体の悩み

夜中に目が覚めて片腕が動かないことが多い・・・


Pocket

夜中に目が覚めるのは毎日です。夜中の23時、1時、3時、4時・・・と、約2時間ごとに目が覚めます。たまに、夜中に目が覚めると片腕が動かないことがあります。まるで、石になっているような感じです。


スポンサーリンク

完全な血流不良です。別に何かにはさまれたわけでもありません。普通に寝ているのに、片腕が動かないことが多いのです。

医薬品を飲んでも湿布を貼っても首、肩、背中の痛みが解消されない・・・

 

夜中に目が覚めた時も、なんとなく、喉が渇いているような感覚になります。よくよく感じてみると、身体全体的に血流不良になっている感じなのです。

 

最初は、朝、昼、夜と薬の飲みすぎによるものかな・・・と思っていましたが、おそらく考えられる原因は首、肩、背中の痛みだったり、コリ固まってしまっていることで、夜になると血流不良になって何度も目が覚めてしまうのではないかと感じました。

 

リウマチ科で痛み止めの薬を飲んでいますが、どうも、効いていないようです。湿布を首、肩、背中、胸などに貼っていますが、ほとんど効いていない感じです。腕にも湿布を貼る必要もあるのかな・・・と思ったりしています。

 

でも、湿布を貼る個所を増やしてしまうと、湿布不足になってしまう可能性がありますので、極力、最低限の個所にはるようにしています。

マッサージ治療院だったり、鍼灸院、そういえば3ヵ月以上、通院していなかった・・・

 

夜中に目が覚めて、なんだか喉の渇きを感じたり、どうも、頭がボーっとしていて、やや貧血気味な感じなのです。夜中に目が覚めなかったときは、マッサージ治療院だったり、鍼灸院に通院していた時でした。


スポンサーリンク

 

治療院や鍼灸院に通院している時は、少なくとも血流不良は、抑えられていたのかも知れません。施術を受け終わった時は、いつも、首、肩、背中の痛みがひいて、結構スッキリします。

 

けど、1週間くらいで、再び、首、肩、背中の痛みが再発します。そのような繰り返しをずーっと行ってきました。なんとなく、マッサージ治療院だったり、鍼灸院に通院するのが億劫になってしまったこともあって、だんだん通院が遠のいていきました。

 

もうかれこれ、3ヵ月以上は通院していません。だから、リウマチ科の医療薬だけでは、慢性的な首、肩、背中の痛みには対応できないのかもしれません。

また眠れる夜を過ごせる日々を取り戻したい・・・

 

 

 

なんせ、心身が緊張してしまっている一番の原因は自己破産でしょうか・・・。二番目にうつ病・・・。三番目に一人暮らしが苦痛なことでしょうか・・・。

 

そういったどうしようもない悩みが続いてしまって、慢性的な首、肩、背中の痛み、コリが激しくなって、夜中の寝ている最中の血流不良を招いているように感じるのです。医師ではないので確実なことは言えませんが、自分の毎日を回想していると、そのように感じるのです。

 

血流不良を解消するべくマッサージ治療院や、鍼灸院の通院を再開してみようと思います。それで、また眠れる夜を過ごせる日々を取り戻せたら、夜中に目が覚めまくる悩みが解消してくれるのかなと感じたりします。


スポンサーリンク
Pocket




コメントを書く

お名前(ニックネーム可です) 

コメントを入力してください。

人気記事
プロフィール

大福天喜

慢性的な借金体質です。1000万円以上の借金を背負い続けて、うつ病と診断されてしまいました。40代で自己破産してしまった体験談ブログを書いています。

カテゴリー