うつ病

スピリチュアルカウンセラー江原啓之さんの幸せになる100か条から借金を返すと思って貯めるを読んでみた


Pocket

スピリチュアルカウンセラー江原啓之さん著者の「幸せになる100か条」の本を読んで、「借金を返すと思って貯める」について書かれています。


スポンサーリンク

借金して自己破産している最中なので、無視できない見出しだと感じて取り上げさせていただきました。借金を返すと思って貯めるとはどういうことなのか・・・。内容を読ませていただき感想を書いていこうと思います。

私はどうやって暮らしたらいいの!?

借金を返すと思って貯める

 

私たちはたましいの存在ですが、それは現世でのことを軽んじていいというわけではありません。自給自足でもできない限り、お金は必要です。
お金がなくても何とかなる、などと楽観視していられる時代は終わりました。先行き不透明な今、自分のことは自分で面倒をみなければならないのです。
先立つものは貯蓄ですが、貯蓄ができないといった人の声をよく耳にします。そうした人は、使いたいだけ使って残ったら貯めようと考えているのではないでしょうか? 実は貯蓄をするためには自分を騙す必要があるのです。それは「このお金はなかったと思って貯める」というもの。
貯蓄のない人の多くは「生活するのに精一杯だ」と言いますが、本当にそうでしょうか? もしも借金取りに追われていたら? と想定すれば、服を買うのは我慢しよう、タクシーではなくバスで行こうと生活を切り詰めることができるのではありませんか?
いつ仕事ができなくなる日が来るともしれません。借金を返すつもりでお金を貯めましょう。
備えあれば憂いなし。蓄えをつくることが今の幸せと直結しているのです。

 

引用元:江原 啓之. 幸せになる100か条. 徳間書店, 2017, 213P

 

悲しいですが、40代で、借金は1000万円以上ありますが、貯金はありません。貯金ができません。借金を返すと思って貯めることが、僕にとっては至難の業です。なんせ、社会人になった途端に、母親から給料が振込される銀行口座の通帳とキャッシュカードを取り上げられました。

 

僕が働いたお金は、すべて住宅ローンや税金、食費、生活費に回されることになりました。貯金などしてくれていませんでした。

 

社会人になったら、母親と離れて一人暮らしをしたかったのですが、そもそも通帳とキャッシュカードを取られているので、一人暮らしすらできませんでした。何度も、お願いしましたが、私はどうやって暮らしたらいいの!?みたいな感じで理不尽なことを言われてしまいました。


スポンサーリンク

もう、何もかもやる気がなくなってしまいました。

そもそも、親が子どものお金で生活をするってどういうこと・・・?って感じでした。親は子どもの見本になるべき存在ではないの・・・?って思いましたが、親にお金をとられてしまって、社会人生活がまともにできませんでした。

 

昼食は母親の手作り弁当を持たされて、職場の人たちからはマザコン扱いされていました。そのような砂をかむような思いをしながら、必死になって働き続けました。働き続けて、会社からの評価は上がって昇進、昇給していきましたが、母親から毎月もらえるお金は5000円。賞与が出た時は10000円しかくれませんでした。

 

なんだか、とっても虚しい社会人生活を続けていました。虚しい社会人生活を続けていった延長線上で、うつ病になってしまいました。働く意欲をなくしてしまい、生きる意欲を失ってしまい、死にたい気持ちが強くなってきてしまいました。もう、何もかもやる気がなくなってしまいました。

40代で貯金なし、借金あり、苦しい、悲しい、虚しい、情けない生き方・・・。これも僕の宿命、運命でしょうか・・・。

うつ病になってから、会社を休職したのちに退職となってしまいました。退職して、無収入になってしまい、住宅ローン、クレジットカード、カードローンの残債が支払えなくなりました。税金も滞納してしまい、分譲マンションの管理費なども支払えなくなりました。

 

とうとう借金が滞納してしまいました。滞納してからは矢のような催促がたくさんくるようになりました。どうしようもなくなってしまい、法テラスの弁護士を紹介してもらい、世帯分離をして一人暮らしをすることになりました。

 

うつ病なのに、一人暮らしをしてしまうことになってしまいました。積極的に食事、洗濯、掃除をする気力がなく過ごしていました。精神内科医の担当医からはヘルパーを依頼するように言われて、今はヘルパーさんの力を借りながら生活をなんとか持ちこたえています。

 

そして、自己破産中です。そして、うつ病中です。40代で貯金なし、借金あり、苦しい、悲しい、虚しい、情けない生き方・・・。これも僕の宿命、運命でしょうか・・・。


スポンサーリンク
Pocket




コメントを書く

お名前(ニックネーム可です) 

コメントを入力してください。

人気記事
プロフィール

大福天喜

慢性的な借金体質です。1000万円以上の借金を背負い続けて、うつ病と診断されてしまいました。40代で自己破産してしまった体験談ブログを書いています。

カテゴリー