リボ払い滞納

リボ払いを続けてしまい滞納して返済できなくなってしまった


振り返ると、手持ちのお金に、いつも困るようになってから、クレジットカードを多用するようになってしまいました。特に、毎月の請求金額を圧縮してくれるリボ払いが利用し始めた時期は魅力的に感じていました。

スポンサーリンク

まさか、クレジットカードのリボ払いを続けていくことで、結果的に返済できなくなって、請求を滞納させてしまう事態に陥るとは夢にも思っていませんでした。

クレジットカードのリボ払いを利用するまでの前触れ

住宅ローンで分譲マンションを購入した半年後に正社員を退職してしまってから、お金に困るようになりました。正社員を退職した翌日から無職でした。退職金と財形貯蓄は退職後に支給されました。しかし、わずか3ヶ月ほどで尽きてしまいました。

 

正社員を退職してからは、無職、派遣社員、アルバイトを繰り返していました。無職の期間は無収入だったり、失業手当が出たりと様々な期間がありました。派遣社員、アルバイトの収入を得て何とか生活を続けてきました。しかし、正社員時代の時のような、待遇のいい給与を得ることはできませんでした。

 

住宅ローンの審査は正社員の年収から計算されたものです。また、正社員の時は基本給以外に住宅手当が支給されていましたので、生活面では非常に楽でした。このような正社員の恩恵を受けていた状態から退職後、年収が一気に3分の1くらいになりました。住宅ローンの借り入れ返済が毎月、大きく負担になっていきました。

 

住宅ローンの借り入れ返済は、毎月の収入の半分くらいを占めていました。残りの半分のお金で生活をやりくりしないといけない事態になっていったのです。

クレジットカードのリボ払いに使っていたこと

住宅ローンの返済を差し引いて、残りのお金で生活のやりくりは、はっきり言ってできませんでした。住宅ローンの返済に加えて、分譲マンションだったので、管理費、修繕積立金、母親が所有している自動車の駐車場代、そして固定資産税の納付もありました。分譲マンションに掛かる費用は、正社員雇用以外になってしまうと、とてつもなく負担になってしまいました。

 

正社員を退職してから、収入が一気に不安定になってしまい、住む場所に大半のお金を取られてしまう状態になってから、クレジットカードを利用するようになりました。電気代、ガス代、通信費、税金の納付に加えて、食費、嗜好品の缶コーヒー、タバコ。また、借金を早く返す方法についての情報収集に副業の仕方などの書籍をよく買っていました。

 

お金に困っているので、職場で女性と仲良くなって、二人きりの仲になっていっても、喫茶店や軽食に行くくらいしか出来ませんでした。それ以上の関係に発展しようと、壁を越えようとする気持ちをお金に困っていることを理由に強制的に制御してきました。今まで職場で知り合ってきた人たちに、お金に困っている現状を話したことはありません。

 

お金に困っていることを話してしまうと、色々と自分が不利な状況になってしまうように感じてしまっていました。本当は、お金に困っていることを話して、状況を理解してもらいたい気持ちはありましたが、話すことができませんでした。このような経済的な悩みを抱えているのに、本音を打ち明けられない心の壁を、無意識に作っていくようになりました。お金に困るようになってから、職場の人々とは表面上の付き合いしかできない人間になっていきました。

 

男女問わず、人と親密になっていくと、仕事以外のお付き合いが増えてしまうと、お金の出費が増えてしまうと感じてしまっていたからです。人材は宝と言うことは、わかっていても、目の前のお金の出費が増えてしまうことが極度に恐れてしまうようになりました。そんな、もどかしいストレスから、性欲を満たすため動画作品などのライセンスを購入する機会が増えてしまったりしていました。

 

動画作品のライセンスにお金を使うくらいなら、親しくなってきた人間関係との交流にお金を使う方がいいのですが、お金に困っていると言う秘密事を抱えてしまうと、だんだんと心を閉ざしてしまいました。また、クレジットカードのリボ払いを利用すればするほど、借り入れ残高が増えれば増えるほど、ますます、人見知りが激しくなっていき、だんだんと心が引きこもっていきました。職場の人々との交流を意図的に避けるようになっていき、だんだんと声をかけられなくなってきました。

