うつ病

うつ病で日中は寝てばかり


Pocket

朝起きて、朝ごはんを食べて、うつ病の薬を飲んで、昼ごはんを食べて、うつ病の薬を飲んで、寝たり起きたりを繰り返して、夕方になったら、お風呂に入って、夕ご飯を食べて、うつ病の薬を飲んで、寝る・・・。


スポンサーリンク

そんな毎日を繰り返しています。誰とも会わない。誰とも会話しない。孤立した毎日を送っています。

借金が溜まっていき、うつ病

 

働いていた頃は、母親と住んでいました。

 

働いていた頃は、毎日、職場の人と会話していました。

 

お客さんと会話していました。そ

 

んな毎日を繰り返して給料日になったら、借金を返済していくことを繰り返していました。

 

しかし、借金は溜まる一方でした。

 

仕事のやりがいはありましたが、だんだん病んできました。

人生初の一人暮らし

 

産業医との面談で精神内科を受診するように言われました。

 

精神内科を受診すると、うつ病でした。そして会社を休職したのちに退職となりました。


スポンサーリンク

 

まさか、精神病になるとは思ってもみませんでした。

 

だんだん借金が滞納するようになってしまい、法テラスの弁護士を通じて自己破産することになりました。

 

持ち家から出て行くことになり、母親とは別居することになりました。

 

そして、人生初の一人暮らしとなりました。

毎日、虚しいだけ

 

何もする気力がない中での一人暮らしが始まりました。最初の頃は見様見真似で自炊していました。

 

しかし、誰とも会わない、誰とも会話しない日々が続くと生きる気力がなくなっていき、ほとんど自炊しなくなりました。

 

ファーストフード、ジャンクフード店の食事に頼るようになりました。

 

コンビニ、スーパーマーケットの弁当や惣菜に頼るようになりました。

 

孤独な毎日で自己破産がいつ終わるかわからないで、孤独な毎日を過ごしています。

 

そういうわけもあってか日中は寝てばかりになってしまっています。

 

なんだか、生きていることが楽しくない・・・。

 

虚しいだけになりました。


スポンサーリンク
Pocket




コメントを書く

お名前(ニックネーム可です) 

コメントを入力してください。

人気記事
プロフィール

大福天喜

慢性的な借金体質です。1000万円以上の借金を背負い続けて、うつ病と診断されてしまいました。40代で自己破産してしまった体験談ブログを書いています。

カテゴリー