借金体質

新型コロナウイルスによる現金一律10万円の使い道を考えてみたが・・・


うつ病、発達障害、自己破産中で持ち家が売れない毎日を過ごしています。今まで借金を返済し続けてきましたが、今となっては生活費以外のお金が必要なくなってしまいました。

スポンサーリンク

新型コロナウイルスによる現金一律10万円のニュースを見て、もし、現金が手に入ったら何に使うだろうか・・・。考えてみました。

現金一律10万円は、僕にとって自由に使えるお金ではない

 

そもそも、自己破産しても、消えない借金があります。それは、税金を滞納しているからです。

 

滞納している結局、現金一律10万円は滞納している税金の返納に消えていくように感じました。しかも、滞納している税金は100万円以上なので、1/10に税金が減るだけみたいな感じになりそうです。

 

一括で現金10万円を税金返納に使った方がいいのか、もしもの時のために、生活必要品のために、とりあえず、保有しておく方がいいのか、いろいろ迷っています。

 

とりあえず、現金一律10万円が手に入ったら、弁護士さんに相談したほうがいいのか・・・。もし、弁護士さんに相談しても、おそらく、弁護士さんの回答も、僕と似たようなものだとは思いますが・・・。

 

もしくは、債権者さんに現金一律10万円は回収されちゃうのでしょうか・・・。

スポンサーリンク

 

いずれにしても、現金一律10万円は、僕にとって自由に使えるお金ではないことは間違いなさそうです。現金をいただけるのは、ありがたいです。ですが、税金を返納していない借金・・・。返納にあてるのが、妥当になりそうな予感です。

今の自分に有効活用できる自信もない

 

このような事情がありますので、自由に何か欲しい物があるとか、食べたいものがあるとか、何もありません。どっちにしても、毎日、うつ病で、引きこもってしまっていますので、現金一律10万円が僕にとって有効活用できるものではないような気がしています。

 

借金を背負い、働き続け、うつ病になってしまい、失業してしまい、自己破産してしまい、持ち家を強制的に売りに出さないといけない状況になり・・・。働いている状況だと現金一律10万円が非常にありがたいと感じると思いますが、今の状況でいただいても、ただ、保有しているだけになりそうです。

 

もう、僕にとって現金ってなんなんだろう・・・。みたいな感じになってしまっています。

 

貧乏、貯金なし、借金あり、税金滞納・・・。新型コロナウイルスによる現金一律10万円の給付・・・。ありがたい話ですが、今の自分に有効活用できる自信も何もありません。

スポンサーリンク



コメントを書く

お名前(ニックネーム可です) 

コメントを入力してください。

アクセスランキング(過去7日間)
プロフィール

大福天喜

慢性的な借金体質です。1000万円以上の借金を背負い続けて、うつ病と診断されてしまいました。40代で自己破産してしまった体験談ブログを書いています。

最近の記事
人気記事
カテゴリー