毒親

スピリチュアルカウンセラー江原啓之さんのあなたが危ない! 不幸から逃げろ!から毒親の乗り越え方を読んでみた


Pocket

スピリチュアルカウンセラー江原啓之さんの「あなたが危ない! 不幸から逃げろ!」から「毒親の乗り越え方」について書かれている見出しがあったので、感想を兼ねて書いてみることにしました。


スポンサーリンク

毒親テーマを書き続けているわけではありませんが、借金と密接な関係があるのではないかと感じて、毒親テーマを取り上げさせていただいています。

僕の給料が振込されるキャッシュカード、銀行通帳を母親に取り上げられました。

毒親の乗り越え方

 

毒親という言葉を使うと、どこかで「気の毒ね」と言ってもらえるような気がしている人は多いと思います。ストレスという言葉に、「それは大変ね」と言ってもらえるのと同じです。
親が亡くなったあとでも、「毒親だったし、私がこんな人生でもしょうがない」と言う人がいますが、厳しい言い方をすれば言葉に酔いしれているように聞こえます。
先に述べたように、あまりに幅広い意味で毒親という言葉が使われてきた結果、周囲が「それって本当に毒親?」と言いたくなるようなケースも増えているのではないでしょうか。些細なことも毒親のくくりに入れて、自分を擁護する免罪符にしている場合も少なからずあるのでは。
もちろん、本人がストレスを感じているには違いないでしょう。でも自分次第で、親元を離れるなど、突っぱねられることも覚えておきましょう。そのストレスをしっかり分析すれば、拒絶したり、遮断したりすることはできるのです。
毒親から離れたあとも、トラウマのように過去を抱えてしまう人は、こう考えてください。たとえ毒親だったとしても、「そういう親だった」「ひどい経験をした」という事実があるだけだと。
そして、そこから自分は何を得たのかと視点を変えましょう。私はよく、「転んでもただでは起き上がるな」と言っています。まんじゅうのひとつでもいいから見つけて立ち上がれと。どんなことにも、きっと自分自身の学びがあるはずです。それを見つけて、その先の人生に生かしてこそ、乗り越えたと言えるのです。
毒親という言葉を自分が使うとき、都合が悪いことを全部親のせいにしようとしていないかという視点を、持ってみましょう。言葉の使い方からも、ストレスは分析できます。

 

引用元:江原 啓之. あなたが危ない! 不幸から逃げろ! . ホーム社, 2019, 256P

 

幼少の頃に、両親は離婚しました。父親は浮気相手と再婚してしまいました。

 

僕は一人っ子なので、母親と二人暮らしをすることになりました。母親は契約社員かアルバイトで二人分の生計を立ててきました。

 

ところが、僕が社会人になってからは、すべての支払が僕がすることになってしまいました。僕の給料が振込されるキャッシュカード、銀行通帳を取り上げられました。

うつ病になってからは、会社を休職したのちに退職することになりました。

 

僕は、社会人になってからは一人暮らしがしたかったので、何度も母親に一人暮らししたいことを伝えてきましたが、あんたが一人暮らしできるわけがない!それに、あんたが一人暮らししたら、無駄が多くなる。それに私はどうして生活したらいいの!?と、理不尽な要求をつきつけられました。僕の給料なのに・・・。

 

僕の給料は母親が使うという事態になってしまいました。働いても働いても給料が振り込まれますが、毎月の給料日になったら、母親から5000円しか受け取ることができませんでした。賞与日は10000円しかもらうことができませんでした。仕事をがんばれば、がんばるほど、昇進、昇給していきましたが・・・。母親からもらうお金は変わりませんでした。

 

仕事をするやりがいがなくなっていきました。だんだん働く意欲がなくなってきました。だんだん生きる気力がなくなってきました。だんだん、死にたくなってきました。そして、うつ病になってしまいました。うつ病になってからは、会社を休職したのちに退職することになりました。


