習い事、資格取得、専門学校、スクール

3ヶ月で英語力を身につける、3ヶ月集中プログラム、産経オンライン英会話。運営会社の産経ヒューマンラーニング株式会社とは


Pocket

産経オンライン英会話は、どのようなスクールなのか産経ヒューマンラーニング株式会社とは?

運営会社の産経ヒューマンラーニング株式会社を中心に紹介して調査していきます。

産経オンライン英会話の運営会社、産経ヒューマンラーニング株式会社の概要

社名 産経ヒューマンラーニング株式会社
所在地 〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-5-25 西新宿プライムスクエア
代表者名 代表取締役 田中 雄介
設立 2012年(平成24年)7月24日
資本金 1億円
株主 トランスコスモス株式会社
ヒューマンホールディングス株式会社
株式会社産経デジタル
業務内容 ・オンライン外国語会話サービスの提供
・外国語スクール事業
・語学留学事業
など

 

引用元:Company - appArray Inc.
https://www.apparray.biz/company/

 

会社設立2012年なので約8年の経営実績があります。事業内容は「・オンライン外国語会話サービスの提供、・外国語スクール事業、・語学留学事業」とありますので、スクール事業に力を入れている会社と考えられます。

産経オンライン英会話に関する補足

日本人学習コンサルタントがあなただけの学習プランを作成します。

 

受講期間中は、アプリまたはメールにて回数無制限で質問ができます。3ヶ月でTOEIC190点相当アップの実績があります。(CASECにて判定)

 

◆応募対象者◆
オンライン英会話や英会話スクール、独学での学習に挫折した方
近いうちに海外出張、海外赴任、部署異動などで早急に英語力を向上させたい方
英語学習に興味はあるが、何から手を付ければいいかわからない方
よくあるコーチング型スクールに興味はあるが、月額十~数十万円もかけるのは嫌という方

独学の英語学習に行き詰っている方、どんな教材でどういう勉強をすればよいかわからないという方へ、英語圏への留学経験なしにTOEIC(R)スコア945点を取得し、英語学習に苦労した学習コンサルタントが二人三脚で学習をサポートします。まずはお気軽に無料相談をお申し込みください。

・英語力を高めることでキャリアアップや留学につなげたい20代後半から、30代の社会人
・すでに国際的な仕事をしているが、もう1段階英会話のレベルを上げたいと考えている中堅社会人
・海外転勤や国際部署への移動が決まったが、英語が苦手なビジネスマン

 

<サービス内容>
1.担当コーチによる日々の学習サポート
・日々の学習状況に関する報告や、学習の悩みについて担当コーチにチャットで相談できます。
・担当コーチによる英語学習のフォローメッセージやアドバイスが受けられます。

2.定期アセスメント
初回テストとして英語スピーキングのレベルチェックを行い、発音、流暢さ、語彙、文法、内容面を評価します。
中間と最終のタイミングで初回テストと同様、5つの項目で評価され、学習成果を可視化します。

Weekly Challenge

3.毎週末、ユーザーは音声吹き込み形式で、決められたテーマを英語で話します。
・発音や内容について、担当コーチからフィードバックします。
・目的に対して適切な学習方法を提案してくれること、
・適宜フィードバックしてくれるため、効率の良い学習を続けられること
・日々のコミュニケーションでモチベーションを維持してくれるペースメーカーの役割をしてくれること

まとめ

会社設立2012年なので約8年の経営実績があります。

 

事業内容は「・オンライン外国語会話サービスの提供、・外国語スクール事業、・語学留学事業」とありますので、スクール事業に力を入れている会社と考えられます。

 

◆応募対象者◆
・英語力を高めることでキャリアアップや留学につなげたい20代後半から、30代の社会人
・すでに国際的な仕事をしているが、もう1段階英会話のレベルを上げたいと考えている中堅社会人
・海外転勤や国際部署への移動が決まったが、英語が苦手なビジネスマン

 

日本人学習コンサルタントがあなただけの学習プランを作成します。受講期間中は、アプリまたはメールにて回数無制限で質問ができます。3ヶ月でTOEIC190点相当アップの実績があります。(CASECにて判定)

 

<サービス内容>
1.担当コーチによる日々の学習サポート
・日々の学習状況に関する報告や、学習の悩みについて担当コーチにチャットで相談できます。
・担当コーチによる英語学習のフォローメッセージやアドバイスが受けられます。

2.定期アセスメント
初回テストとして英語スピーキングのレベルチェックを行い、発音、流暢さ、語彙、文法、内容面を評価します。
中間と最終のタイミングで初回テストと同様、5つの項目で評価され、学習成果を可視化します。

Weekly Challenge

3.毎週末、ユーザーは音声吹き込み形式で、決められたテーマを英語で話します。
・発音や内容について、担当コーチからフィードバックします。
・目的に対して適切な学習方法を提案してくれること、
・適宜フィードバックしてくれるため、効率の良い学習を続けられること
・日々のコミュニケーションでモチベーションを維持してくれるペースメーカーの役割をしてくれること

 

体験無料!産経オンライン英会話

【産経オンライン英会話】3ヶ月間で習慣化。コンサルタントがあなたのための学習プログラムを作成。

Pocket




コメントを書く

お名前(ニックネーム可です) 

コメントを入力してください。

人気記事
プロフィール

大福天喜

慢性的な借金体質です。1000万円以上の借金を背負い続けて、うつ病と診断されてしまいました。40代で自己破産してしまった体験談ブログを書いています。

カテゴリー