弁護士と面談した話

いろんな弁護士に債務整理の相談をした時の体験を振り返ってみました


無職、うつ病になってしまい、無収入です。住宅ローン、クレジットカード、カードローン、税金が滞納しています。家族からは債務整理を反対され続けています。

スポンサーリンク

住宅ローンで購入した持ち家から出て行かないといけない現実をなかなか受け入れてくれないので、説得に時間がかかっています。

弁護士に相談して共通する見解と共通しない見解

法テラスの弁護士や、法テラス以外の弁護士に何度か債務整理の相談をしてきました。複数の弁護士に相談して共通しているのは、「早く債務整理した方がいいです。」との見解でした。債務整理の内容は、

 

弁護士A「自己破産をオススメします。」

弁護士B「個人再生でもいいでしょう。」

弁護士C「任意売却してから自己破産の方法もありますけど。」

 

と、様々だったりしました。

債務整理の内容は弁護士によって、異なる部分はありました。家族が反対していることを話すると、弁護士によっては、

 

弁護士D「家族を説得してからの方がいいですね。」

 

と、言われたり、

 

弁護士E「あなたの借金だから、あなたの判断でしてもいいのでは。」

 

と、家族の課題については、弁護士によって見解が違いました。

 

弁護士に、債務整理を依頼する弁護士によって、優劣が違ったり、結果が変わることがあるか聞いたことがありました。弁護士からは、債務整理は、弁護士であれば誰でもできるから、結果は変わらないと言われたことがあります。

スポンサーリンク

法テラスの弁護士に依頼した場合と法テラス以外の弁護士に依頼した場合

法テラスの弁護士に依頼すると、債務整理にかかる費用は分割対応ができるそうです。法テラスではない弁護士に依頼すると、「初期費用で20万円くらいが必要」と言われました。

 

債務整理の相談を法テラスではない弁護士にした時に、

 

弁護士F「あなたは法テラスに依頼しないと債務整理できないから、私の法律事務所に依頼しなくていいですよ。」

 

と言われました。

 

別の弁護士からは、

 

弁護士G「初期費用の20万円くらいのお金を貯めてから、債務整理の依頼をしてください。」

 

と言われたことがあります。

 

弁護士によっては、法テラスに依頼するように言われたり、お金を貯めてから、法テラスではなく、私に依頼してくださいと言われたり、弁護士によっては、こちらの立場を親身に考えてくれる弁護士もいれば、早く債務整理を急かすような感じの弁護士がいたり様々でした。

複数の弁護士に債務整理の相談をしてきて感じたこと

いろんな弁護士に債務整理について相談してきて感じたのは、どの弁護士もアドバイスしてくれている内容は、大きく変わらないと感じました。ただ、この弁護士に任せたいとか、この弁護士とは、合わなそうとか性格の好みは出てくる部分はありました。

 

同じ弁護士に債務整理を依頼するなら、借金の問題、悩み、苦しみを、こちらの状況に応じて臨機応変に動いてくれる弁護士がいいとは感じました。法テラスに債務整理を依頼すると、弁護士は選べないそうです。法テラスは、ちょっとしか利用したことがないのですが、弁護士相談で気に入った弁護士を見つけたら、チェックしておくことが大切だと感じます。

 

法テラスの弁護士に相談する時に、前回の続きの相談内容で、前回と同じ弁護士がいいと伝えたら、OKでしたので。どの弁護士がいいとか、よくないとかの優劣はないようですが、個人的には弁護士の人柄に自分と相性がいいか、よくないかは、債務整理を依頼する上では、意外と大切ではないかと感じました。

スポンサーリンク

関連情報

コメントを書く

ニックネーム可です 

URL (空白可です)

コメントを入力してください。

人気の投稿
カテゴリー
運営者

僕は、借金の体験談を書いている、大福天喜と申します。

借金総額 約1,400万円

滞納内訳
住宅ローン借り入れ残高 約700万円
銀行カードローン借り入れ残高 約300万円
クレジットカード借り入れ残高 約300万円
管理費等滞納 約50万円
税金滞納額 約90万円(分納)

運営者情報の詳細