自己破産

自己破産して半年が経過した現状


Pocket

自己破産を弁護士に申請してから半年が経過しました。破産管財人との面談前には、何度も弁護士事務所に通いながら、家計収支表を作るべくレシートをかき集めて・・・。


スポンサーリンク

記録を取って、借金した理由をヒアリングされて、陳述書を書いてくれて・・・。

持ち家が売れるまで自己破産は永遠に続く・・・。そうです。

 

自己破産は早くて半年、1年くらいで終わると聞いています。ただ、持ち家がある場合は、持ち家が売れるまで自己破産は2年、3年と永遠に続くそうです。早く売れてほしい・・・。早く自己破産終わってほしい・・・。

 

今は毎日、そのことだけを願いながら生きています。自己破産と言う言葉が僕の人生に大きくのしかかっていて・・・。母親は僕の自己破産には一切の関与をしないと言うかできないので、見てみる振り・・・。知って知らぬふり・・・。みたいな感じです。

 

誰のおかげで自己破産することになった!!!!って言いたい気持ちもあり・・・。言ったところで、喧嘩になってしまって、何も生み出せない・・・。むしろ、憎悪・・・、恨まれる・・・、憎まれる・・・、母親と戦争したところで、ろくなことは起きない・・・。幸せから、ますます遠ざかってしまう・・・。そう考えると、ただただ、我慢するしか道はない・・・。そのような感じです。

 

自己破産終わった後、自分はどうなるか、わかりません。ただ、就職活動するにしても、うつ病だと就職活動が難しいと聞いたことがあります。身体障害者より精神障害者の方が就職は不利だと聞いたことがあります。

 

それを教えてくれたのは、統合失調症である従兄弟からです。従兄弟も統合失調症、うつ病と精神障害を抱えている兄弟がいます。僕の曽祖父もなんらかの精神病だったそうです。僕の家系は精神病になりやすい家系なのかもしれません・・・。わからないですけど・・・。


スポンサーリンク

インターネットショッピングで郵便物だと破産管財人に転送されてしまう

 

自己破産して半年、ではなく、具体的には半年はとっくに過ぎていて、ただ一年未満・・・。経過している状況で書いています。弁護士、破産管財人とのやり取りはEメール、電話です。今は破産管財人に郵便物が転送されるので、重要そうな郵便物が届くと破産管財人から電話がかかってきて、郵便物の中身の詳細を教えてくれます。

 

そのたびに、破産管財人の法律事務所に郵便物を取りに行っています。正直、面倒です・・・。けど、決まり事なので仕方ありません。アパートには郵便物は一切届かないです。amazonや楽天で中古の書籍などを注文しても、ゆうメールだと破産管財人に転送されてしまって、中古の本を注文することすら容易ではない状況になっています。

 

中古本をインターネットショッピングで注文した時、一週間以上経過しても届かないことがありmさいた。後日、破産管財人から電話があって、本がこちらに届いていますよー!と電話がかかってきて、なるほど・・・。と思いました。中古の本を買う時は、中古本を取り扱っている本屋さんに行ったり、普通の本屋さんに行って立ち読みしています。あるいは図書館で読みたい本があれば借りたりしています。

 

正直、郵便物だけかと思ったら、ゆうメールも破産管財人に転送されてしまうので、インターネットでの買い物ができません。郵便物以外、宅急便だったらいいのですが、郵便局のサービスを使われると破産管財人に転送されてしまいます。インターネットでの買い物の時点で、どのような送付方法かわからないので、容易にインターネットショップを利用することができません。

 

自己破産することで不便なことが多い感じになっていて、精神的に不健康ですが、これも何かしらの宿命、運命だと受け入れて、自己破産が終わるまで生き続けるしかありません・・・。


スポンサーリンク
Pocket




コメントを書く

お名前(ニックネーム可です) 

コメントを入力してください。

人気記事
プロフィール

大福天喜

慢性的な借金体質です。1000万円以上の借金を背負い続けて、うつ病と診断されてしまいました。40代で自己破産してしまった体験談ブログを書いています。

カテゴリー