うつ病

うつ病で一人暮らしして1年経過するけど、自立できている実感がない


Pocket

一人暮らしして1年経過しました。一人暮らししたら自立できるものだと思い込んでいましたが・・・。自立できている実感はありません。なんか、いつも母親の影がアパートに住み着いているような感じです。


スポンサーリンク

どこか、寂しさだったり、虚しさだったり、苦しさ、悲しさなど、自己破産する前に住んでいた持ち家での出来事などのネガティブな感情が残っている感じなのです。

母親は僕の給料を生活費以外に何かに使い込んでいた

両親が離婚したのは僕が小学生低学年の時でした。父親は出ていき、その後、浮気相手と再婚しました。僕は一人っ子なので、母親との二人暮らしが非常に長いのです。

 

20代の社会人になってから何度も一人暮らし、もしくは、会社の寮に入ろうとしましたが、母親に猛反対されて自立への道を閉ざされ続けてきました。

 

母親からは、

 

あんたが出ていったら、どうやって私は生活したらいいの!?

 

みたいなことを言われました。

 

そもそも、子どもの収入をあてにして生きる親と言うのも、おかしな話だと感じますが、母親はお金を稼ぐことをせずに、僕の収入をあてにして生き続けてきました。

 

 

母親に給料が振込される銀行の通帳とキャッシュカードを取り上げられて、お金を管理されてきました。通帳とキャッシュカードを返してもらえた時には、残金はありませんでした。あれだけ給料も賞与も稼いできたのにないのは、おかしすぎる・・・。

 

母親は僕の給料を生活費以外に何かに使い込んでいたのです。問いただしても、忘れたとか、必要なことに使ったなど、言われて、はっきりしないことにお金を使われた感じです。

一人暮らしの苦しさ、過酷さを感じるようになってきた

正社員を失業して借金背負うようになって、うつ病になって、自己破産に追い詰められて・・・。その後、法テラスの弁護士から世帯分離して生活することを提案されて、うつ病、借金を背負った状態での一人暮らしが始まりました。

 

 

うつ病、借金を背負った状態でのネガティブな感じでの一人暮らしは過酷でした。食事、洗濯、掃除をする気力がないからです。

 

一人暮らしを始めた当初は、なんとなく思いつきで自炊をしていました。洗濯機も使ったことないながらも、見よう見まねで洗濯してみました。掃除は掃除機をかけるだけです。


スポンサーリンク

 

そんなことを1ヵ月、2ヵ月、3ヵ月と経過していくごとに、だんだん、億劫になってきてしまいました。そして、一人暮らしの苦しさ、過酷さを感じるようになってきてしまいました。

母親が一緒にいているような幻影と言うか幻覚を感じてしまう

精神内科の担当医に相談するとヘルパーを依頼するように言われました。そして、ヘルパーの手続きをしてから数ヵ月後にヘルパーさんが来るようになりました。ヘルパーさんが来るようになって、食事、掃除してくれるようになりました。

 

少しは生活への負担は減りましたが、それでもなんだか自分の力で生きているような実感を感じません。精神内科で処方される薬を飲み、ヘルパーさんに助けてもらい、食事、掃除、洗濯と気の重たくなるような作業に悩まされながら生き続けています。

 

 

自己破産は持ち家が売れなくて全然進みません。うつ病は、母親と住んでいたころからの延長線上で引きずっている感じです。起きても布団から出られずに、何時間もモゾモゾしてしまっています。

 

夜中に何度も目が覚めたり、母親が一緒にいているような幻影と言うか幻覚・・・。時折、母親の声が聞こえてくるような幻聴を感じてしまうことがよくあります。

なんだか永遠に自立できないような気がしてしまっている

なんだか、布団の隣で母親が一緒にいているような感覚なのです。ハッとして、目が覚めると当然、母親は別居しているので、そこにはいません。それなのに、いつまでも母親の影が自分の中で消えないまま、いつまでも心の自立ができないでいます。

 

これは親子共依存でしょうか・・・。
アダルトチルドレンでしょうか・・・。
機能不全家族でしょうか・・・。
僕はいつまでも父親の影を追ってしまっています。父親は生きているのか死んでいるのかわかりませんが、あのときの父親と一緒にいた楽しかった日々をいつまでも思い起こしてしまったり、両親が離婚したことを悔しく思ったり、会社で受けたパワハラを思い起こしてしまったり・・・。

 

 

何ともネガティブな思いにさいなまれたり、幻覚や幻聴が聞こえるようになってしまったりして、とても苦しい、悲しい、虚しい、一人暮らしを続けてしまっています。いつまでも自立できない・・・。

 

なんだか永遠に自立できないような気がしてしまっています。出口の見えない真っ暗なトンネルの中でさ迷っているような感じです。


スポンサーリンク
Pocket




コメントを書く

お名前(ニックネーム可です) 

コメントを入力してください。

人気記事
プロフィール

大福天喜

慢性的な借金体質です。1000万円以上の借金を背負い続けて、うつ病と診断されてしまいました。40代で自己破産してしまった体験談ブログを書いています。

カテゴリー