自己破産

住宅ローンの会社が任意売却の金額に納得していない


Pocket

債権者集会で聞いた話ですが、持ち家が売れかけたそうです。ところが、借入先である銀行から任意売却の金額にNGを出して売れなかったそうです。


スポンサーリンク

任意売却より競売の方が安くなるはずなのに、なぜ任意売却に応じなかったのか・・・。それによって、持ち家の売却期間が長くなってしまった・・・。

いまだに持ち家が売れる気配がない

 

話を聞いてなんだか釈然としませんでした。競売より任意売却で売れた方がいいのではないのかと素人目に感じていますが、借入先の銀行は競売で売りたいのでしょうか。

 

それとも、もっと高い金額で任意売却で売れるとでも、思っているのでしょうか。僕としては、さっさと持ち家が売れてほしいです。

 

持ち家が売れないと自己破産が終わらないからです。自己破産が終わらないと苦しみの期間が延びるだけで、何のメリットもありません。

 

自己破産して、もうすぐ1年が経過しますが、いまだに持ち家が売れる気配がありません。早く売れてほしいですし、早くうつ病が治ってほしいですし、早く自由になりたいです。


スポンサーリンク

次の債権者集会までに、任意売却か競売かの決着がつく

 

ですが、借金を作ったのは僕なので、早く終わってほしいというのは、僕の考えであって、弁護士や破産管財人弁護士に身を委ねるしか方法はありません。

 

流れに流されて行き着く場所に行くしかないという感じです。借入先の銀行の選定ミスがこういった時に出てきてしまうとは思ってもみませんでした。まさか、任意売却に応じないというトラブルが発生するとは思ってもみなかったからです。

 

任意売却で売れると、一部は税金の返納にも使われるので、僕としては任意売却で売れてほしいです。競売で売れてしまうと、税金への返納もありませんので、僕としては全然違います。

 

次の債権者集会までに、任意売却か競売かの決着がつくそうなので、僕はただ、呆然とまつしかありません。任意売却になることを願いつつ待つしかありません。


スポンサーリンク
Pocket




コメントを書く

お名前(ニックネーム可です) 

コメントを入力してください。

人気記事
プロフィール

大福天喜

慢性的な借金体質です。1000万円以上の借金を背負い続けて、うつ病と診断されてしまいました。40代で自己破産してしまった体験談ブログを書いています。

カテゴリー