スポンサーリンク

クレジットカードのリボ払いによる予想外の利息

クレジットカードのリボ払いを続けていくと、毎月の請求金額がだんだんと増えていきました。最初は、50,000円のリボ払いを使っても、翌月以降の請求金額は6,000円程度でした。しかし、50000円のクレジットカードの新規借り入れをリボ払いで決済を続けてきたので、だんだんと、8,000円、10,000円、15,000円、20,000円、25,000円と請求金額がだんだんと増えていきました。

 

元金は毎月5000円の返済に設定しているのに、請求金額が増えていると言うことは、利息が大きく増えていると言うことでした。25,000円の請求金額の内訳は、利息が20,000円で元金が5,000円と言う、利息が元金の5倍になっていました。このような状態のクレジットカードを複数枚持っていましたので、毎月、利息の支払いの為だけに働いて生きているような状態が続きました。

 

このような不健康なクレジットカードの返済を続けていく中、正社員の雇用が決まりました。正社員になってからも、クレジットカードの新規借り入れが止まることはありませんでした。正社員になって、派遣社員やアルバイトより、待遇はよかったですが、住宅ローンを借り入れた時のような待遇ではありませんでした。派遣社員やアルバイトに、ちょっと毛が生えた程度の収入が増えてくらいでした。

 

正社員で働いて、わずか1年くらいで、精神的に病んでしまい、無気力、無関心状態になってしまい、精神内科でうつ病と診断されてしまい、会社からは休職するように命じられました。傷病手当金の支給を案内されて、何とか生活を続けていましたが、傷病手当金は正社員の給与の60~70%くらいなので、手取りがますます減ってしまいました。

 

うつ病は、治るどころか、だんだんとびどくなってきて、外出できなくなり、自殺願望が芽生えてしまい、死ぬことを意識させられる日々を送るようになってしまい、精神的に悪化していきました。休職して数ヶ月後に会社と電話で話し合いをして退職することになりました。その後も、傷病手当金は引き続き、支給されるものの、生きる道を見失い、家族以外の人と会話しない、関わらない日々が続きました。

クレジットカードのリボ払いを返済できなくなり滞納するようになるまでの流れ

クレジットカードのリボ払いを続けながら、毎月の請求金額は支払うものの、とても将来的に借り入れ残高を完済できる未来が見えませんでした。傷病手当金が終了してしまうと、完全に無収入になりました。カードローンの借り入れでクレジットカードの借り入れ残高の返済や住宅ローンの返済をするようになり、ますます借金が加速していきました。

 

数か月後には、カードローンの限度額が上限になり、借り入れることができなくなりました。そして、クレジットカードのリボ払いを続けていった結果、返済できなくなり、支払を滞納するようになりました。その後、クレジットカードのリボ払いをした会社、住宅ローンを借り入れた会社、カードローンを借り入れた会社から、毎日、催促の電話が鳴るようになり、催促の封書が届くようになりました。

 

うつ病になっている中で、催促の電話が毎日鳴るようになり、ポストを見れば、いつも借り入れした会社から催促の封書が入っていたりと、お金の返済を毎日、求められる日々を過ごすようになりました。クレジットカードのリボ払いは続けていくと、利息が大きくふくれ上がってしまいます。

 

返済できなくなり、滞納してしまうようになるとは、まったく予想していなかったです。クレジットカードのリボ払いを利用しているときは、そのうち何とかなると、自分に言い聞かせながら、使ってきました。そのような甘い考えを続けてリボ払いを利用し続けた結果、クレジットカードの返済が出来ずに滞納する毎日に苦しむ事態を引き起こすことになりました。毎日、頭痛、首、肩、背中、胸、手足の関節が痛む日々を送ることになりました。そして、何者からか逃げているような逃亡生活をしているような日々を送ることになりました。

スポンサーリンク

関連情報

コメントを書く

ニックネーム可です 

URL (空白可です)

コメントを入力してください。

運営者

僕は、借金の体験談を書いている、大福天喜と申します。

借金総額 約1,400万円

滞納内訳
住宅ローン借り入れ残高 約700万円
銀行カードローン借り入れ残高 約300万円
クレジットカード借り入れ残高 約300万円
管理費等滞納 約50万円
税金滞納額 約90万円(分納)

運営者情報の詳細

カテゴリー