自己破産

競売中に自己破産が終わった


Pocket

競売中に自己破産が終わってしまいました。自己破産で免責されたので、専属の弁護士はお役御免で解任になりました。


スポンサーリンク

僕は一人で競売の対応をしないといけなくなりました。競売の窓口は裁判所の執行係になっていましたので、電話しました。

分譲マンションの管理費も買取してくれる人が落札してくれるかどうか

 

すると、受付の方が出てきて、開札期日になったらインターネットで入札されていたかどうかを知ることができると教えられました。

 

競売物件である持ち家が売れたら、裁判所から郵送物が来るそうです。

 

誰々に売れました、いくらで、売れましたと言ったような回答書が届くことを教えられました。

 

今は競売の入札期日になっているので、その猶予が一週間くらいになっています、果たして、入札されているかどうか・・・。

 

持ち家の滞納している分譲マンションの管理費も買取してくれる人が落札してくれるかどうか・・・。

 

たまに、マンションの管理費はそっちで支払ってほしいと要求してくる落札者もいるらしいのですが、弁護士からは免責になった通知のコピーを渡して支払うことはできないと、きっぱりと伝えればいいと教えられました。


スポンサーリンク

今は無事に競売物件である持ち家が無事に落札されることを祈るのみ

 

専属の弁護士は競売中の対応はしてくれなくなりましたが、一応、競売の対応について教えられましたので、とにかく、対応するしかありません。

 

母親に助けを求めても絶対に来てくれないのはわかっているので、競売の対応について、どうこう助けを求めることはしません・・・、というかできません。

 

もし、無事に競売物件である持ち家が売れたら、裁判所が債権者に売れたお金を分配してくれるそうなので、僕の元には一円も手元にきません。

 

当たり前ですよね・・・。

 

借金して、競売で売れたお金が僕の元に流れてきたら、自己破産したもの勝ちみたいな感じになってしまいますし、僕自身も、万が一、そのようなお金が流れてきたら、申し訳ない気持ちしかわいてこないでしょうし、うつ病も、もっとひどくなってしまいそうな気がします。

 

今は無事に競売物件である持ち家が無事に落札されることを祈るのみとなっています。

 

そして、滞納しているマンション管理費を支払うように落札者に言われたら、断ることをきっちりとできるようにしたいと思います。


スポンサーリンク
Pocket




コメントを書く

お名前(ニックネーム可です) 

コメントを入力してください。

人気記事
プロフィール

大福天喜

慢性的な借金体質です。1000万円以上の借金を背負い続けて、うつ病と診断されてしまいました。40代で自己破産してしまった体験談ブログを書いています。

カテゴリー