スポンサーリンク

首、肩、背中が痛くて、起きているのもツライですし、食事を摂りたい気分になれないですし、同じ下着を身に着けているので、洗濯をしないですし、掃除はヘルパーさんが来る日だけ、掃除機をかける程度です。

 

退職して無職になってから、僕名義の住宅ローン、クレジットカード、カードローン、税金、管理費が滞納していきました。滞納してからは、矢のように銀行、カード会社からの催促の嵐が僕の携帯電話にかかるようになってきました。催促の手紙が届くようになりました。保証会社から一括請求されるようになりました。

 

そして、法テラスの弁護士に依頼して自己破産することになってしまいました。弁護士の提案で世帯分離して生活保護を受けて一人暮らしすることを検討するように言われました。

 

結果的に、世帯分離して生活保護を受けて、一人暮らしして、うつ病になりながらも、人生初の一人暮らしをすることになりました。働いている頃に一人暮らしをしたかったのに、うつ病で、自己破産してしまい、一人暮らしをすることになってしまって、食事、掃除、洗濯することだけで、とてつもなく苦痛です・・・。

 

首、肩、背中が痛くて、起きているのもツライですし、食事を摂りたい気分になれないですし、同じ下着を身に着けているので、洗濯をしないですし、掃除はヘルパーさんが来る日だけ、掃除機をかける程度です。

父親一人いないだけで、家庭がこれだけ暗く沈んでしまうのか・・・。毒親が生まれてしまうのか・・・。と思うと、なんだかやるせない気持ちになってしまいます。

 

ヘルパーさんに食事、掃除などを手伝ってもらいながら、なんとか生きている状況です。一人暮らしを始めたてのころは、張り切って、男飯を作ったりしていた時期も少しありましたが・・・。

 

今では男飯を作る意欲もなく・・・。ヘルパーさんにお願いして食事や掃除などを手伝ってもらう有様になってしまいました。母親のことを毒親呼ばわりしたくありませんが、両親の離婚がすべての根源ではないかと感じています。

 

父親はおそらく母親に我慢できずに浮気をしてしまって、浮気相手と結婚してしまったと思います。父親の気持ちはなんとなくわかりますが、子どもとしては、父親に残ってほしかった・・・。父親一人いないだけで、家庭がこれだけ暗く沈んでしまうのか・・・。毒親が生まれてしまうのか・・・。と思うと、なんだかやるせない気持ちになってしまいます。

孤独にエンディングを迎えることができれば、それは、それで、なんとなく寂しいですが、それも僕の宿命であり、運命なのかもしれません・・・。

 

自分の母親は毒親ではないと言いたいけれど・・・。親子共依存になりたくなかったけれど・・・。アダルトチルドレンになりたくなかったけれども・・・。うつ病になりたくなかった・・・。自己破産したくなかった・・・。普通に生活したかった・・・。

 

なんだか思い詰めれば、思い詰めるほど、苦しい、悲しい、虚しい、気持ちにさいなまれてしまいます。毒親が悪いわけではない・・・。全部、僕が悪いのだ・・・。親のせいばかりにしても、虚しい遠吠えにしか感じれないので、すべては自分の責任だと感じた方が、まだ気が楽です。だから、母親を毒親だと認識してしまっている自分が悪いのだと感じることにしました。

 

立ち直れるかわかりませんが・・・。ただ、両親が離婚してしまったので、自分は結婚しないで、このまま孤独に人生を終わらせた方がいいだろうと考えています。一生独身で、孤独にエンディングを迎えることしか今のところ考えていません。

 

今は、自己破産を終えて、うつ病を治して、また社会に出て社会貢献して、孤独にエンディングを迎えることができれば、それは、それで、なんとなく寂しいですが、それも僕の宿命であり、運命なのかもしれません・・・。


スポンサーリンク
Pocket




コメントを書く

お名前(ニックネーム可です) 

コメントを入力してください。

人気記事
プロフィール

大福天喜

慢性的な借金体質です。1000万円以上の借金を背負い続けて、うつ病と診断されてしまいました。40代で自己破産してしまった体験談ブログを書いています。

カテゴリー