音が漏れ聞こえてくる

 

週末になると、成人過ぎの女性が子どもたちを連れてきます。子どもたちは、はしゃぐので、隣の隣の住人から

 

「いいかげんにしろーーーーーーーーーー!!!!!!うるさいわーーーーーーーー!!!!!!!」

 

ドンドンドンドンって漏れ聞こえてきました。その後、一時的に隣の住人は

 

シーーーーーーーーーーーン

 

となりました。

 

たしかに、誰てもキレてしまいたくなるような、子どもがはしゃぐのは、仕方ないですが、注意しない成人過ぎの女性、成人過ぎの男性の姿勢に、嫌気がさしたのか、隣の隣の住人がしびれを切らして、ブチギレたのでした・・・。

 

その数週間後、大家さんが、空き部屋に出入りしているところを目撃したので、その出来事を伝えました。大家さんは、ただ、黙って聴いていてだけでした。それからは、子どもたちがはしゃぐ声が聞こえてこなくなりました。隣の隣の住人のお灸が相当聞いたのか、子どもたちは、大人しくなりました。

 

しかし、成人を過ぎた女性の子どもたちへ伝える罵声は変わりませんが・・・。まるで、注意している母親を演じているかのように、わざとらしく、子どもたちに罵声を浴びせているのではないかと感じるくらいに白白言い感じです。アパート住人には挨拶せずガン無視、年中マスクを付けている成人過ぎ男性、成人過ぎ女性・・・。いったい何があったのでしょう・・・。

 

はたから見ていて、なんだか怪しい方々です・・・。前の旦那さんの子どもよりも、愛人を優先しているかのような行動に感じます。前の旦那さんとの間の子どもを抱えて愛人を作っている。これもまた奇妙な人生と隣り合わせになっているので、何か自分に関係しているのかも知れないと、他人事だけど、他人事ではない人生に触れているような気がします。


スポンサーリンク
Pocket




コメントを書く

お名前(ニックネーム可です) 

コメントを入力してください。

人気記事
プロフィール

大福天喜

慢性的な借金体質です。1000万円以上の借金を背負い続けて、うつ病と診断されてしまいました。40代で自己破産してしまった体験談ブログを書いています。

カテゴリー