資産運用

国内クラウドファンディングでも最高峰級。口座開設拡大施策、クラウドクレジット。運営会社のクラウドクレジット株式会社とは?


Pocket

クラウドクレジットは、どのような運営会社、クラウドクレジット株式会社なのか?

クラウドクレジットを中心に紹介して調査していきます。

クラウドクレジットの運営会社、クラウドクレジット株式会社の概要

社名
クラウドクレジット株式会社
事業内容
金融業(第二種金商品取引業者:関東財務局長(金商)第2809号)
設立
2013年1月
代表取締役
杉山 智行
取引銀行
三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
みずほ銀行
本社所在地
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町1-8-1 茅場町一丁目平和ビル802
メールアドレス
info@crowdcredit.jp
電話番号
03-6268-9210(代表)
顧問税理士事務所
太陽グラントソントン税理士法人
顧問弁護士事務所
TMI総合法律事務所
AZX総合法律事務所
出資企業
伊藤忠商事株式会社
フェムトグロースキャピタル有限責任事業組合
有限責任事業組合フェムト・スタートアップ
マネックスベンチャーズ株式会社
株式会社GCIキャピタル
第一生命保険株式会社
三菱UFJキャピタル株式会社
LINE Ventures株式会社
YJキャピタル株式会社
ソニーフィナンシャルベンチャーズ株式会社
グローバル・ブレイン株式会社
SBIインベストメント株式会社
株式会社丸井グループ

 

引用元:会社概要|クラウドクレジット
https://crowdcredit.jp/company/about/

 

会社設立2013年なので約7年の経営実績があります。事業内容は「金融業」とありますので、資産運用事業に力を入れている会社と考えられます。

クラウドクレジットに関する補足

・国内クラウドファンディングの中でも最高峰級の高い表面利回り(4.0~13.0% ※年率/税引前 ※2019年7月1
日~2019年12月31日の販売実績)
・海外に特化しており、ラテンアメリカ、欧州、アフリカなど様々な地域に投資可能
・1万円から投資可能
・登録者数4万人突破
※2019年10月29日現在

 

・昨今投資への関心が高まっていますが、一方で株、FXなど
ハイリスクハイリターンな投資へは踏み出しにくい方もいます。
そんな方へは、株式市場に影響されずにミドルリスクミドルリターンを狙える魅力的な投資方法もあります。
・ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)は銀行やノンバンクを通さずに
資金の貸し手と借り手を結びつけることにより投資家に高金利を提供します。
リスク商品ではありますが、比較的高い表面利回りが狙える投資方法です。
・欧米を中心に急激に拡大している市場であり、日本でも近年伸長しています。
・投資型クラウドファンディングは最近耳にすることの多いフィンテックの一つで
政府の成長戦略になり得る存在として注目を集めております。
・その中でも当社は海外のファンドに特化して資金の需給を繋ぎ新しい投資機会を創出しています。
これにより日本では実現できない高利回りや、
マイクロファイナンスによる環境改善等の社会貢献に通じる投資体験を提案します。
・新規登録無料、口座維持費無料

まとめ

会社設立2013年なので約7年の経営実績があります。

 

事業内容は「金融業」とありますので、資産運用事業に力を入れている会社と考えられます。

 

・国内クラウドファンディングの中でも最高峰級の高い表面利回り(4.0~13.0% ※年率/税引前 ※2019年7月1
日~2019年12月31日の販売実績)
・海外に特化しており、ラテンアメリカ、欧州、アフリカなど様々な地域に投資可能
・1万円から投資可能
・登録者数4万人突破
※2019年10月29日現在

 

ソーシャルレンディングならクラウドクレジット

Pocket




コメントを書く

お名前(ニックネーム可です) 

コメントを入力してください。

人気記事
プロフィール

大福天喜

慢性的な借金体質です。1000万円以上の借金を背負い続けて、うつ病と診断されてしまいました。40代で自己破産してしまった体験談ブログを書いています。

カテゴリー