運営者情報

自己破産した40代の独身男の借金体験400記事を書いてきた反省と感想


Pocket

この記事が400記事目の投稿になります。前回も300記事目の投稿、前々回も200記事目、100記事の投稿してきました。100記事目を節目として、このような記事を書いています。


スポンサーリンク

とくに100記事を節目としているからと特別なことを書いているわけではありません。今まで、100記事、200記事、300記事と続いてきたので、その節目に書いているだけです。

 

 

 

400記事に到達してからの感想と反省点

それにしても正直、自分でも400記事まで続くとは予想外でした。なぜ、こんなにも記事を書くことが続いているのか、自分でも不思議で仕方ありません。100記事、200記事、300記事、400記事に至るまで、何度も、書くのを止めよう、もう止めようと自分に言い聞かせてきました。

 

毎日、記事を投稿する時もあれば、週1だけ投稿するペースに落としたり、いろいろしてきました。うつ病になって、傷病手当金をいただいて、会社を辞めて、無職になって、自己破産して、持ち家が競売になって・・・。持ち家から出ていき、人生初の一人暮らしをして・・・。

 

初めての一人暮らしで食事、洗濯、掃除と、抱えながら、うつ病を抱えながら、自己破産を抱えながら・・・。何もやる気のない毎日を過ごしている中で、唯一していることと言えば、記事を書くこと・・・。それだけです。記事を書くこと以外、自分には何も残っていない・・・。

 

だから、無意識に続いているのかもしれません。特に続けようと思っているわけでもなく、これからも続けたいと思っているわけでもなく、なんとなく続けているだけです。誰かの役に立つような客観的な記事を投稿しているわけでもなく・・・。それでも、僕みたいな人間を心配してコメントをくれたり、ツイッターからエールを送ってくれたり・・・。

 

自分の体験談を記事やツイッターで発信しているからこそ、誰かが読んでくれて感じたことを返してくれています。これって、インターネットでしかできないことですね。今や記事を書く以外にYouTubeでチャンネルを持つとか、インスタグラムとか様々な方法がありますが、


スポンサーリンク

 

僕は、YouTubeチャンネルはありませんし、インスタグラムも開設していません。借金、ネガティブなことを発信し続けているのに、YouTubeチャンネルやインスタグラムは必要ないと感じるからです。また、いろんな媒体を持つ気力がありません。正直、記事を書いているだけで精一杯って感じです。記事を書く以外のことをしたいとはあまり思っていません。

400記事を超えてからの目標は?

特にありません。さすがに、500記事まで書くイメージはありませんので、500記事未満で終了してしまうかもしれません。もしくは、借金以外の記事作成に変えてしまうかもしれません。もしくは、インターネットで何かをするということを完全にやめてしまうかもしれません。

 

正直、あまり、インターネットを使って何かを発信したいという欲求が薄いので、何となくのことしか書けませんし、書いていないです。ただ、自分の中で、記事を書き続けるのが宿命、使命であると、必要性を感じたら、500記事、600記事と続けていくかもしれません。こればかりは、未来のことはわかりません。

 

今はローペースで書いていますが、ある日突然、毎日投稿したくなるかも知れませんし・・・。本当にどうなるかわかりません。

自己破産はいつ終わる・・・?

持ち家が任意売却か競売で、とにかく売れないことには自己破産は終了できないそうです。それまで、とにかく気持ちがツラい・・・。なんだか生きている心地がしない・・・。何をしたいのかわからない・・・。生きている意味があるのかわからない・・・。何のために人間になっているのかわからない・・・。みたいなわけのわからないことばかり、浮かんできてしまっています。

 

これが、うつ病、発達障害の特性なのか、わかりませんが、今はうつ病の薬を飲み続けて、少しでも回復できるように、睡眠時間8時間以上は寝るようにしています。働いている時は、1日に3時間、4時間しか寝れていなかったので、睡眠の借金も返済しているような状況です。

 

とにかく自己破産を終えて社会に復帰して借金は作らずに、普通の生活に戻りたい・・・。今はそのようにねがっています。


スポンサーリンク
Pocket




コメントを書く

お名前(ニックネーム可です) 

コメントを入力してください。

人気記事
プロフィール

大福天喜

慢性的な借金体質です。1000万円以上の借金を背負い続けて、うつ病と診断されてしまいました。40代で自己破産してしまった体験談ブログを書いています。

カテゴリー