自己破産

競売物件である持ち家、10日経過しても閲覧希望すら来ない・・・


Pocket

とうとう持ち家、競売物件となりました。売却基準価額は、購入した時の半額くらいです。


スポンサーリンク

公示開始日が始まって10日以上経過していますが、閲覧希望は来ていません。

持ち家が売れないまま自己破産が終わってしまいそうな流れに

 

入札期間まで、1週間くらいに迫っていますが、いまだに問い合わせすらきていません。問い合わせ先は地方裁判所になっています。任意売却だけではなく競売でも売れないのか・・・。

 

なんだか絶望感しか感じません。

 

自己破産は債権者集会の時に破産管財人弁護士が

 

「免責しない理由はない」

 

と裁判官に言っていたので、免責にはなるとは思います。

 

ただ、免責になって自己破産が終わっても、持ち家が売れないまま自己破産が終わってしまいそうな流れになってしまっています。持ち家は分譲マンションです。

自己破産が終わっても税金の借金は消えず

 

自己破産、免責以降の分譲マンションの管理費、積立金など結局、積み重なっていきます。


スポンサーリンク

 

また固定資産税の支払いもあります。自己破産では税金は免責されないからです。

 

税金の滞納は約100万円あります。自己破産が終わっても結局、税金の滞納は残ります。

 

ですから、自己破産が終わっても税金の借金は消えず、まだまだ、課題がのしかかっているような状況です。

 

売却決定期日は閲覧開始日から約2ヵ月後になっています。

自己破産終わってほしい

 

売却決定期日が来た時に持ち家が売れていたらいいのですが、今のところ競売物件になっても、10日経過しても閲覧希望者すら現れていないので、単純に不安であります。

 

このまま、持ち家が売れず、競売物件を抱えたまま生きていくことになるのでしょうか・・・。

 

アパートに住んでいるのに、余計に競売物件の管理費や固定資産税を支払っていくという妙な生き方を想像してしまっています。

 

早く競売物件である持ち家、売れてほしいです。そして、自己破産終わってほしいです。


スポンサーリンク
Pocket




コメントを書く

お名前(ニックネーム可です) 

コメントを入力してください。

人気記事
プロフィール

大福天喜

慢性的な借金体質です。1000万円以上の借金を背負い続けて、うつ病と診断されてしまいました。40代で自己破産してしまった体験談ブログを書いています。

カテゴリー